スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーン・ノーティス3 第16話 悪夢の再来

Burn Notice 3 #16 Devil You Know



マイケルは逃走した衆人、サイモン(ギャレット・ディラハント)を追うのだが、
橋の爆破などのせいで、警察をはじめとした様々な組織にマイケル自身が追われることに。
母親のマデリンのもとへもFBI捜査官が張り込むのだが、
マデリンはマイケルに暗号で家に帰ってきてはいけないと合図をしてよこす。
どうにか捕まえることに成功したサイモンから、今までの人助け同様に、
自分を依頼人として扱うようにいわれたマイケルは…。

経営陣再び。
S2の最終話で、自らの道を歩むことを決意したマイケルだが、
ここにきて、また経営陣が絡んでくることになるとは。
こういう組織のことだから、本人の納得とかとは別のレベルで、
解雇されたり、手柄を横取りされたりとかはあるだろうと思うので、
マイケル以外にも、上に対する不満を抱える人材がいてもおかしくはない。

だけど、こうして見ると、本当にマイケルってまともっていうか、
スパイとして腕がすごくいいのに、おかしくないのね。
彼自身も言っていたように、諜報員として活躍すると言うことは、
法律の枠とは別の世界を持つと言うことだし、
その正義は、一般的な感覚の正義とは違う基準で動かざるを得ない。
その中で、どうしたって混乱もするだろうし、感覚が変わるのは、
仕方のないことだと思うんだけど、マイケルは普通の感覚をまだ持ってるのね。

だからこそ、人助けに真剣になれるのだろうと思うけど、
このサイモンは違う意味で突き抜けちゃったタイプなので、
すごくわかりやすい対比だったかも。

今回心配なのは、やっぱりマデリンかなぁ。
マイケルは何があろうとも、自分でどうにかするだろうと思うけど、
マデリンは精神的に強い人ではあっても、普通の人だからね。
そしてあの捜査官のいってることを信じてはいないだろうと思うけど、
どこかで疑問がさしてはいるだろうと思うから、マイケルとの間に、
もう一度信頼関係を築く必要もあるだろうし。結構大変かも。

来シーズンはどうやら8月からの放映とのこと。
今回はあまり待たずに次が観れるのは嬉しいです。

スポンサーサイト

バーン・ノーティス3 第15話 正義の復讐

Burn Notice 3 #15 Good Intentions



ギルロイの目当てが荷物ではなく囚人であると知ったマイケルは、
取引の前日に機関銃を盗むのを手伝うことに。よくない兆しを感じたマイケルは、
サムを通してFBI捜査官に話をするのだが、真剣に受け取ってもらえない。
一方フィオナは、知り合いの売人(ジョナサン・ラパリア)から仕事の話を持ちかけられ、
ガブリエル(カルロス・バーナード)と仕事でくむことになる。だが売人のついた嘘で、
危うくフィオナは命の危険に陥るのだが…。

今回のフィオナは、マイケルのギルロイとの事に関する意地だったのだろうか。
あまり彼女らしくない引き際の悪さにひやひやしてしまいました。
マイケルがギルロイと組むのなら、自分だってやりたい仕事をやると言わんばかりに、
本当にやりたいわけではなかったであろう仕事を引き受け、
マイケルを心配させることに気が行っていたように見えました。

しかしこのアホな売人のついた嘘のせいで、こっちが危ない目にあうっていう。
これで殺されたら、こいつどうするつもりだったんだろう?
本当に迷惑な話だ。もしフィオナがチームではなく単独だったら、
こんな準備は不可能なわけで。いくら危ない世界で生きているとはいっても、
かなり厳しいですよね。

ガブリエルについては、娘さんのことは本当に気の毒だったと思うけれど、
こういうやり方では、根本的な解決が何もなされないのだと言うことを、
きちんと理解してほしかったと思う。死にたがっていた彼を、
無理やりにでも救うことができて、その真実を彼に見せる機会が、
今後訪れるかもしれないということは、よかったかなと思う。
彼が本当に心から感じ取ってくれる日が来るのかはわからないけれど、
少なくともスタートではありますよね。

