スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミディアム4 第16話 夢に溺れて

Medium 4 #16 Drowned World



アリソンはチャールズ・ウィンターズ(ノア・ビーン)という弁護士に頼まれて、
彼の妻ケリー(ミレーユ・イノス)と会うことに。ケリーがノイローゼ気味で、
ひとりで夜いると、水の音や赤ちゃんの泣き声が聞こえると言うのだ。家を訪れ、
何も異変はないようだと二人にアリソンは告げるのだが、その夜、かなり昔のその家で、
赤ちゃんが殺されている夢を見る。一方ジョーは、メーガンとのビジネスを、
白紙に戻そうとするのだが…。

S4もついにフィナーレ。しかもいい終わり方でしたね。
クリフハンガーもなかったし。某局にとってはそれこそが一番のクリフハンガーとも言える、
次のシーズンの放映も約束してくれたし。心安らかに春を待ちましょう♪

ヴァン・ダイクとデヴァロスが仲良く話しているシーンを見て、
スキャンロンじゃないけど、一体どうしたのか、気持ち悪いと思っていたら…。
さすがに今回ばかりは、ヴァン・ダイクを気の毒に思いました。
ずっとずっといやな人って感じできてたからそう思っていたけれど、
そうだよね、別に彼も、すべてがいやでダメな人ってわけではないのだよね。

今までずっと意地悪もしてきたけれど、彼が自分の運命のときを知って、
アリソンのもとを訪ねてきたのは、なんとも切なく感動的でした。
遺される家族のことが心配なのは誰しも同じだし、そうなったときに、
敵方にはあったけれど、メッセージをたくせる人がいると言うのは大きいでしょうね。
これを機会に、もともとの友人だったデヴァロスとも友情を復活し、
いい形で別れることができそうで、なんだかほっとしました。

そしてメーガン。
登場したときから変な人と思っていたけれど、やっぱり狙いがあったのね。
ジョーが最終的に救われたのでよかったですけれど、それでもこんなにずるい、
メーガンはなんのペナルティもなしっていうのは、ちょっと納得いかないかも。
とはいえこの人も、ある意味危ない部分がありそうだし、これ以上深入りして、
もっとひどい目に遭う前に終わってよかったのかもしれない。

事件そのものは、なんだか病んでるなーって感じでした。
チャールズとそのお父さんがちょっと気の毒でしたね。自分を置いていった、
父親に対する復讐だったのでしょうか。もっと違う形で近づいていれば、
幸せなアプローチもあったかもしれないのに、結局みんなに傷を残した形に。
それでも無実の人が捕まらなくて、よかったなと思います。

アリエルはきっと、もっと大人っぽくきれいになってるだろうし、
マリーちゃんももう少し大きくなってるんだろうな。
でもきっと、来シーズンもブリジットはむちむちなんだろうなぁ。
ま、それが彼女のかわいいところですね!
スポンサーサイト

tag : ミディアム

ミディアム4 第15話 一心同体

Medium 4 #15 Being Joey Carmichael



アリソンは中学生くらいの少年(ビリー・アンガー)が上級生の男の子にからかわれて、
反撃するところを夢に見る。目が覚めたアリソンは、スキャンロンに頼まれ、
ドラッグディーラーが殺害された事件の捜査を手伝うことになる。アリソンは夢で、
ジョーイ・カーマイケル(ミゲル・フェレール)という男が犯人だとわかるのだが、
スキャンロンとジョーイを尋ねていくと、彼は昔撃たれた傷により障害を負っており、
犯人にはなりえないとわかるのだが…。

また双子ですか。
結構双子ネタ、多いよね。今回の事件は、殺されて幽霊となった兄のテディが、
弟のジョーイの身体に憑依すると言う、ある意味ミディアムっぽい事件だったが、
それだけに早い段階で、展開がわかってしまったのが残念であった。
そして、ちょっと納得のいかない部分もあったかな。こういう事件を裁くのは、
とても難しいですよね。テディの言っていたように、情状酌量もあるだろうし、
本当に昼寝をしている間に、釈放となるのだろうか。

