スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミディアム6 第22話 未来をこの手に

Medium 6 #22 It's a Wonderful Death
 

アリエルにダートマス大学からの合格通知が届く。ジョーは応援しようと言うが、
娘を手放したくないアリソンは、家にもっと近い大学にいくようにと、
アリエルを説得するつもりだとジョーに話す。その晩、眠りについたアリソンは、
目が覚めると自分が死んでいるのに気づく。自分の葬儀の場にいたアリソンは、
メアリー・ルイーズ(テリー・ポロ)という同じくなくなった女性に声をかけられる。
彼女は自分を殺した犯人を知っているのだと言う。何も出来ないと思ったアリソンだが、
アリエルだけがアリソンの姿を認識したため、デヴァロスに連絡を取るように頼む…。

アリソンが死んだわけはないので、夢だとはわかっていたのですが、
それでもアリソンに振り回されるアリエルがかわいそうで。
今までもアリソンに代わって、母親代わりをアリエルがこなすことは多く、
特に今シーズン、頭でアリソンはこん睡状態だったので、
アリエルがすっかりお姉さんになった姿を何度も見たのだけど今回ばかりは。

アリソンがなにぶん犯罪が絡むと、周りが見えなくなってしまうため、
ジョーやアリエルがどうしても、年齢的にとばっちりを食ってしまう。
私も実は個人的にダートマス大学には憧れを抱いているので、
アリエルが受かったと訊いたとき、本当に嬉しかったし、
アリソンにも応援してあげてほしかった。アリエルは長女なだけあって、
何しろ責任感が強いので、こういうことになっちゃうのよね。
子供が親に対してやることって結構あると思うんだけど、
親がこういうふうに、子供を罪悪感で動かしてはいけないよね。

それにしても、血がつながっていないとはいえ、夫の息子と関係を結んだ上、
ちょっと精神的に切れている息子に殺されてしまった挙句に、
彼をかばうために、まったくの別人を犯人として告発するって。
この奥さん、大概爛れているというか。だんなさんが気の毒すぎる。
夢ですべてを知ったアリソンが、検事局の会議室で、
メアリー・ルイーズに真実を告げるシーンはすっとしてしまった。
相手が「クローザー」のブレンダなら、死ねば報復から逃れられるが、
アリソンが相手では、死んでも逃げることができない。
ま、これはいいでしょう。

一時危機を迎えたスキャンロンとリンもついに結婚し、
今シーズンは子供も迎えたし。いろいろと感慨深いシーズンであった。
次は最終シーズンなので、味わってみないとなぁ。
最後のシーズン、楽しみだけど、残念でもありますね。

スポンサーサイト

tag : ミディアム

ミディアム6 第21話 子豚の憂うつ

Medium 6 #21 Dead Meat

 

バーニーという名前の子豚が飼育されている農場のそばの木の下で、
人が殺されているのを見ている夢をアリソンは見る。翌朝検事局へ向かう途中、
男性が食べているハンバーガーの肉から動物の悲鳴が聞こえるように。
SARCという動物愛護協会の要請を受けて、ある農場に潜入した職員が、
行方不明になったとゴセット(ローマ・マフィア)が訴えてきたため、
アリソンたちは農場を調べに行くのだが…。

バーニーかわいい(笑)。
「ベイブ」とかを思い出してしまいますね。子豚ってなんともいえず、
愛嬌のある顔をしていると言うか、つい必死になってしまった、
アリソンの気持ちがわからないでもありません。そういえば結構前に、
「BONES」でも、アンジェラが子豚を救おうとするエピソードがあったっけ。

ローマ姐さんが出てきたのでびっくり。
いいほうの役でのゲストかなと期待していたんですが、犯人でした。
しかも、微妙に最後、往生際が悪くて、私の中の彼女のイメージとあわず。
って、それはこちらの勝手な都合ですが、豪華なゲストですよね。
彼女にも動物を助けようとする気持ちとか、いいところはあると思うんだけど、
どうにも自分の利益が先にたち、その上それを隠すために、
殺人にまで手を染めるとなると、さすがにね。