ギルロイは次のシーズンも出るのかなと先週疑問に思っていたのだが、
まさかこんなにあっさり消されてしまうとは…。
彼の勿体の付けぶりからして、結構ピラミッドの上に位置するのかと思っていたけど、
捨て駒だったってことですよね。びっくり。
あのまだ顔の見えていない囚人が誰なのか、気になりますね~。

いよいよ次回はシーズンフィナーレ。
今回はどういうクリフハンガーが待っているのか、
次のシーズンの放映は少し先になるだろうと思うので、
あまりひどいものじゃないといいなと今からどきどきしています。

バーン・ノーティス3 第14話 共犯者

Burn Notice 3 #14 Partners In Crime



ギルロイに渡した飛行機のデータの中から、問題の一機を探し当てたマイケルは、
それがチリからポーランドへ向かうラインだと突き止める。
ギルロイが積荷を教えなかったため、マイケルは自分で積荷を突き止めようと、
ポーランド軍情報部のコンラッド(トム・ノウィキ)に近づくのだが、警戒されてしまう。
仕方なくフィオナから別の線で情報を引き出すことに。一方サムの依頼を手伝い、
社長のイザベラ(クリスティーナ・ムーア)と会うマイケルだったが…。

いよいよS3もフィナーレに近づき、盛り上がり始めたところ。
ギルロイとの因縁は、このシーズンで決着がつくのだろうか?

今までも当然人は結構死んできているわけですが、今回みたいに、
あっさりと依頼人が死んでしまったのは初めてだった気がします。
S2でも、元は敵だった依頼人が死んでしまったことはあるけれど、
あのときはどうしようもなかったので、今回とは事情が違う。
マイケルの依頼人ではないとはいえ、ちょっと驚きました。

もともとの犯人だと思われたティム(リック・ケリー)だったが、
実際にはティムではなく、デーモン(ジェフリー・ヴィンセント・パリーズ)が犯人。
でも今回、いつもほどうまくこの犯人を操ることができなくて、
苦労していたように見えました。銃で殺せっていったのにいうこときかないし。
依頼人のほうのティムも、フィオナと一緒に逃げなきゃ行けないのに、
こっちもいうこときかないし。最終的に犯人ではないとわかり、
それはよかったんですけど、こういうことが多いと大変そう。

イザベラはサムが新たに好きになった人なのかと思ったんだけど、
そういうわけじゃなかったってことですよね。殺されちゃったし。
すごくウキウキして、依頼を受けることを喜んでいたのにね。
このところ、ずっと名前を聞いてるナントカさんの話が出てないし、
サムはまたシングルに戻ったのかなと思ったんだけど、
この辺もどうなってるのかな。

マイケルとママのやり取りはほほえましかった。
たとえそれが嘘の情報だったとしても、息子から来るはがきが嬉しかったんだよね。
それが本当にいた場所ではなかったってわかったことについては、
多少腹は立ったのだろうけど、きちんとそのことを話してくれたことに、
喜んでいたように思えました。

さて。囚人のことについては、どうなるのかな。
これが今回のシーズンフィナーレに大きく関係してきそうですね。
ギルロイは次のシーズンも出てくるのかな?

関係ないですが、日曜の朝の放映がなくなったせいで、
すごくみるタイミングがずれちゃって、残念だ。
早くもとの時間に戻してくれないかなぁ…。

バーン・ノーティス3 第13話 腐れ縁

Burn Notice 3 #13 Enemies Closer



マイケルはクロードと組んだ任務が失敗したため、ギルロイから今度は新たに、
マイアミを出る自家用機の発着の情報を手に入れるように頼まれる。
サムは海軍時代の友人を窮地に陥れたくないと、あまりその気になれないでいた。
自宅に戻ったマイケルは、様子がおかしいのに気づく。サムと身構えたところ、
昔の仲間であるラリー(ティム・マシソン)がそこにいて、マイケルを狙った男を、
代わりに殺したのだと言う。だがラリーがきたのには、理由があった…。