あと個人的に心配と言うか、気になったのが、ジョーイの身体。
ジョーイの意識が眠っている間、テディが身体をのっとって動いているわけだが、
そうすると、実際にはジョーイの身体は休息していないわけで、
もっと消耗して、あっという間に倒れてしまうのではないかと心配になった。
そんな生活を何年もやってきて大丈夫なのだから、大丈夫なのかもしれないけど、
なんとなく気になったことでした。

さて。先週軽くクリフハンガーとなっていたジョーとメーガン。
やっぱり浮気にはなっていなかったようだが、デュボア家には結構な痛手。
最初に登場してきたときからなんだか変だったメーガン。やっぱりと言う感じだ。
今回はジョーが真面目だったためにそういう結果にはならなかったけれど、
据え膳とばかりに、受け入れてしまう男もいるだろうから、これまでにも何度か、
似たようなことを繰り返してきたのかなと思えるような雰囲気だった。
ファンドレイザーのキャヴァナー(ネッド・シュミッケ)との間にも何かありそうだし、
危ない人と係わり合いになってしまったのかなと言う感じ。
まだあと一回メーガンの登場があるようなので、これ以上ひどい目に遭わないといいのですが。

最近、全然デヴァロスをみかけないですよね。選挙に専念してるんでしょうか。
このままだと、スキャンロンに座を奪われてしまうぞ!
来週はシーズンフィナーレということで、最後くらいは登場してほしいけど、
どうなるのかな??

tag : ミディアム

ミディアム4 第14話 復讐のカーナビ

Medium 4 #14 Car Trouble



アリソンは自分の車で子供たちを学校に送り出そうとしたところ、エンジンをかけたら、
ガレージで車が爆発する夢を見る。爆発するのではと怖くなったアリソンは、
車のエンジンをかけられずにいるが、結局は故障だったと言うことがわかる。
だが、修理をすると新車を買えるくらいの金額がかかると知ったジョーは、
中古の新しい車をカーマー(ジョシュア・マリーナ)から格安で買ってしまう。
きれいな状態の車に大喜びのアリソンだったが、助手席で女性が射殺されたと気づき、
ジョーに怒りをぶつけるのだが…。

ミディアム」なのに、珍しくスティーヴン・キング風味?
ウィル(ザ・ホワイトハウス)ったら、CJたちにいじめられたことに切れて、
こんなところまできちゃったのでしょうか。でも最初にホワイトハウスに来たとき、
どんなにいじめられても我慢してたウィルなのに、こんなことしちゃダメでしょう!

それはさておき。
ウィルの奥さん、実際にしゃべっているところが最後のほうで映っていたが、
確かにあれを観ていると、なんだか感じの悪い人で、毎日あんなふうに、
文句ばかり言われ続けていたら、いやな気持ちになっても仕方ないかもしれません。
だからって殺していいってことではないですが、そんな気持ちになったと言うことだけは、
ちょっと納得がいきました。それでも殺されてもただではおきないウィル妻、
その怨念で車を動かし、夫を殺してしまうとは恐ろしい…。スキャンロンは疑ってたけど、
わたしもあれは車(妻の霊)の仕業だと思う。悪いことをしたとはいえ、ウィルが気の毒でした。

ちなみにあの男前のモデル(ジョン・フレミング)もなんだか同じく気の毒でした。
モデルなんてやってなければ、あの場に写真を飾られることもなく、
あらぬ殺人の疑いをかけられることもなかったでしょうに。もちろんちゃんと、
犯人はわかったし逮捕はされなかったんですが、それでも殺人容疑で面通しって、
モデル業に影響は出ないでしょうか。それとも逆に箔がついたりして?
とにかく無実の罪を背負うことはなく済んでよかったです。

ところで結局アリソンが夢で見た、車の爆発は放置でいいのでしょうか?
映像の中で爆発してたのって、古いほうのアリソンの車でしたよね。
ってことは、修理して戻ってきたら、爆発ってこともありうると思うのだが、
アリソン、修理してもらうことにしたからというジョーの台詞を聞いて、
大喜びしていたが、大丈夫なのだろうか? まあ大丈夫なのだろうけど、
ちょっとそこに甘さを感じてしまいました。

