スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリズン・ブレイク4 第24話 ファイナル・ブレイク(後編)

Prison Break4 #24 Free



刑務所に送られてしまったサラを助け出すため、新しい計画を立てるマイケル。
監視カメラの死角をつぶされてしまい、スクレのアイデアである、
パラシュートで中庭に降りると言う考えを模索する。一方将軍は、
サラの息の根を止めようと、懸賞金を弾むのだが…。

なんだか消化不良でした。
マイケルがどうして死んだのかはわかったわけですが、でもそれだけでした。
一体、このサラが捕まり、最後にもう一回ブレイクするというプロットが、
どうして必要だったのかがさっぱりわかりませんでした。

結局マイケルの人生はほぼ、刑務所に入り、そこから脱獄するを繰り返す、
そういう印象がついただけっていうか。最初に始まったときは、
リンカーンの罪の謎もよくわからなかったし、兄を助けるために、
自分も罪を犯して刑務所に潜入して、そこから必死で逃げ道を探るという、
かなりどきどきする展開だった気がするのですが、ブレイクも3度続くと、
正直「またか」というのが本音だし、普通なら賢くなるはずなのに、
どんどん内容がチープになっていくのも微妙だし。

このドラマ、シリアスには見ていなかったので、チープなのも大いに結構なんだけど、
この最後の2話は、そのチープささえも中途半端で、どうせやるのであれば、
もっとはっちゃけてほしかったなぁ。最終的にマイケルはサラを逃がすために、
殉死したかのような扱いでしたが、悪性腫瘍も治っていなくて、
だからせめて、彼女を助けるために身を張ったっていうのもなんとなく…。

PBはこれまで、ずっと楽しんでみてきたドラマだったので、
終わってしまうのは本当に残念でした。でもそういうドラマだったからこそ、
最後はある程度納得させてくれる内容にしてほしかったんだけどな。
とはいえど、やっぱりもう続きがないと言うのは寂しいですね。
最後はちょっと残念だったと言う気持ちは否めませんが、
それでもこれまで楽しませてくれたので、ありがとうと言いたいです。
お疲れ様でした。
関連記事
スポンサーサイト

tag : プリズン・ブレイク

コメント

ついに終わってしまいましたね。
冒頭のビデオレターで結末が読めてしまいましたが、マホーンがマイケルを裏切らなかったからよしとします。
グレッチェンがいい人化してたのが副産物ということで。
今まで苦労して脱獄してたのに、今回のマイアミは呆気なさすぎ。これがマイアミらしさなんでしょう。どうせならマイアミの有名人たちにゲスト出演してもらいたかったな。
もうこれ以上突っ込めないと思うと残念です。

Garotoさんへ

こんばんは。
4年間、なんだかあっという間のようで、結構長かったかも。
途中息切れをしつつも、ついに最後かと思うと感慨深いです。
マホーンの裏切り(のふり)も計算されたもの、グレッチェンは
いい人になってよかったなと思います。
この2話での脱獄、さすがに早すぎますよね。これなら、
アメリカ中の刑務所から脱獄できそうです。ホレイショが出たら、
手伝ってくれたのか、逆ギレしてぶち込んだのか、
どっちでしょうね。寂しくなりますが、最後まで見れてよかったです。

とにかく、終わりましたね(笑)。
最後はタイトルを心に刻むために、もう一回プリズンをブレイクしないと気がすまなかったのでしょうね。
メロドラマチックなのにはがっかりしましたが、
マホーンの男気に免じて許します。
そして、ティーバッグさんは最後までティーバッグさんだったというのもお見事です。
「世間的にはシリアスにヒットした」と「笑いが満載」が結びついた、こんなドラマは貴重だったと思います。
もうつっこみがいらないのだと思うと寂しい限りです。

こんにちは!

>彼女を助けるために身を張ったっていうのもなんとなく
そうですよね、これだって兄ちゃんの得意技なはず。何度もやったじゃないですかね。SONAに裁判所に・・・。なぜに身を張る必要あったのでしょうね。

今までが今までだけにどうまとめていいのやらこれが精一杯だったのかもしれませんね。(笑)
まあ、4シーズンも笑い転げるドラマはほかになかったのでよかったと思います。
マイケルはきっと他のドラマでもきっと笑いを振りまいてくれることでしょう。

カクテキさんへ

こんばんは。
本当に終わってしまいましたね。なんだか気が抜けました。
>最後はタイトルを心に刻むために、もう一回プリズンをブレイク
そうか~、これが理由ですかね。それならまあ納得かしら。
マホーンは最後まで素敵でしたよね。そしてティーバッグさんも、
ある意味ぶれない、いいキャラクターだったと思います。
世間的には本当にシリアスだったのでしょうか。
その辺、最初の3話くらいはそうだったかもしれませんが、
どうも素直にうなづけない自分がいます。
終わってしまったのは寂しいですが、間違いなく心に残るドラマでした。

りり・かさんへ

こんばんは。
確かにマイケルよりも、兄ちゃんのほうが捨て身作戦は、
得意だったかも。マイケルがそんなことを考えるから、
かえっておかしな方向に向かってしまったのでしょうか。
なんだかソープっぽい展開はちょっと余計でした。

>今までが今までだけにどうまとめていいのやら
風呂敷広がっていましたものね~。こうでもするしか、
彼らにとっては手がなかったのでしょうか。
本当に4年間、つっこみ倒して楽しみました。
別のドラマに出ても、きっとマイケルはマイケルな気がします。
そのときはぜひ、一緒につっこみましょう!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Prison Break S4-#24 「ファイナル・ブレイク(後編)」

あまりにクサ過ぎる展開 勘弁して! いきなりマイケルのビデオレターにドン引き。 こりゃ間違いなく「さようなら」の暗示です。 TW「別れ...

プリズン・ブレイク 「ファイナル・ブレイク 後編/Free」

プリズン・ブレイク ファイナル・ブレイク [DVD](2010/02/03)ウェントワース・ミラードミニク・パーセル商品詳細を見る PRISON BREAK プリズン・ブレ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。