アリソンって、検事向きなのかもと思ったのは、
バーニーを助けてもらったときは、本当に感謝でいっぱいだったのに、
彼女が犯人とわかったとたんに、まるで別の顔になってしまえるところ。
普通だったら、悪い人だったとわかったところで、
そうすぐに感情の切りかえって出来ないものなのですが、
それができるところが、犯人を捕まえることに傾注できる検事にぴったり。
なるほど、未来の検事様ですよね。

そして今回のもうひとつの目玉はジョーのお誕生日。
私は個人的には、ブリジットのコミックに顔を貼り付けたものがお気に入り。
なんの役にも立たないんだけど、アイデア賞と言うか、
ブリジットらしさもあり、よかったなと思います。
マリーの万引き騒動はなんだろうと思ったら、おもちゃと会話だったのね。
この前の警報機の会話と言い、無機物はマリーの領域?
あのおもちゃ、バズとザーグみたい(トイ・ストーリー)でおもしろかったです。

最終的にはすべてうまくいってよかった。
ところで今回、ジョーは風邪引いてたのかな? 声が変でした。

tag : ミディアム

ミディアム6 第20話 消えゆく日々

Medium 6 #20 Time Keeps on Slipping

 

アリエルはベビーシッターをしていたケリガン先生(ジェナ・ギャビギャン)の
テストを受けたあと、記憶が飛んでいるのに気づく。ふと目を覚ますと、
同級生の少年、リアム(マイケル・レイディ)の車の中で昼寝をしていた。
その後、また記憶を失ったアリエルは、ケリガン先生が射殺されたのを発見、
さらに10年後の世界で彼女は目覚めるのだが…。

あのまだ幼かったアリエルが、結婚して母親となっているなんて。
さすがに6年もやってると、成長しますよね。
特にアリエルはすっかり大人っぽくなって、それだけではなくて、
彼女は演技もうまいと言うか、すごくリアリティのある表情をするんですよね。
今回にしても、戸惑いながらなきそうになっている表情とかは、
まだ子供の顔をしていて、抱きしめてあげたくなりました。

この異様なまでの時の飛び方からして、そこに必ずいるのがリアムなので、
彼がキーとなっていると言うのはわかったのですが、
アリエルはただ混乱するばかりで、それを見ているとなんとも切なくて。
特にアリソンの死を知ったアリエルの痛ましい表情にはぐっときました。
このように犯罪がらみではなく、同じように時が飛んでしまう物語として、
北村薫さんの「スキップ」があるけれど、やはりアリエルと同じように、
主人公の真理子は勇敢に真実に立ち向かっていた。

こうなっていくであろう未来を予測したアリエルの危険感知能力が、
この夢を見せたのでしょうね。現実に戻ってこれてよかったです。

興味深かったのが、それぞれの未来かな。
なんとスキャンロンは警察署長に! 彼はいい具合に年取った外見をしていて、
かなりリアリティがありました。そしてアリソンはなんと検事に。
コンサルタントと言う立場ではなく、自らが起訴しちゃおうという立場。
そしてデヴァロスは市長ですか。ジョーがどうなったのかはわかりませんでした。
そしてリンはどうだったのかな? アリエルは高校の教師で、
リアムはヘッジファンドのトレーダー。道理でいい家にすんでるわけです。
とりあえずリアムとは結婚しないわけだけど、アリエルはやっぱり教師になるのかな?

でも将来は、わからないほうがいいですよね。

tag : ミディアム

ミディアム6 第19話 小さな目撃者

Medium 6 #19 Sal

 

アリソンの家の近所のモルハーン家で強盗殺人が起きる。主人が殺され、
その犯人をマリーが目撃するのだが、そのまま犯人は逃げてしまう。
事件は連続強盗殺人で、3件目の犯行だったが、犯人は見つからないまま。
夢で犯人の顔を見たアリソンは、お悔やみを言いにモルハーン家を尋ねると、
犯人が近所に住むジョシュ・ベリーマン(ラファエル・スバージ)と知ってしまう。
デヴァロスに頼み、ベリーマンを警察に呼び出すのだが…。

子供を使って逃げようとするというのは、卑怯ですよね。
アリソンじゃなくても、あんな小さい子供に銃の始末をさせたり、
とんでもないことではないかと思ってしまう。マリーちゃんが警報機に脅され、
家族のためにと嘘をつく姿も健気で。