一方ジョー。
メーガンは出てきたときから明らかに怪しかったけれど、ついにジョーに接近?
ジョーが浮気をするというのは、なんだかイマイチ現実味がないのだが、
どうなることだろうか。それなのに、予告には全然ジョーのこと映ってないしー!
来週も気になります。

tag : ミディアム

ミディアム4 第13話 痛みの連鎖

Medium 4 #13 A Cure for What Ails You



アリソンは夢で、リンとスキャンロンがベッドで話し合っているところを見る。
留守電にはリンの友人からのメッセージが入っており、その肝心の女性が、
自宅で倒れているのを知ったアリソンは、急いでスキャンロンに電話をかける。
妻と口論していたと言う夫のラッセル(ウィリアム・ラグズデイル)に会っても、
すぐには何も感じなかったアリソンだが、夢には続きがあり…。

ばかげた夢って。アリソンの夢は不吉だったり、とんでもなかったりはするけど、
現実になるっていう部分で、「ばかげている」とは言いにくいよね。
しかしスキャンロン、わざわざ裸だから目を閉じるようにとか、
申告してくれなくてもいいんだけど…。アリソンは透視能力は持ってないから、
夢から覚めたら、裸は見えませんから! というより、夢で見てるかもしれないから、
いまさらいっても無駄ともいう。

痛み止めに毒薬が入っていたら?
これって怖いよねぇ。本当に身体の調子が悪くて、どこかが痛いときって、
もうそれだけでいっぱいいっぱいで、痛み止めを取らなくてはならないほど、
痛みがひどいときは、痛みを止めることだけしか考えられないし、
多少変なものがはいっていたところで、気づくはずもないような状態だ。
ましてそれが、近い人間から渡されたものなら、疑うはずもない。

匿名性の危険性。インターネットなんかではよく言われることだけれど、
現実に顔を合わせていても、匿名性は失われない。匿名性の持つ残酷さ。
はじめは誰かのジョークから始まったであろう話が、現実になってしまった。
「もし誰かの気が変わったらどうするんだ」と言っていたけれど、
お互いのことを知っていたならそうなっていたかもしれない。だが、
自分のことをだれも知らないと言う安心感と、お互いに同じことを望んでいるという、
ある種の連帯感というか、共犯者意識が事件を起こしてしまった。

最後に犯人の家を見張っているスキャンロンが映っていたけれど、
実際にはどこまで、警察は追いかけてくれるのだろうか?
真相がわかったのだから、ぜひ逮捕にこぎつけてほしいと思うが、
そこまでは追ってくれないからなぁ。

しかし、相変わらずブリジットはぐしゃぐしゃの髪の毛だ。
マリーちゃんのほうがさらさらヘアだった。おばあちゃんが帰ってしまってからは、
また髪の毛をとかしていないのだろうか…。アリエルも最近は、
ティーンエイジャーとして忙しくて、妹の面倒をあんまり、
見ていられないのかもしれないな。ましてブリジットとはそこそこ年も近いしね。
さて。マリーちゃんは乱視だったのか。めがねはまるで老眼鏡みたいだったけど、
それは気のせいと言うことにしておきましょう。

tag : ミディアム

ミディアム4 第12話 正義の裁き

Medium 4 #12 Partners in Crime



以前仕事を一緒にしたことのあるクーパー捜査官がフェニックスにまた訪れる。
今回は売春婦の連続惨殺事件の犯人を捕まえるためにやってきたのだった。
アリソンは夢の中で、ホテルの一室で銃を構えるクーパー捜査官を見る。
そのあと銃声がして、ドアの隙間から地が流れ出すのだった…。

S3-6「直感とひらめき」に引き続き、クーパー捜査官の再登場。
悪人を追う捜査官が、追っている犯人に手をかける。
それをわかっていて、どこまで協力できるか? 話を聞いていれば、
クーパー捜査官のやっていることに対する気持ちはわからなくもない。
司法には限界があるし。だけど、やっぱりそれって、渡ってはいけない橋だよね。
だからこそアリソンも、迷った上で、彼の言葉を信じて手を貸したわけだけど…。