ホインズ副大統領(ザ・ホワイトハウス)、一体なにやってるんでしょうか。
副大統領を辞任して、やけっぱち?
とんでもないワルになってましたが、マイケルに撃退されて逃げるも、
これからも登場しそうだな~。

今回びっくりしたのは、いきなり弟のネイトが結婚したこと!
しかもベガスで! しかもブラックジャックのディーラーと!
(びっくりマークつけすぎでしょうか)
ベガスで結婚ってよくあるネタなのですが、でもそれって大概、
手続きが要らないから、普通の人同士で結婚なんですけど、
本当に相手がベガスの(しかもカジノの)人とはね。

最初は別に、かわいいし、いい子なのかな~と思ってみていたのですが、
きゅうりは食べられない、たんぱく質は食べないだとか、
いちいち細かいことにうるさくて、マデリンがだんだん、
いらいらするのがわかるんですよね。彼女自身も帰るときは超不機嫌。
果たして、ネイトはこの子相手で本当にいいのかどうか疑問ですが、
とりあえずはおめでとう、なのかな?

これまでフィオナがへそを曲げて、任務から外れたりとかはよくあったけど、
サムが断ってくることはなかったので、かなりのピンチを感じました。
最終的にみんな仲直り(?)をして、マデリンからもお墨付き(?)をもらい、
大丈夫かなと言うところですが、これからもこういうことはあるかも。
シーズンフィナーレではみんな協力してやってもらいたいところです。

バーン・ノーティス3 第12話 善良なる者

Burn Notice 3 #12 Noble Causes



マイケルはギルロイと組み、領事館から書類を盗む仕事を頼まれる。
ギルロイに紹介されたクロード(サイモン・ニーダム)と組むことになるのだが、
ひとりで動きたいマイケルは返事を渋る。自宅に戻ったマイケルは、
以前階下に住んでいたチンピラのシュガー(アルトゥーロ・フェルナンデス)に会う。
シュガーは二度と顔を見せないと言っていたのだが、自分のいとこ、
ダギー(ダニエル・フランゼーゼ)がトラブルに巻き込まれていることを知り、
助けてほしいとマイケルを訪ねてきたのだった…。

シュガー、顔を見てもすぐに誰だか思い出せませんでした。
でも、いとこのために自分は撃たれてもいいから助けてほしいと言ってくるなんて、
結構やさしくていいやつ。大怪我をすることになってしまったけれど、
死んだりすることもなく、いとこのダギーも無事で本当によかった。

最初はぶつぶついっていたマイケルだけど、こういう話を聞いちゃうと、
人助けは放っておけないんだよね。まして困ってる家族を助けたいなんて、
自分のことも重なってくるし、その気はなくても必死になってしまう。
それがわかっていたから、シュガーもマイケルを訪ねてきたのだろう。
病院でダギーのことを話しているのを聞いたら、なんだかぐっときちゃいました。
きっとこれからも二人は大丈夫だと思います。

しかし、寝覚めが悪かったのはクロードのほう。
ただミッションを失敗させて、自分で事態をコントロールできるように
したかっただけなのだけど、それが彼の命を奪うことになってしまった。
悪党だし、そういう世界に住んでいる以上、こういうことは起こるのかもしれないけど、
彼を殺すつもりはなかったから、いやな気持ちになってしまった。
この「書類」がなんなのか、マイケルの復帰にも関係あるものなのでしょうか。
ギルロイをどうにかこのシーズンでできるようになるのかな。

ママの表彰状は笑ってしまった。
息子の盗んだ車をせっせと通報して、犯罪検挙の表彰状。
しかも、その推薦はサム。こんなんありなんだ~。
マイケルが来ないと知って落ち込んでいたマデリンだけど、
ちゃんとセールで買った赤いネクタイをしてきてくれたマイケルを見て、
表情がぱっと輝きましたね。二人であのあと、おいしいものでも食べて帰ったかな。
家族は仲良くが一番、ですよね。

