スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せのポートレート

The Family Stone (2005) Directed by Thomas Bezucha
"Isn't there anybody that loves me?"


 
メレディス(サラ・ジェシカ・パーカー)はニューヨークのキャリアウーマン。クリスマス休暇に、
恋人のエヴェレット(ダーモット・マローニー)と一緒に、彼の実家に滞在することになった。
だが自由な精神を大事にするストーン家とは、神経質なメレディスはどうしてもうまくいかない。
困ったメレディスは妹のジュリー(クレア・デインズ)を応援に呼ぶことに…。

この前、久々にサラを観たので(恋するレシピ)、もうちょっと彼女が見たくなって、少し前の作品を
レンタルしたのですが…、何というか微妙な作品でした。想像とはありとあらゆる意味で違って。
日本ではサラの人気を当て込んでか、サラを主役扱いで売り込んでいますが、クレジットでは、
主役はクレアのよう。ただ物語の導入とかを見ていると、サラなんじゃという気もするんですが、
よくわからない。キャスティングは相当に豪華なのにも関わらず、なんかちぐはぐな印象の映画。
正直言って、ものすごくもったいないなぁといった感じがします。

何がつらいって、これだけ大人数が登場する作品なのにも関わらず、共感できる人物がいない。
だから「誰の目線で」(これが主役を計る物差しと思う)この映画を観ればいいのかがわからず、
結局「一体なんなわけ?!」って思いながら、話だけがどんどん進んでいってしまう感じでした。
ところどころ笑いも挟んであったり、タッチーな問題も含んでいて、その頑張りはわかるのだが、
主題と主人公(の目線)を絞れなかったのが、背骨のない中途半端な作品になっちゃった原因?
いや、すべてがダメだったという訳ではないんですが、物足りない思いをぬぐえなませんでした。

メレディスはキャリーを20倍くらい濃縮して神経質にした感じの女性で、悪意は感じないけれど、
一緒にいるとしんどいかなと感じるタイプ。恋人エヴェレットは最初から最後までダメなやつ。
妹は姉と正反対で、ストーン家に迎えられるのは、ストーン家のメレディスへの反発のせい?
母シビル(ダイアン・キートン)はある理由で、必要以上にきつくなってしまってる印象。
弟ベン(ルーク・ウィルソン)が一番普通の人。この人が一番やさしくて好感が持てました。
妹エイミー(レイチェル・マクアダムス)の問題はなんなんだろう? すごく意地悪なんですよね。
あとは人数は大勢いますが、その割に大きな役割は担っていないです。

話が進むにつれて、メレディスの神経質の理由が明かされ、和解に持っていくのかと思いきや、
突然ストーリーが道でもないところで折れ曲がって進んでいく印象で…。あまりに唐突すぎて、
「えっ?」と思っている間に、そのままずんずん進んでいってしまって、気づいたらエンディング。
好きな俳優さんも出てたし、演技も演出も悪くないんです。だけどイマイチ理解ができない。
こきおろしてるわけではないです。いいシーンもいっぱいあったし、ラストはある種感動的だった。
なのにこの消化の悪さはなんなの? つまらないわけじゃないんです。でもわからない。なぜ?
この映画、でも好きな人はすごく好きなタイプだろうと思います。とりあえずわたしのいうことは
信用せず、出てる役者さんが好きな人は借りてみるといいかと思います。感想を教えてほしい。

***印象的だった台詞***
"Yes, I'm being myself!"
(ちゃんと自分でいるわよ!)
緊張のあまり地を出せないメレディスに自然でいればと言ったベンへのメレディスの返事。
クリスチャンの人にとって、やはりクリスマスというのは大切な行事のひとつ。そのクリスマスに、
恋人として同行するというのは、大きな意思があるわけで、緊張してしまうのも無理のないこと。
肩の力を抜いたらと、偏見なしに声をかけてあげるベンのやさしさが印象的でした。
スポンサーサイト

恋するレシピ ~理想のオトコの作り方~

Failure to Launch (2006) Directed by Tom Dey
"First of all, there's this book, "To Kill A Mockingbird"."