まさかこんな結果が待っているなんて。
クーパー捜査官のしていたことは正義とはいえないけれど、それでも、
彼の意思は善だったし、こういう形で彼が命を失うと言うのは、
なんだかつらいものがあった。彼が犯人が違うと言い出したときに、
明らかに何かおかしいと思った。彼の求める正義を下すためだったんですね。
クーパーが見たという未来の映像。それが本当になるのか、もう知るすべはないけれど、
いまさら嘘をつく意味もないわけだし、きっと本当だったのだと思う。
…しかし、彼はこれからも出てくるの? 開き直った様子がちょっとおもしろかったです。
早く光の中にいったほうが、いいんじゃないでしょうか。

このジョーの投資の話は、なんか見るからに怪しいんですけど。
確かにメーガン(ケリー・プレストン)は美人だけどさー。
サインしちゃったとか言って、なんか色気に惑わされたんじゃないのか?
浮気とかはあんまりジョーに限っては心配してないけど、でもこの話、
絶対におかしい。これ以上いいディールで契約なんて出来るわけないって言ってるけど、
いくらでもできると思う。あとでひどい目にあいそうで心配だな…。

ブリちゃん、歯の妖精は本当にいると思っているのか。
26本で26ドルとか言ってたけど、全部抜けたらご飯を食べられなくなるとか、
考えない辺りがブリジットらしい。そしてそれが家計の足しになると思っているあたり、
本当に本当にブリジットらしい。くしゃくしゃの1ドル札のでどこがパパとは、
思ってもいないに違いない。そういうところに癒されるわー。

tag : ミディアム

ミディアム4 第11話 レディ・キラー

Medium 4 #11 Lady Killer



アリソンはある女性(ロザンナ・アークエット)が若い男性をベッドに誘い、
その後、残酷な方法で殺しをする夢を見る。翌朝テレビを見ていたアリソンは、
現場に映った車が夢と同じ事に気づき、スキャンロンに電話をすることに。
その後また、同じようにして今度は違う男性と抱き合ったあとに、
ネイルガンを取り出した彼女を見たところで、アリソンは夢から覚める。
中耳炎にかかったマリーを病院に連れて行く途中で、夢の中に出てきたバーを
見つけたアリソンは、またスキャンロンを呼び出すのだが…。

今回はパトリシアの実姉、ロザンナ・アークエットがゲスト。
ロザンナ、大好きな女優さんです。なんだろう、彼女、美人じゃないんだけど、
なんともかわいい雰囲気があるなと思う。GAでゲストだったときは、
エキセントリックな役だったけど、ブライアンでは本当にかわいかった。
今回の役は…どうかな。間違いなくエキセントリックではあるが、
夢の中のような残酷な女性ではなく、かわいいツイストがきいていた感じだろうか。

姉妹ふたりが取調室で向かい合うシーンは、結構楽しかった。
お互いにスターとしてやってきたわけだが、なかなかくすぐったかったんじゃなかろうか。
以前パトリシアの兄が出てきた回のときは、犯人役ではあったが、
記憶を失っていたし、あからさまな骨肉の争い(意味違)は起きないように、
クリエイターが気を遣っているのだろうか? それでも今回のエピは、
ロザンナのキュートさがよく出てて、よかったんじゃないかと思う。

一方、デヴァロスのほう。
あらためて大々的に検事選挙に出馬(っていうのかな?)することになったデヴァロス。
昔からの友人で、寄付をしてくれることになった友人が、思わぬところで、
裏からヴァン・ダイクとつながっているとわかってしまう。最初はなぜ、
デヴァロスの友人である彼が、裏でヴァン・ダイクと会っているのかと思ったが、
脅されていたのね。でも、友情を裏切る形になる前にそれを阻止することが出来て、
本当によかったと思う。最近、ヴァン・ダイクのほうが、ワット弁護士より、
性悪なんじゃないかと思うのは、私だけだろうか…?