このシーズンは、なんだか今までよりもややブラックな展開が多い気がする。
結局最後に、アリソンは家族のため、そしてこれからターゲットになりうる、
無垢な人たちを守るために、いわゆる「主犯」と取引をする形になった。
ベリーマンが人を殺したとはいえど、それが被害者の望みであり、
普通の殺人犯とは違ったと言うのもあるのかもしれないけれど、
ちょっとこういう展開が今回多いような感じがしますよね。
身を守るすべのない一般人としては、ありがたくもあるんだけど、
なんだか複雑な気持ちです。

アリエルのほうのストーリーは苦い展開に。
リチャード・フィッシュ(グレッグ・ジャーマン)が現れなければなぁ…。
あの写真を彼女が見つけたとして、いまさら死んでしまったあとで、
心配する必要もなかったと思うし、もし未来が見通せるのであれば、
アリエルに頼めば、結局見つけられちゃうってわからなかったんだろうか。

結果として、すべてがだめな方向になっちゃって、気の毒ったら。
死んでしまっているバーカー教授はたいした被害はないとして、
結局アリエルだけが貧乏くじを引いてしまったように思える。
こんなことでいきたかった大学を諦めなければならなくなってしまうとは、
なんともね。ややカンニングに近いので、それを受け入れたアリエルも、
悪いっちゃ悪いのかもしれないけど、テストの答えを見るのと違って、
面接の練習の手ほどきだけで、ここまでの仕打ちをされたらかわいそうですよね。

ほかにも大学はあるし、きっとアリエルなら、いい学校に受かるだろうと思うけど、
だめだったところって、心に残ってしまうんだよね。
次の学校でがんばりましょう。

tag : ミディアム

ミディアム6 第18話 生ける血 Part 2

Medium 6 #18 There Will Be Blood... Type B

 

アリソンはジェニファーからの電話を受けて、夜のデリへ向かい彼女を救出する。
ジェニファーから見た夢の話を聞いたアリソンは、警察に協力するように説得する。
だが、肝心の犯人の顔を見ていないことと、最近夢を見始めたという話に、
スキャンロンやデヴァロスはやや疑惑の目をもってジェニファーを見ていた。
だが、アリソンも事件の犯人にかかわる夢を見るようになり…。

思ったよりもあっさりと解決したけど、ホント気味の悪い事件だ。
そこまで血が好きか~。自分の血だって結構気持ち悪いのに、
なんかいやだよね。本当に病気っぽいものを感じる。
しかし、結局よくわからなかったのは、なんのために彼が血をとったのかだ。
あのアイスクリームトラックのうしろに保存をしていたけれど、
どうする気だったんだろう? トロフィーとしてずっととっておく気だったのか。
ああ~、最後までなんだかすっきりしない。

ジェニファーの夢は、アリソンの予言どおり、犯人が死んだことで終わりなのかな。
彼女にとってはそれでよかっただろうと思うけど、今度はアリソンたちみたいに、
死んだ彼が出てきて悩ませたりはしないのだろうか。大丈夫だといいけど。
しかし、高校生にして交通事故で両親を亡くし天涯孤独の身になり、
ホームレスとして生きていくって、過酷な人生ですよね。
これを機会に、ジェニファーがいい人生を送れるといいなと思います。

今回、ちょっとツボだったのは、マリーと歯の妖精。
何を怒ってるのかと思ったら、朝目が冷めてもお金がなかったからとは、
なんとも子供らしくてかわいい。ブリジットに説教されて、
寝てる間に歯が抜けるなんて知りっこないと逆切れするジョーはどうなのか。
自分も子供だから、子供を裏切ることはできないなんていいながらも、
うま~くやりとりしてくれたブリジットもすっかりお姉さんだね。
なんか子供から少しずつ大人に成長しているなと思うと、ちょっと見てて切ない。

そしてキースなんだけど、これで本当におしまい?
このところ、ジョーとの絆も微妙ながら育まれてるかと思ったんだけど、
ただの気のせいだったのか。ジョーの出世はいいことだと思うけど、
ちょっとジョーが納得してなかったようなので、心配かな。