バーン・ノーティス3 第11話 悪魔の使者

Burn Notice 3 #11 Friendly Fire



マイケルの連絡員だったディエゴを殺害したスパイ、ギルロイ(クリス・ヴァンス)。
彼と会うことになったマイケルは、彼から一緒に仕事をしないかと誘われる。
一方サムのもとへは古い友人のマック(ラス・ブラックウェル)が訪ねてくる。
会うなりマックを殴りつけたサムを見て、マデリンは仰天して止める。
マックは変質者のリンコン(ルイス・アントニオ・ラモス)を捕まえたいと言うのだが…。

なんとウィスラー(プリズン・ブレイク)の登場です。
これからも少しの間出てくるみたいですね。ただあまりいいものの役じゃないけど。

今回はサムファン必見? サムの過去がまた少し出てきました。
もとシールズと言うのは今までも出てきたけれど、昔は結婚していたらしいです。
そして奥さんをお友達に盗られてしまったと。一応二人の仲は戻ったと言っていいかな。
なんだかんだいって、たぶんサム自身も、マデリンにいわれるまでもなく、
本当はマックが悪いわけではないとわかっていたのだろうと思います。
だからといってそう簡単に許せない。微妙な気持ちだったんでしょうね。

このドラマの中でのサムの立ち位置って、三枚目だと思うのですが、
結構サムはいい男なのではと思っています。ハンサムとかじゃないけど、
すごくやさしいし、男気にもあふれているし、人情もある。
ここっていうところではきっちり押さえて締めてくるし、
割と女性にもてるはず。ていうか、わたしは結構好き。
なので、ファンは結構多いと推測するので、こんなサムの秘密がわかるエピは、
これからも大歓迎です。

さて。
事件のほうは、個人的にオマール(ジェコブ・ヴァーガス)がかわいかったです。
義賊と言うか、清水次郎長みたいな感じ?(違)
弱きを助け、強きをくじくみたいな、なんだか結構好感の持てるワルでした。
最後にマイケルの真似をして、指ぱっちんしてみてたところもかわいい。
こういう子がシマを守っていると、住民は安心ですよね。
ヴェガ(ダニー・トレホ)もやっつけたことだし、がんばってほしいわ。

フィオナとマイケルの関係が微妙に一歩進んだでしょうか。
ここ最近、フィオナを失うかもと言うケースが続いていたので、
マイケルの中で危機感が高まった感じかな。
でもギルロイがそれに気づいているので、むしろ危ないかも…。
残り5話、どういうふうに進むのでしょうな。

バーン・ノーティス3 第10話 正義と犠牲

Burn Notice 3 #10 A Dark Road



フィオナを救うためにストリックラーを殺してしまったマイケルは復職の道を失う。
盗んだストリックラーの携帯から次の道を探ったマイケルはホテルの一室にたどり着く。
だが、その部屋が放火され、マイケルは次のコンタクト先をまた失ってしまう。
一方、怪我をしたフィオナの代わりに、彼女が請けるはずだった仕事を、
マイケルが手伝うことになる。夫が交通事故で死んだと言う女性、
カリア(ナタリア・バロン)が脅されていると言うのだ。保険金詐欺と推測したマイケルは、
郡の記録を探すことにするのだが…。

ママにとっては、初めての苦いオペレーション。
それまではあくまでも手助けでしかなくて、ちょっと覗き見するだけ、
いやな部分は常にマイケルたちが負担していたから、
マデリンは手を貸すだけで入れたんだよね。だけど今回は、少し深入りしすぎた。
なんとなく息子のやっていることがわかってはいたけれど、
こんなにつらいものだとは、今まで思ってもみなかったかもしれない。
そこに思わず現実を突きつけられてしまった。

ティナはけして、マデリンやマイケルのことはわからないまま、
マデリンがティナのことを、本当に友達として大切に思っていたことも、
今回のことに心を痛めていたことも知らず、たまたま運よく盗難犯のお陰で、
自分のしたことがばれずにすんだと胸をなでおろすのでしょうか。
もちろんこちらのことを告げるわけには行かないし、これしかないのだけど、
二人の女性が本当の友達になれたのに、つらい結末になってしまいました。