さて。
私は犯人がニューハーフなのではないかと予測していたのだが、半分あたりで半分ハズレ。
犯人が本のことを知っている人間というところで、容疑者がぐんと縮まって、
最後は「年を取ってる」スキャンロン(笑)で落とす辺りはなかなかよかったが、
唯一よくわかんなかったのが、なんでアリソンの夢の中で出てきた彼女は、
彼女の姿だったのかと言うこと。彼女の本にたどり着くための姿だったってこと?
その辺がちょっと、よくわからなかったです。気にするなってことかな?
関係ありませんが、あの2人目の死体はホントきもかった。CSIとはってたと思う。

tag : ミディアム

ミディアム4 第10話 母の涙 Part2

Medium 4 #10 Wicked Game: Part 2



病院に担ぎ込まれたジョアンナを疑う気持ちをとめられないアリソン。夢の中で、
再びジョアンナが出てきて、スージーを殴りつけるのを見たからだった。
だが、共犯となるはずの犯人の男はすでに射殺されており、手がかりがない。
だがシンシアは、スージーのときの犯人だった男、ピーター・コノリーの写真を、
ジョアンナに見せて、揺さぶることにする。ジョアンナと話した後で、
今度はピーターのもとを訪れるのだが…。

今回は何度も泣いてしまいました。
なんて切なくて、なんて苦い結末だろう。
この前と同様に、いい結末になってくれるといいなと思ってみていたのだけれど…。

シンシアの気持ちのむらに、結構悩まされてきたアリソンではあるけれど、
(ま、アリソンもかなり、気持ちのむらが多いタイプだしね)
それでも二人の間に、ちゃんと友情が育っていたんだなと思って、
それはせめてもの救いでした。シンシアからアリソンに電話がかかってきて、
会いたいといったときに、なんとなく予感はあったような気はします。
いや、やっぱりスージーがなくなっていたとわかったときからだっただろうか。

スージーとシンシアの、湖でのシーンはあまりに悲しくて、涙が止まりませんでした。
これまで何度も何度も、シンシアは自分が娘のそばにいてあげられなかったこと、
そして自分の娘を見つけてあげられなかったことを悔やんでいたのだと思います。
最悪の結末ではあったものの、スージーは大好きなお母さんの元に戻れて、
ひとりで湖の底で眠っているよりは、過去を変えられない以上はよかったのかもしれない。
それでもつらい気持ちは止められないな…。

事情が事情なので、情状酌量の余地はあると思うけれど、
それでもシンシアが刑務所に入って、刑期を務めなければならないと言うのは、
なんだかつらいですね。あと、ジョアンナのお母さん。彼女はまったく、
自分の娘のことを知らなかったみたいだから、ショックだったでしょうね。

せめてものグッドニュースはジョーのことだろうか。
骨折をしたのに、お金が出たとジョーはえらく元気でしたね。
ブリジットの夢の精度もだんだん上がってきてるみたいだし、
財政難のときは、デュボア家はブリジットに頼ってみる?
もう少ししたら、ジョーの発明がうまくいったって情報も入ってくるかな。
来週はいいエンディングだといいですね。

tag : ミディアム

ミディアム4 第9話 母の涙 Part1

Medium 4 #9 Wicked Game: Part 1



ある晩、アリソンはスージー(サラ・ドリュー)という少女が雨の中で、
車が壊れて立ち往生している夢を見る。スージーはトラックを運転していた男に殴られ、
気を失ってしまう。目が覚めたアリソンは、スージーがシンシアの娘だと知る。
新しい仕事の依頼をシンシアから受けるのだが、スージーのことが気になって、
仕事に集中することが出来ない…。

これ、シンシアの気持ちを考えると、あまりにもつらい。
現実にはこういうことって、実際にあるんだろうけど、だからって、
そこで感じる痛みが減るわけじゃない。今までシンシアという人の中身がわからず、
いい人? 身勝手な人? 真摯な人? といろいろイメージが変わってきたけど、
今回のことで、初めて彼女が彼女たる理由が見えてきた気がする。

アリソンに対して、怒りを爆発させて、もうあなたとは働けないと言うシンシアは、
確かに一方的ではあるかもしれないけど、彼女の心の痛みを考えたら、
どうにも憎めなかった。もしかしたら娘は生きているのかもと言う望みをかけて、
それがあっさりうらぎられてしまったのだから。もちろんアリソンの夢は、
コントロールできるものではないから、そこに腹を立てられても困るわけだけど、
人間として、シンシアの気持ちは、わからないではなかった。