あと少しでこのシーズンもおしまい、そしたら次は最終シーズン。
う~ん、お気に入りのドラマが終わってしまうと言うのは、なんとも寂しいです。

tag : ミディアム

ミディアム6 第17話 生ける血 Part 1

Medium 6 #17 There Will Be Blood... Type A

 

アリソンはある日、自分が子供になり、会社で楽しんでいる夢を見る。
そこに突然黒髪の少女が現れ、才能を無駄遣いしていると言い残し、
自殺をしてしまう。その翌日、アリソンと同じ少女がアリエルとブリジットの夢にも
出現し、同じ言葉を残して死んでしまうのだった。現実世界では、
プレスコット家の一家が全員薬物注射で殺害されたあとで、
全身の血を抜かれ、ポーズをとらされているという事件が起こる。
事件の手がかりを得られないまま、2件目の同様の事件が起き、
現場に駆けつけたアリソンは、そこに隠れていた少女を見つける。
少女はジェニファー(ヴァネッサ・マラノ)。夢に出てきた少女だった…。

久しぶりの続き物エピソード。
頭の事件のときと同じくらい、結構サスペンスフルな空気を感じますが、
次回はどんな結末が待っているのかな?

アリソンやその娘たちは、基本的に死者からのメッセージを受け取っているけど、
生きている人からメッセージを受け取るのがジェニファーのよう。
どっちもあまり、ポジティブなメッセージは受け取ってないようなので、
わたしはどちらも遠慮したいところですが、こればっかりは選べないので、
彼女たちもどうしようもないですよね。

まったく痕跡を残さずに人を殺すと言うだけでも難しいと思うのですが、
今回は血を抜いて、死体のアレンジまでしているにもかかわらず、
DNAなどの痕跡がないと言うのは、相当周到な犯人の仕業。
そしておもしろがっているだけではなく、何か粘着質なものを感じます。
何を目的としてこういうことをしているのかはまだわかりませんが、
気持ち悪い感じがしますね。

そしてキースはどうしちゃったのかな。
これまでかなりクールに構えていた彼だけど、この前のゲーム事件以来、
結構人間らしさが出てきている気がします。天才過ぎるだけに、
あまり挫折にはなれていないらしく、チームのみんなにとっては嵐のようですが、
これでチームのみんなと協力することも覚えるかな。
逃げてしまった彼の穴を、ジョーがうまく埋められるのかも気になります。

tag : ミディアム

ミディアム6 第16話 アリソン・ローレンの結婚

Medium 6 #16 Allison Rolen Got Married

 

アリソンはジョーとの結婚を控え、心浮き立っていた。すでに妊娠していたが、
そのことはジョーの両親には伝えず、安定してから話そうと決めていた。
親友と花屋に寄ったアリソンは、そこで行方不明の娘を探す女性と出会う。
ビラを見た瞬間、アリソンはその行方不明の少女が首を絞められて、
殺されるビジョンを見てしまう。そしてその夜から、毎晩のように夢で、
少女が殺されるシーンを見るのだが…。

最初はまたいつものとおり、夢から目覚めて話が続くのかと思いきや、
今回は回想シーンで出来たエピソードでした。
さすがにアリソンをやせさせることは出来なかったものの、
まあ妊娠中だしということで、なんとなくごまかしつつ。
でも、髪型や髪の色、服装などで、ジョーとアリソンはもちろん、
ジョーの両親もちゃんと若く見えていたなと思う。

以前、アリソンとジョーは実はちょっぴりできちゃった結婚だったと言う話が出てきたが、
一度結婚式が流れたというのは、初めての話だったと思います。

アリソンの旧姓はベノワだと思っていたのですが、ローレン?
今回ベノワおばあちゃん(エレン・ギア)が初めて出てきたけれど、
なんだかややこしくなってきました。ジョーのお父さんは、
呼んでもいないのにしょっちゅう出てくるのに、最近おばあちゃんは
全然出てこないのね。最近って言うか、ドラマ始まって初めてだし。
でも、アリソンがどれほどこのおばあちゃんのことを大好きで、
信用していたのかは見ていてよくわかりました。
かわいらしいおばあちゃんで、よくわかってる人なんだなという印象です。

