スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリズン・ブレイク4 第22話 決着!

Prison Break 4 #22 Killing Your Number

 

偽物のスキュラに仕掛けた爆弾で、クリスティーナを吹っ飛ばす予定だったが、
リモコンの動きが悪く、結局手動で爆弾を爆発させることに。
マホーンはリンカーンを抱えて逃げるが、クリスティーナは死んでいなかった。
マイケルたち全員一致の意見で、スキュラを壊そうと言う話になるのだが、
いざというときになって、ケラーマンからの電話が入り、免責の話が持ち上がる…。

なんだろう、このどうにもしっくりこない感じは。
一応話としては決着して、みんな免責になって、マイケルが死んだこと以外は、
めでたしめでたし、な終わり方なのだと思うけれど…。

マイケルの死亡はなんとなく想像の範囲内だったので、
まあこんなものかなっていうところ。ここまで全員かなり苦しんできたので、
こうしてみんな(ティーバッグさん以外)は幸せに暮らしていると言うのは、
いいことなのだろうと思うが、もうちょっとひねりがほしかったような気もする。
いきなりぽーんと時が飛んで4年後と言うのはどうも…。

前回ポールが誰かと言うのは、本当にわからないでいたのだが、
ケラーマンであっていたのですね。LAにいるはずなのに、
シャーロットがいつまでたっても許してくれないから、
いやになってマイアミまできちゃったのでしょうか?
しかし、あまりに久しぶりの登場だったので、声を忘れています。
こんな声でしたっけ? 全然覚えてない。最近見ているPPのほうが
記憶に新しいので、その声と違うから違和感を感じてるのかも。
しかも4年後はなんと議員? 彼も結構な後ろ暗い過去があるはずなのだが、
彼を雇っていた国連(?)はどんな魔法を使ったのだろうか。

セルフもまだ生きていたんだね。意外としぶといなぁ。
しかもこんな状態になって、文字を書かせるとか、無理っぽくない?
なんであのじとっとした目だけで、マイアミにマイケルたちがいるとかわかるの?
あの尋問してる捜査官はテレパスなんでしょうか。
アレックスを捕まえられたのはすごいけど、あんまりこの人たち頭よくないよね。
自分勝手に裏切ったり戻ってきたりを繰り返したセルフは、
結局死にはしなかったものの、あの薬の副作用で身体が不自由になり、
4年後も施設で車椅子、しかもまともな意思表示も出来ない状態。
まあ、これは仕方ないかな。

しかしスクレはやっぱりいいやつだなぁ。
結局こうやって貧乏くじを引いてしまうのだよね。車でパトカーを止めて、
マイケルたちを逃がすその姿も、あほなFBI捜査官たち相手に、
えさをちらつかされても断固として断るその姿はかっこよかったぞ。
シーノートはケラーマンを出すため(=マイケルたちを助けるため)に、
シナリオ的都合で出てきたように見えましたが、最後に将軍を片付けて、
なかなかいい役どころだったと思います。

ティーバッグさんは相変わらずフォックスリバーに戻されて、
裏返しポッケをつかませて牢名主みたいになってるっていう。
ここは変化はないけど、久しぶりにフォックスリバーの、
緑の映像を見れたのは懐かしくてよかったと思います。
彼の場合、シャバにいるより、こっちのほうが好き勝手できて、
ある意味安心してそうな気がしないでもないし。

アレックスは部下の捜査官と一緒になることにしたのね。
彼女がアレックスに少なからぬ思いを抱いていることはわかってたし、
彼女の助けなしにはここまでこられなかったと思うから、
その気持ちがアレックスに届いたっていうところかしら。
このカップルはよかったかなって思う。パムはあんまり、
アレックスのことを気遣ってくれない嫁だったから。

兄ちゃんはソフィア(こちらもなんだか久しぶりな気がします)と、
二人うまくいっているようですね。LJは大学を留年してるようですが、
まあそれはたいしたことではないでしょう。かなり経験を積んで、
実戦には強そうだから、多少就職が遅れても取り返せそうだし。
そしてサラは。ちびマイケルを生んで、いいお母さんな感じでしたね。
マイケルがなくなったときはつらかっただろうけど、今は吹っ切れてるみたい。
元気そうで安心しました。