ジョアンナ(リリー・レイブ)が共犯かもと言うのはなんとなく感じていたのだけれど、
あの映像を見てしまったら…。あれはシンシアに話せることじゃないよね。
どうやってこれから、犯人を追い詰めていくのだろうか?
今回のエピではまだ、スキャンロンもデヴァロスも出てきていないので、
後半、彼らのサポートで、うまく事件は解決へと導かれるのだろうか。
スージーにはぜひ生きていてほしいけど、望みは半々だと思う。
どうかうまくいってくれればいいなと思う。

一方ジョー。日本の失業保険は、今までもらっていた金額の何割、とかだった気がするが、
アメリカは一律なのだろうか。ジョーのお給料はかなり高かったと思うので、
それがいきなり週給200ドルちょっとじゃ、生活は立ち行かないのは当然。
ジョーの発明に、アリソンはかけてあげてほしいなと思うけれど、
子供たちの大学費用はだめと言う意見ももっともなので、難しいよね。
後編にブリジットが夢に見たという老人の助けが、デュボア家を変えるだろうか?

引き続きの前後編、事件も含めて引っ張りますね!

途中にかかった曲
カニエ・ウェスト:Good Life
シンディ・ローパー:Girls Just Wanna Have Fun
 

tag : ミディアム

ミディアム4 第8話 陰謀の炎 Part2

Medium 4 #8 Burn Baby Burn: Part 2



いまだにデヴァロスとかかわっている、焼死事件の解明のきっかけがつかめないまま、
アリソンは相変わらず、歯医者と失踪した高校生の夢を見続ける。だがアリソンは、
メアリー・ステイシーが高額の生命保険に入っており、その受取人であるグレアムが、
ついに逮捕された後、第二受取人として指定されていた、メアリーの参加していた慈善団体、
ディアブルックの会長である、レオ・クレーンに会い、それが今まで見続けていた、
夢の中の歯科医だとアリソンは気がつくのだが…。

謎がいっぱいだった前編をまとめた後編は、なかなかいい感じでした。

同時進行でアリエルが見ていた夢も、どこかでリンクしてくるのだろうとは
思っていたけれど、慈善団体の会長としての歯医者が出てくるのを見るまで、
正直、どういうつながりになるのか、まったくわからなかった。
でも、遺体が黒こげでDNA鑑定も出来ないと言うところで、本来なら、
これが本人じゃないかもと、疑ってかかるべきだったのかも。

今回のエピは、過去のエピを思い出させるトリックがありましたね。
アリエルの夢とのコラボ(?)で事件を解決したのは、S3-7「母子の事情」以来、
そして死んだと思われた被害者が生きていたというのは、S2-22「夢のあと
(あのときは双子の妹で、本人ではなかったが)、S3-12「とり憑かれて」でしょうか。
さすがに意地悪なヴァン・ダイクも、死んだはずの人間が生きていたのでは、
殺人の容疑から被疑者をはずさないわけにはいかず、今回はデヴァロスの大勝利!

デヴァロスとヴァン・ダイクの大きな違いを感じたのが、事件に対する姿勢でした。
デヴァロスは長い検事生活の経験で、事件の本当の犯人は、なんらかの形で、
感じるものがあると言っていました。そしてその経験と勘によると、
今回の被疑者、グレアムは犯人ではないと言う確信があり、だからこそ彼を救うために、
力を尽くしていた。一方ヴァン・ダイクは、デヴァロスに対する対抗心から、
勝ちたいと願っていただけで、容疑者が真犯人かどうかと言うのは、
あまり重要ではないように見えました。検事なんて、人の人生を変えてしまう、
大きな力を持っているのに、ヴァン・ダイクはその器とは思えませんね。
デヴァロスにはがんばって検事のいすを取り戻してほしい。

マージョリーに対してアリソンがついた嘘は、やさしい嘘だったと思う。
これが嘘だと知っているのは、アリソンと義父のイワンのふたりだけ。
でもこれは、素敵な秘密だと思うな。これで気持ちが前向きになって、
彼女が手術を乗り越えられるなら、それは素晴らしいこと。これでよかったと思う。