数の問題。
これっていつだって出てくる話ですよね。特に戦争とかでは。
でも、普通の生活をしている人には、ぴんとこない話でもある。
そんな中で、少数の人をできるだけ踏みにじらずに大勢の人を救うには、
どうやってやるのがいいのか。いつもそれをマイケルは考えている。
たぶんマデリンも本当はわかってる。彼のやさしさを誇りに思ってほしい。

新しい人物、ギルロイがあがってきたことにより、どんな展開が待っているのか。
マイケルの能力は高く評価しているようだけれど、
必ずしも有能なことが有利に働くとは限らないのがこの世界ですよね。
有能なことにより、むしろ邪魔であると考えられることもあるし、
ギルロイとのミーティングがうまくいくように祈っています。

バーン・ノーティス3 第9話 フィオナの過去

Burn Notice 3 #9 Long Way Back



マイケルはストリックラー経由での復職計画が順調に進み、
復職のためのミーティングがスケジュールされていることを告げられる。
エージェントに戻ってほしくないフィオナは、これ以上一緒にいても、
前に進めないと気づき、故郷のアイルランドに戻る決意を固める。
ところがフィオナの兄のショーン(ギデオン・エメリー)が尋ねてきて、
フィオナの敵であるオニール(パール・ブラックソールン)が命を狙っているという…。

ストリックラー、一筋縄ではいかない相手とはわかっていましたが、
そういう手を使っていましたか…。でも、本当にマイケルのことを調べたのなら、
フィオナは手を出してはいけない相手だとわかっていたと思うんだけどね。
それが彼にとっての命取りとなった。ああでも。
マイケル、まさか彼を殺してしまうとはね…。復職がどうのの問題ではなく、
上にまでつながっている人だから、フィオナだけではなくて、
マイケルの命まで、また今後危なくなっていくかもしれない。

今回はキャラクターそれぞれに、迎えるフェイズがあったように思う。

マイケルは自分にとって何が一番大切なのかに気づいたようだし、
フィオナも、なんだかんだいって、やはりマイケルと離れられないと気づき、
(物理的にもうアイルランドに戻れないとかいう話を別にしても)
マデリンも、自分がマイケルの人生にきちんと根を下ろしつつあると気づいた。
そしてサムは…あとで恋人に車をお釈迦にしちゃったことで怒鳴られる、と。

仕事よりもフィオナのほうが大切だと気づいたマイケルではあるけれど、
だからといって、復職の夢を諦められるはずもないと思うので、
ここから先はその葛藤がメインになっていくのかな。
二人の仲はあまりに複雑なものが絡まりすぎているので、
マイケルがすべてを投げ打ってフィオナを救うために走ったからと言って、
そう簡単にくっつくとは思えない(というかあまりくっついてほしくない)。
この微妙な関係がどういうふうに進んでいくのかが気になるところですね。

ディエゴはあっさり殺されてしまいましたが、ここからマイケルはどうするのか。
S2の最後にまた戻ってしまったような感じがします。
またバックアップなしに、孤独な戦いに身を投じることになるのか。
今シーズンの残りの展開も気になります。

バーン・ノーティス3 第8話 友情の証し

Burn Notice 3 #8 Friends Like These



納得はいっていないものの、復職が叶うのならと言うことで、
結局ストリックラーとの仕事をすることにマイケルは決める。
保管庫から盗まれた武器の引渡し先を調べることが最初の任務となる。
老人の多い場所での取引とのことで、マイケルは母親のマデリンに見張りを頼む。
そこにバリーから電話がかかってきて、大事な帳簿が盗まれたと言う。
マイケルたちはバリーを助けることにするのだが…。

まさかナタリー(キャリー・ソーン)に逃げられるとはね。
今回はマイケルもサムもフィオナも、すっかり彼女にだまされてしまった。
通常は女性を守る依頼のほうが多いし、彼女の「小道具」である、
あの子供の写真にやられちゃった感じ。もうひとりの拉致した相手、
ミロヴァン(クリストフ・コンラッド)がいかにもな顔だったし、
見事にだまされた。