 
30代になってもまだ両親の家で一緒に暮らしているトリップ(マシュー・マコノヒー)は、
特に焦るでもなく、のんびりシングルライフを満喫していた。付き合ってる女性に飽きたときは、
家に連れ帰って両親と同居しているところを見せれば、女性は簡単に彼の前を去っていく。
ところがある日、魅力的な女性、ポーラ(サラ・ジェシカ・パーカー)が現れ…。

先日イベントに参加させていただいたサラの新作を観ることができました。いわゆる典型的な
ロマコメですが、適度なユーモアを盛り込んだ脚本で、肩が凝らずに笑って楽しめる、
サラとマシューの間のケミストリーや、二人の魅力をたっぷり堪能できる小粒ないい作品でした。
この作品はウィル・スミス「最後の恋のはじめ方」にも少し似た作品だと思う。
日本では両親と同居も(住宅事情の違いで)珍しくはないですが、アメリカでは社会に出たら、
独立するのが普通なので、こういった作品ができたのでしょう。日本でも、両親と同居なのに、
家賃を入れてなかったり、逆にお小遣いをもらってるような人はちょっと考えたらって思うけど。

サラと言えば、やはり「SATC」を思い浮かべる人が多いだろう(わたしもそのうちのひとり)。
このポーラは、キャリーほど神経質ではなく、恋愛命ではない、地に足が着いている印象で、
キャリーよりも好感を持てる役柄だった。ファッションや小物がおしゃれなのはキャリーと一緒で、
それを見ているだけでも結構楽しめる。何であれサラの笑顔は相変わらずまっすぐでキュート。
このポーラという女性も、サラの魅力とうまく融合しており、とてもかわいらしい。

そしてマシュー。「SATC」で共演したときもダメ男だったが、意外と彼はダメ男が板についている。
物語がある程度進んだところで、彼の秘密が少しずつ見えてくるのだが、それを差し引いても、
女と別れるのに両親を使うって、やっぱりダメ男であることにはかわりなし。そして「エイリアス」の
ウィルことデモ(ブラッドリー・クーパー)が「自然に反している」という通り、
トリップはありとあらゆる生き物に嫌われている(リス、イルカ、トカゲにまで噛み付かれる始末)。
べたべたではあるが、ちょっとスラップスティックの入ったコミカルなシーンもおもしろく演じて、
ダメ男であるトリップを、それでもマシューは魅力的な男にしている。

トリップの両親、アルをテリー・ブラッドショー、スーをキャシー・ベイツが演じており、
なかなか豪華な組み合わせ。特にキャシーは好きな女優さんなのだが、愛情溢れる母親像を、
とてもリアルに演じていてキュート。そしてポーラのルームメイト、キット(ズーイ・デシャネル)が、
エキセントリックな魅力たっぷりに演じているのもポイント。サラのファンはきっと楽しめますよ。

***印象的だった台詞***
"Sometimes I eat on Saturday."
(たまには土曜日もご飯を食べるわ)
デートの誘いで、明日は土曜日だったと言ったトリップに返したポーラの一言。
この台詞なんて、まさにキャリーが言いそう。恋愛上手の女性は誘ってもらうのも上手と言うか。
最初のデートで土曜日(丸一日になってしまうから)という負担をうまくかわしてるなと思います。
結局初デートは月曜になりますが、この時点からふたりの間にケミストリーは生まれています。

DVD 「恋するレシピ」発売記念イベント



mixi企画のサラ・ジェシカ・パーカーの新作映画、「恋するレシピ 理想のオトコの作り方」
DVD発売記念のイベントにウェブログターミナルさん経由で参加させていただきました。
(映画を観た感想はこちら ⇒ 「恋するレシピ 理想のオトコの作り方」)
六本木のパラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン社で、サラが来日したときの話など、
映像やそのときのイベントに携わったスタッフの皆さんのお話を伺ったりすることができました。