ところでイワンが言っていたオリエンテーション(新人研修)…。
ホントにそんなのがあったらおもしろいいよね! だけど、そのコンセプト、
愛する人がどうなるのかを知っていたら、見守る意味がないと言うのは、
確かにそのとおりかも。以前の被害者ヴィンセントが(S3-9「安らかな眠り」)、
同じ研修を受けて、どうなったのかが気になるな。そんなのも楽しそうです

tag : ミディアム

ミディアム4 第7話 陰謀の炎 Part1

Medium 4 #7 Burn Baby Burn: Part 1



アリエルはその晩、同級生のオーウェン(ブレット・ロア)が出てくる夢を見る。
オーウェンの母(グレッチェン・イゴルフ)が灯油をかぶって自殺する夢だった。
その後、アリエルの授業中に校長に呼ばれたオーウェンは母親が亡くなったときかされ、
ショックで泣き崩れる。一方アリソンは、シンシアに頼まれていくつかの事件のファイルを
渡され、そのうちのひとりである女子高生が、売春をしており、歯医者に連れ去られ、
一方的に歯を治療されている夢を見る。弁護士としての活動を開始したデヴァロスに、
ある事件への協力を頼まれたアリソンは、警察へ向かうのだが…。

ケイティはついにダンに愛想をつかしたのでしょうか(@ジャーニーマン)。
サンフランシスコからアリゾナへ来て、しかも自殺? 殺害? なんて不幸な…。
すべてはダンがタイムトリップの能力なんか身につけたせいですね(違)。

最初のほうで、ジョーがお父さんとゴルフをやってるシーンを見て、
しばらくそれが夢だと気づかず、死んだはずのお父さんがなんで生き返ってるのか、
わけがわからず、頭が混乱していました。お父さん、S1の頃は結構、
よくアリソンに愚痴をこぼしに出てきてたけど、久しぶりの登場でしたね。
ジョーのママも、同じく久しぶりの登場。この女優さんは好きな女優さんです。
だけど、登場してきた理由がなんだか切なくて。こちらの続きがどうなるのかも、
ちょっと気になります。

前回の予告で、デヴァロス&アリソンとスキャンロンが敵対することになると、
一応知ってはいたのですが、そこにファミリーまでかかわってくるとなると、
なかなか一筋縄ではいきません。通常ならアリソンが夢を見るから、
もう少し動きが違うのですが、今回はアリエルが夢を見ているために、
この事件が夢の事件とわかるまでも少し時間が必要だった。
容疑者を放置して、3人でギャーギャー言ってるシーンはおかしかったですが。

今までは3人は同じチームで働いていたから、一丸となって悪いい人を、
刑務所にぶち込むためにやってきたけど、つく側が変わってしまうとなると、
なかなか難しい。容疑者はどの容疑者も、有罪か無罪か、必ずどちらかなので、
サイドが分かれてしまうと、必ずどちらかは間違ったほうになってしまう。
本当にやっていたのなら、たとえ弁護側でもその人を有罪にしたいだろうし、
無罪ならば、釈放しなくてはならない。だけどヴァン・ダイクおやじが、
デヴァロスに負けたくないとか言い出したから、さらにややこしいことに。
でもアリエルの夢によれば、この容疑者は無実のようだ。後編で何が出てくるか?

ストライキに突入している警察。スキャンロンは板ばさみにされて、
結局捜査に出てしまうことに。しかし消防局の人から直接、携帯にかかってくるの?
その辺、なんだか変でしたけど、まあいいか。スキャンロンと副市長リンの恋が、
最初に表に出たときは、なんだか不思議な組み合わせと思っていたけれど、
こうしてみていると、結構いいカップルなのかもしれない。あまりリンの仕事ぶりが、
ドラマに出てくることはないけれど、彼女は仕事のできる頭のいい女性と言う感じですね。
最近、結構好きかも。

アリエルの夢の事件のほうがメインで扱われていた前編。まだアリソンが観た、
歯医者と高校生の事件は、全貌がわかっていないので、これからでしょうか。
しかしこの原題が…Burn Baby, Burnと言うと、CSI:マイアミで、
ホレイショが車に向かって、「燃えろ、燃えちまえ」と言っていたのを思い出して、
笑ってしまいそうになります。こちらはシリアスな展開でしたが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。