もしあと一瞬遅かったら、フィオナが危なかっただろうと思うので、
ぎりぎりのところで間に合ってよかったけれど、
ナタリーに逃げられてしまったのは、結構痛かったような気がする。
しばらく戻ってこないだろうみたいなことを言っていたけれど、
今後、彼女が敵として(あるいは依頼人として?)登場することはあるのだろうか。
ヴィクターみたいなケースもあるし、そこにも期待したいです。

全貌は知らされなかったまでも、マイケルの仕事を手伝うことになったマデリン。
結構るんるんでやっているのが見ていてかわいかった。
いつも何も知らされず、ただ心配するばかりと言うのはつらいから、
たまにはこうやってお手伝いできるのが、嬉しくて仕方ない印象でした。
結局雨漏りは誰が直すのかな。でもママの機嫌が直ってよかったです。

バリーを助けて借りはチャラ。そしてストリックラーの依頼をこなして、
待ちに待っていた電話がかかってきたけれど、これからマイケルは、
どうするのかな。フィオナは手伝えないと言いつつも、
やっぱりマイケルのことが心配で駆けつけてしまう。
この二人の微妙な関係も含め、そろそろマイケルも決断しないとね。
ストーリーも折り返し地点、これからそこに焦点があたりそうです。

バーン・ノーティス3 第7話 姿なき殺し屋

Burn Notice 3 #7 Shot In The Dark



ある晩、帰宅しようとするマイケルにストリックラーからのプレゼントが。
元の世界に戻るための橋渡しをする代わりに、仕事を請けてほしいと言う。
どうするか考えていたマイケルだが、フィオナの家に二人で帰る途中、
彼女の家に侵入者がいることに気づく。その正体は13歳の少年、ジョーイ。
フィオナの家にあった銃を使い、義理の父エリック(ジェイ・ハリントン)を
撃つのだという。マイケルはその話を聞いて放って置けなくなり、
母親のエイプリル(ジョシー・デイヴィス)に会うのだが…。

ジョーイがマイケルにあこがれて、最後に真似をしているのがかわいかった。
まだ子供でも、一所懸命にお母さんを守ろうとして、けなげでした。
弟くんもまだ小さかったものね。亡くなったお父さんとの約束を守ろうと、
なんとしてもとがんばる姿がかわいかった。

しかし、気になったのは、どうしてフィオナの家に銃があるってわかったか。
彼女の家は子供が侵入しても大丈夫なくらいオープンなんですかね。
マイケルみたいな追っ手はフィオナにはついていないのでしょうけど、
いくら解体してあるとはいえ、銃が置いてある割には無用心なような。

今回の仕事は、ジョーイを助けたいと思いがあったから特別とはいえ、
そこまで命の危険はない、彼らにとっては楽しめる仕事だったと思います。
もちろん最後の対峙で、撃ち合いになる可能性はあるとはいっていたけど、
そこまでもかなり慎重にやっていたと思うし、危険性は低かった。
それに何より、ジョーイやエイプリルを救えるわけだし、
モチベーション高くできる仕事ですよね。

エリックは確かに遠くから見ていればルックスもいいし、調子もいいんだろうけど、
こうして少しピンチに陥るだけで、メッキがはがれるしょうもない男。
まして女や子供に手を上げるなんて、下衆の下衆ですよね。
その腹立ちがあってか、マイケルが何度も痛めつけているのが気分よかった。
もとが小心のせいなのか、おもしろいように操られて、
最後には病院入り。もう少しきつい罰でもよかったような気はしますが、
とりあえずエイプリルたちは無事でよかったです。

ストリックラーの件、一応請けることにしたマイケルだけど、
これが一体どこにつながっているのか。ここまで警備が厳重って、
彼は一体何者なのだろうか。間違いなくつながるべき場所につながっているけど、
それが反対側でなければいいのですが。それがわかるのはこれから、かな?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。