あとちょっと不思議だったのは、アリソンの娘たちは能力早咲きですが、
アリソンは意外と奥手だったのだろうか? S1のパイロット版で、
自分の夢はきっと正しいと思って警察に連絡したアリソンだけど、
このエピソードを見るに、それまではあまりこういう夢は見てないようだった。
昼間にビジョンを見ることはあったのかもしれないけれど、
夢でっていうのは、割と遅く開発された能力だったのかもね。
どちらにしろ、アリエルがひどい目にあわずに済んでよかったです。

ま、こんなわけで結婚したアリソンとジョーだけど、今も幸せに暮らしていて、
子供たちもいて。やっぱり諦めないでよかったですよね。
おめでとう!

tag : ミディアム

ミディアム6 第15話 兄の結末

Medium 6 #15 How to Beat a Bad Guy

 

アリソンは夜、食材を買った帰りに、スーパーの駐車場で強盗に襲われる。
カンフーマスターのような華麗な技で襲ってきた男どもを撃退するアリソンだが、
目覚めるとそれは夢だったとわかる。襲われた恐怖をぬぐえない彼女は、
病院でキラ(ローラ・プレポン)という女性に出会う。彼女はレイプされた過去を持ち、
恐怖を忘れるために護身術を見につけたと言うのだが…。

いつからこのドラマ、こんなにブラックになったんですっけ。
このシーズン、妙にこういう懲悪するために、あえて放置みたいな、
微妙な結末をつけるエピソードが多いような気がする。
気持ちはわからないでもないけど、これでいいのかなぁ?

キラ犯人説は、最初にあのタイミングで現れたときから、
なんとなく見えていたような気がします。いくら護身術を教えていても、
定期的に骨折をするなんてやっぱりおかしいし、彼女の目が、
熱意と言うよりももう少し熱かったせいかもしれない。
どうにもならない恐怖と直面したとき、どれほどつらいのかは、
私は想像でしかわからないけれど、それでもある程度は女性である以上、
理解はできると思う。でも、だからといってそれを実行に移すかどうかは、
また別の話。

もし私がアリソンだったら、自分がおとり捜査を行っていた警官の命を奪ったとして、
かなりショックを受けるだろうと思うのだが、アリソンは冷静でしたね。
こんなことをする犯人が悪いと言う信念の元なのかわからないけど、
ちょっとアリソンらしくない気がしてしまいました。
らしくないといえば、スキャンロンもそうなんだけど。

スキャンロンが意外とやんちゃだったというのはこれまでも出てきたが、
犯罪者の兄がいると言うのは、初だったような気がする。
虐待の過去だったり、いろいろな話が出てきていますけど、
こんな家族の歴史があると、よくリーはまともに育ったなと思ってしまう。
子供の頃は、お兄ちゃんとの絆も強かっただろうに、こんな結末になってしまうとは。

キラがポールを始末しているであろう間、リーの頭の中には、
どんな思いが去来していたのだろうか。救いたいと言う思いはあっても、
自分の力では本当に兄を助けることはできないという絶望が、
この行為を許してしまったような気がします。
なんでこんなことになってしまったのかな。悲しみがリーの表情に見て取れました。

最初のアクションシーン、パトリシアは撮影を楽しんだでしょうね。
夢かなと思ったら、妄想だったようで。ちょっとおもしろいシーンでした。

tag : ミディアム

ミディアム6 第14話 ホンモノをさがせ

Medium 6 #14 Will the Real Fred Rovick Please Stand Up?

 

大富豪の老人、ドナルド・キッシンジャー(ウィリアム・シャラート)が自宅で、
若い妻、マロリー(エレン・ホールマン)に階段から突き落とされたあと、
つぼで頭を殴られて殺される夢をアリソンは見る。翌朝検事局に向かうと、
ある男性に会うのだが、それから先、アリソンはあう人物すべての顔が、
同じ男性に見えてしまうという現象に悩まされる。原因がわからないまま自宅に帰り、
翌朝目が覚めると、ジョーまでが同じ男性の顔になっていた…。