実際に当時テレビで流されていた映像はごく一部で、空港に降り立ったときの様子や、
記者会見での質疑応答など、通常では見ることのできないサラの様子が見れてよかったです。
スタッフの皆さんのお話では、サラはとても感じがよく、機転の利く温かい女性で、
会って今までよりもずっとファンになったということでした。記者会見の様子など、
見ていると確かにとても丁寧で、縁の下の力持ちであるPRスタッフの皆さんにも、
心遣いを見せるやさしい方だったそうです。そんな話を聞いて、もっとサラのファンになりました。

この新作映画では「SATC」でも一度共演しているマシュー・マコノヒーとの再共演となり、
メイキング映像だけ見せてもらったのですが、おもしろそうなロマンティック・コメディです。
来週発売なので、また発売されたら映画を観てレビューをしたいと思います。
大好きなキャシー・ベイツも出ているようなので楽しみ♪
帰りには映画に出ていたクリスタル・ガイザーと、作品宣伝用のスタッフTシャツ、
キーホルダーをお土産にいただいて満足。こんな機会をいただき、本当にありがとうございます。

また、「SATC」のスペシャルプチボックスも同時発売されるそうです。
わたしはもう全部持ってるのでいらないけど、まだの人はこれを機会に購入するのもいいかも。



SEX and the City 第2話 モデルにハマる男たち

SEX and the City
第2話 モデルにハマる男たち Models and Mortals



ニューヨークにはモデルの美女がたくさんいる。そしてモデルとしか付き合わないという、
モデルオタクもいる。ミランダはモデルオタクの男に、我慢のならないことを言われ、落ち込む。
その話を聞いて、キャリーは「モデルにハマる男たち」をテーマにリサーチを進めることに。
一方モデルオタクとデートをしたサマンサは、相手にモデルと同等の扱いを求める…。

このドラマのメインキャラクター4人は、みんなそれぞれに美しいし、仕事でも成功しているが、
今回のテーマは女性の永遠のテーマではないだろうか。女はいつだって美しくなりたいし、
美しいと思ってもらいたいのだ。サマンサのように、
"I happen to love the way I look."(わたしは自分の見た目が気に入ってるの)
と心から言える女性は、なかなかいるものではない。そういえる人はとても幸せな人だ。

その理由はなぜかといえば、この言葉に集約されている気がする。
Being beautiful is such a power.(美しいというのは、それだけですごいパワーなの)
美人には美人の悩みはあるだろうけれど、誰もが「美人は得」だと思っているのには理由がある。
当たり前だけど、人生はフェアじゃないのだ。私自身も正直な話、すごく落ち込むようなことが
あったとき、もし鏡を見てそこに映っているのが中谷美紀やオードリー・ヘプバーンだったら、
それだけで慰められるんじゃないかなとよく思うもの。まあそれは、美しくないものの僻みだけど。

誰にでもコンプレックスはあって、あとはそんな中でどうやって人生と折り合いをつけていくかだ。
結局のところ、それが大切なのだろうと思う。私には○○がある。私は○○ができる、と。
それでも人は人である限り、人と自分を比べるのをやめることはできないし、
人が自分と人を比べるのを止めることもできない。でも、ときに自分には見えないものを、
思いがけず教えてくれるのも人で、それが心の支えになるときもある。
スキッパーがミランダの気持ちをほんの一言で、一瞬にしてぐっとひきつけたように。

そして、ミスター・ビッグの一言。
But the thing is this; after a while, you just wanna be with a woman
who makes you laugh.