さて。特別編?となる「ファイナル・ブレイク」も放送してくれるようだ。
こちらは前後編での放送となるようなので、あと2週間で、
完全にPBも見納め。なんだか気が抜けてしまいそうです。は~。
関連記事
スポンサーサイト

tag : プリズン・ブレイク

コメント

Anneさん、テレビのエンディングに原題出てたのを教えていただき、ありがとうございました。
IMDb見ると、S4はしっかり24話となってるし、出演者の経歴見ると、PBとは別にファイナル・ブレイクの項目があるし…で混乱してました。
これで次回、すっきりといつもどおりにつっこめます楽しめます。
それにしても、マホーンが部下とくっついているのは予想外です。
確かに、パムといても「あなたといるとあの子がどうして死んだのか思い出してつらくなるっ!」ってことになりそうですものね。
マイケルの死と同様に、別の理由があるかもしれませんけど。

カクテキさんへ

こんにちは。
本国では24話扱いということは、特別編ってわけでも
ないということなのでしょうか? なんとなく日本の感じでは、
「特別編を作りました」なのかと思っていました。なんであれ、
あと2話、楽しんでみたいと思います。
マホーンの元奥さん、かなりマホーンがつらそうにしていても、
気がついてくれなかったりしたので、これでよかったのではと
思っています。空白の4年の間に何が起きたのか、
それがわかればもうちょっと、それぞれの人たちの
今のあり方に納得がいくのかもしれないですね。

この終わり方、ファイナルブレイクを観ないと納得できませんよね。
特にマイケルの最期は詳しく描かれるのか、単に葬り去られるのか。ともあれあと2話分ツッコミ倒せるのは幸せです。
今回あまりにもマイアミが狭いことと、母ちゃんと兄ちゃん、マイケルの生命力のすごさに唖然としました。怪我ひとつ負わずに母ちゃんはリベンジに来るし、サインするときは兄ちゃんはまるで健康体だし…実は親子なのかもしれません(爆!)

Garotoさんへ

こんばんは。
知らぬ間に時間が飛んでしまった最終回(?)は、説得力が
うすかったです。マイケルの死因は普通に考えたのなら、
あの鼻血から、病気の再発なのかというところですが、
全部治ったはずなのに、なんだかおかしいですよね。
この空白の4年間、しっかり見せてほしいなと思います。

リンカーンは本当に強いですよね。あの状態なのに、
あっちこっちへと動かされたのに出血死しなかったし、
母ちゃんも爆発をよく切り抜けましたよね。実は親子説、
結構侮れないかもしれません。だとしたら母ちゃんのあの態度、
実は同属嫌悪?

こんにちは!
Anneさんは、この4年後の皆さんの様子にしっくりこなかったですか。やっとやっと手に入れたそれぞれの自由なのでこれもいいけど、もう少し笑えるものでもよかったかもしれませんね。
そのあたりをファイナル・ブレイクは埋めてくれるかもしれませんね。また一緒に大笑いしましょうね。

私的にはこの4年後の一番驚いたのがマホーンさんかしら。

シーノートってあんなに強かったでしたっけ?おいしい登場でしたね。まあおいしい思いをしたのはケラーマンもですがね。

りり・かさんへ

こんばんは。
皆さんのその後の様子というより、いきなり4年間、
ぽーんと飛んで、マイケルは死んでましたというのが、
なんだかしっくりこなかったんだと思います。理由も
よくわからなかったし。ここの所数話は、笑いの部分が
薄くなっていたような気がするので、今度はどーんと、
おもしろい台詞を入れてほしいですよね。
マホーンはわたし的には結構アリな結末だったのですが、
シーノートはそもそもあまりどうでもいいキャラとしか
思っていなかったので、なんで?と思ってしまいました…。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プリズン・ブレイク4 #22「決着!」 Killing Your Number

タイトルに偽りアリのことが多いので信じてませんでしたが、今回は本当に決着がついてしまいました。ぬぬぬ…?(笑) ポールはやっぱりケラーマン(護送中の襲撃、やっぱり救出班だったようだ。当時、「どこの組織だ?パパがいたところか?」と自分が書いていたのにびっ...

Prison Break S4-#22 「決着!」

これでおしまい?? 相変わらず最後まで緊張感たっぷりというよりは ツッコミどころたっぷりな展開。 でも呆気なさすぎるよね。 そしてい...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。