ディードリッヒ・ベイダーのてんこもり。
ファンの人は嬉しかったかもしれないけど、ちょっとtoo muchね。
これ、でも撮影は楽しかったんじゃないでしょうか。まさにコスプレ。
なかでも検事局を尋ねてきた女性の役はすごかったと思います。
ミニのワンピースで、特注としか思えないでかいハイヒールを履いて、
巨人みたいになってました。最後のマロリーになってしまったときの、
あまり美しくないビキニ姿とかね。ちょっとおもしろかった。

だけど、アリソンとしてはパニックだよねぇ。
見る人みんなが同じ顔。テレビをつけても、町を歩いても、
家に帰ってきても、捜査でも。誰が誰なのか見分けがつかないし。
おもしろいなと思ったのは、顔が見えない電話の声は本人の声なんだけど、
本人が目の前に現れると、別人+別人の声。余計に混乱します。
よるお預けを食らっているジョーにはちょっと笑ってしまいましたが。

それはともかくとして。
IDを盗むってよくきくけど、ここまで大々的になるとすごいですよね。
しかも最後に逃げおおせてるし。悪いものから盗んで、
庶民から盗んだものは利息をつけて返したりしたことで、
最後にちょっと義賊っぽくなってたけど、こんなのもアリなんだ~。
マロリーのいやらしさがあったので、全然気の毒には思えなかったけど。

一方アリエル。
ミスター・ティーファーズ(イアン・リード・ケスラー)は厄介でしたね。
でも、しっかりハンドルしているアリエルをみて、本当にお姉さんになったなと感激。
最初に彼の姿を見たときに、ジェブを抱き上げてかばう様子だとか、
最後に正面切って彼と対決してる姿だとか、もしアリソンが見たら、
きっと誇りに思ったでしょうね。しっかりしたお姉さんになったなぁ。
それにしてもこのティーファーズは情けないのもいいとこだよね。
昔の彼女が彼と別れたのは正しい選択だったんだと思う。

tag : ミディアム

ミディアム6 第13話 少女たちの物語

Medium 6 #13 Psych

 

アリソンはサマー(ダニエル・パナベーカー)という少女が猫を殺す夢を見る。
翌日、精神病院から脱走した少女、キーリン(アレクサンドラ・クロスニー)を探すため、
スキャンロンとアリソンは施設の医師と会うことに。手がかりを探すアリソンは、
キーリンの部屋で、夢に出てきた少女、サマーがルームメイトだったことを知る。
サマーは13歳のときに両親を殺して、施設に入れられることになったのだと言う。
その後の夢でアリソンは、サマーの兄が両親を刺殺したと知るのだが…。

またもや「シャーク」のジュリーの登場。
この子はかわいくて好きなんだけど、こういう役をやると怖いね~。
最初はちょっと危ない子、それから無垢な被害者、
兄に利用されても我慢する少女、そして実はその素顔は…。

う~ん、これまでもこうやってアリソンを出し抜こうとする犯人はいっぱいいたけど、
たいていはみんな大人だったし、家族を手にかけてまでというのは、
あまりなかったように思います。両親を殺すことを提案された兄は、
どういうふうに思っていたのであろうか。結局サマーと違って、
チャドのほうはほとんどフィーチャーされなかったので、
アリソンの夢と、一部のシーンでしか、彼が出てこなかった。

親殺しをしようと妹に持ちかけられ、そして実際に両親を手にかけたとき、
彼はどのように感じたのだろうか。両親は彼らにとってどんな存在だったのか。
まるで逡巡を感じさせない兄妹の姿に、背中が冷たくなるような気がします。
そして兄に両親を殺させたあと妹は、ついに兄の命をも奪う。
親友であると語ったルームメイトのことさえも。普通に見えるのに、
中身はモンスター。こういう人のほうがずっと怖いですよね。

最終的にアリソンの活躍で、彼女を裁くことはできそうではあるけれど、
なんとも後味の悪い事件でした。

そして今回は…。
なんといってもブリジットの初恋(!)ですよね。
食欲ばかりのブリジットも、ついにそんな年になったのか~。
本当に観ていてほほえましくて、かわいかったです。
そして、戸惑うブリジットの相談に乗ってあげるアリエルも。
姉妹っていいなぁって思いました。これからが楽しみです。

tag : ミディアム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。