いつでも、自分の言葉で話をできる人間でありたいなと思います。
それがその人だけの魅力となっていくはずだから。

***今回のキャリー***
"Suddenly, I felt like I was wearing patchouli in a room full of Chanel."
(突然、わたしはシャネルばかりの部屋で、ひとりパチュリーをつけている気持ちになった)
自分では結構うまくやれてると思ってても、突然人ごみで迷子になった子供のような
気持ちになるとき、誰でもありますよね。それは落ち込みの坂を全速で駆け下りていくとき。
でも立ち止まって深呼吸をしてみれば、ちょっと違うものが見えてくるかも。

SEX and the City 第1話 NYセックス事情

SEX and the City
第1話 NYセックス事情 Pilot



キャリー・ブラッドショー(サラ・ジェシカ・パーカー)はニューヨーク在住のコラムニスト。
新聞にSEXに関するコラムを書いている。その友人、弁護士のミランダ(シンシア・ニクソン)、
PR会社重役のサマンサ(キム・キャトラル)、アートギャラリーのディーラーのシャーロット
(クリスティン・デイビス)らを中心に問題を掘り下げていく。そして今回のテーマは
「女も男のように感情抜きでSEXができるか」。果たしてキャリーの見つけた答えは…。

キャンディス・ブシュネルの同名のコラムを基に作成されたドラマ。ドラマ版では本に登場する
キャリーを主役として据えている。かなり前の作品なので、久し振りに見返すととても懐かしい。
オススメされたドラマが今回事情で間に合わなかったので、こちらをちょっと穴埋めとします。

いつからか普通のドラマ形式に変わっていったのだが、そういえば初めのうちはこのドラマ、
こういう半ドキュメンタリーのような感じのつくりだった。ところどころモノローグとしてではなく、
キャリーがカメラに話しかけるような感じ。パイロットだしね。まだ模索してたということかな。
1話はメインとなる4人のお披露目のよう。キャリーたちだけではなく、メインとなる登場人物、
ミスター・ビッグ(クリス・ノース)やかわいいスタンフォード(ウィリー・ガーソン)、またそのほかにも
思い出したように出てくるスキッパーなんかも登場していた。

30代になると妥協できなくなる。
これは本当。ドラマの4人のように成功したキャリアを持つ女性は、けして多くはないと思うけど、
それでも新人の頃と違って、仕事もそこそこ責任を持たされるようになり、少しずつわかりだす。
ある程度の生活力もついてくると、別にこのままでも自分は大丈夫だなと思うようになるのだ。
仕事もあるし、友達もいるし、趣味もある。今でも結構楽しいし、特に不自由はないなって。

洋服一枚選ぶのでも、若いころは安くてかわいいものを探してたけど、今は少しくらい高くても、
長くつかえるきちんとしたいいものがほしくなる。とりあえずないよりは…という思考ではなく、
自分が納得したものじゃなければほしくなくなるのだ(みんながそうではないと思うけれど)。
もちろん人生いつでもやり直しはできるだろうけど、この年からやり直しを計算に入れたくない。
年をとるほど人間は贅沢になっていくのかも。でも「ある日目覚めたら、彼女は41歳だった」って、
1年が過ぎるのが最近とみに早く感じるので、この台詞は脅威だなぁ…。

そしてキャリーとミスター・ビッグの最後の会話も、なかなかに痛く刺さるものでした。
Mr. Big: You've never been in love.
Carrie: Have you ever been in love?

あなたの答えはどちらですか?

***今回のキャリーのコラム***
"It's like the riddle of the Sphinx... why are there so many great unmarried
women, and no great unmarried men?"

(スフィンクスの投げかける謎のよう。なぜ独身の素敵な女性はたくさんいるのに、
独身の素敵な男性はいないのか?)

独身男性が聞いたら怒るかもしれませんが、結構このように思ってる女性は多い気がします。
まあ男性も女性も、この点に関してだけは自分の立場からしかものを見ることができないので、
きっとお互いにそう思ってるのではないかなとは思いますが。しかしこのドラマの脚本家は、
こういうすっと頭に入ってきて、ぐっと興味をひきつける一文を書くのがうまいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。