スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロジェクト・ランウェイ7 第10話 いかすぜ! マイプリント

Project Runway 7 
#10 Hey, That's My Fabric


ついにデザイナーも7人。来週から必ず全員がランウェイに残される。
そこからがさらにおもしろくなりますよね。

今回のテーマは、自分でデザインした生地を使っての服のデザイン。
自分たちで生地をデザインするって言うのは、初めてですよね。
このショーは本当に大掛かり。すごい

今回のゲスト審査員は、ファッションデザイナーのヴィヴィアン・タム。
以下、ハイジ⇒ハ、ニーナ⇒ニ、マイケル⇒マ、ヴィヴィアン⇒ヴ。

エミリオ・ソーサ 43歳
生地は自分の名前をグラフィックにしたもの。
デザインは黒でアクセントを置いたワンピース。
服のデザインと色の組み合わせは好きでしたが、あの生地のデザインは、
なんかダサく思えました。ルイ・ヴィトンとかを真似した感じがするし。
ティムがつっこんでいたのがおかしくて仕方ありませんでした。
でも、エミリオのあの態度はいただけない。馬鹿にしててむかついたとか言って、
ティムがそういう人じゃないことは、よくわかっているだろうに、感じが悪かった。
ハ:正直私はこの服に恋しちゃったわ
ニ:頭のてっぺんからつま先まで素敵

セス・アーロン・ヘンダーソン 37歳
女の子の顔を一部デフォルメした生地。
デザインはジャケットにパンツスーツ。
今回もいかにもセス・アーロンの服。
すっごくほめられてたし、かっこいいデザインではありましたが、
なかなか普通の人が着るのは難しい服だなって感じがしました。
だけど、彼の路線は一般人相手じゃないし、これでいいと思います。
マ:隙がない服だ
マ:限られた予算と限られた時間の中であそこまで洗練された服を作るというのは、見事というしかない
ハ:自分らしさがあるし、枠に収まるということがない

マヤ・ルース 21歳
黒地にブライトオレンジで線を入れたスタイリッシュな生地。
ワンピースドレスをデザイン。
色は難しい色だけど、すごくおしゃれで素敵でした。
ニ:とても見事なプリントを作り上げたわね
マ:異質の要素が奇妙に両立してうまくいってる
マ:どこから見ても心惹かれるドレス
ニ:生地がちゃんと狙い通りになってた

ジェイ・ニコラス・サリオ 31歳
グリーンのラインがいくつも入った生地。
タートルネックを使ったパンツドレス。
ジェイはランウェイに残されなかったのでわかりませんが、
首がないみたいに見えてデザインは微妙だったような気がします。
ミリタリーっぽいというよりは、カメレオンっぽかったかも。

ミラ・ヘルマノフスキ 40歳
白地に原色のラインをラフに入れた生地。
服はロングドレスをデザイン。
ネイティブアメリカンの白いテントとエミリオに酷評されていましたが、
確かにこの生地、オリンピックカラーで線引いてみましたってだけで、
ドレスも面白みがなかったです。
マ:メキシコのショールか、ゲイのパレードで掲げる旗か?
ハ:時が止まったみたい
ニ:いいプリントとはいえない。使い方にも思い切りがない
ヴ:一貫性にかけてる
ニ:楽な道を取ってた
マ:何一つスペシャルなところがなかった

ジョナサン・ピータース 29歳
パステルブルーに水玉を落としたような生地。
服はジャケットにホルターネックのワンピースドレス。
汚れたテーブルクロスと酷評されたジョナサンの生地とドレスですが、
私は嫌いではありませんでした。確かに絵の具こぼしちゃったみたいに見えるけど、
あのプリント、私は結構好きでした。トップスでシースルーのブルーの生地と、
プリントが合わさってるデザインはいまいちだったけど、
あのネックラインのシフォンの感じとかは素敵だったと思うんだけどな。
ただ、あのジョナサンの逆ギレっぷりはいただけなかった。
マ:ジャケットはただのディスコ風拘束服だ
マ:汚れたテーブルクロスに見える
ニ:この服はどこを取っても悲惨だわ
ニ:これを見てると悲しくなる
ニ:考えすぎの妙な服

×アンソニー・ウィリアムズ 28歳
紫に黒で幾何学模様を描いた生地。
ワンピースドレスをデザイン。
彼の作った生地は結構好きでした。あの生地でのスカートとかがあったら、
着てみたいなって思うんだけど、デザインが面白くないとけちょんけちょんでした。
マ:服をつまらなくしてしまうテイストをいまだに捨て切れていない
ハ:このシルエットはあなたの服で何度も見たわ
ニ:言い訳ばかり
ヴ:彼はもっと攻めなきゃだめ

プリント柄を作るのに、こんなふうにパソコンでやると次の日にはできるなんて、
今はすごいなぁ。これってデザイナーの夢ですよね。
ていうか、自分でもちょっとやってみたいなって思うプロジェクトでした。
でも、せっかくの大掛かりのプロジェクトを、生かせていないデザイナーもいて残念。

今回は大好きなアンソニーが脱落でがっくり。
デザイナーのみんなにも彼は人気だったようで、寂しくなりますね。
こういう明るくて、毒のない人がいなくなっちゃうと、ぎすぎすしちゃいそう。
モデル側にもセスのモデルのことでちょっと波乱が。
みんな拍手をしていたけど、実際には抜けてほしいっていう思いがあったんじゃないかな。

キャリーは今残っているモデルたちにはいない、クラシカルなタイプで、
品のある服が似合うので、抜けてしまったのはちょっと残念でした。
残ってるモデルの中で、クリスティーナとブリタニー、ロレーナは、
正直あんまりよさが理解できないんですよね。ま、この辺は好みですね。
審査員はキャリーが太って見えるといっていたけど、彼女は太ってないけど、
ほかのモデルほど細くないのは事実だと思うんですが、どうでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

同感です!

エミリオの柄って、私の100均で買った傘の柄の色違いみたいでした。笑
あれがひと目みただけで好きになっちゃうハイジに??で、ティムの意見に賛成でした。人の感覚って不思議です。
スタイルはいいと思いましたが、あの柄はねぇ。
セスの生地はしゃれていて好きでした。
アンソニーがいないと寂しいですね。
今回こそミラが脱落かと思っていたのに…だって歩けないドレスって…
いつも辛らつな審査員たちですが、今回のジョナサンへの批評は批評というより、意地悪にしか聞こえず不愉快でした。バカにしているというか。
確かにいい生地ではなかったけど。
しかもモデルさんを裏切ったけど!!怒

私はロレーヌ、お気に入りです。
人形のようで何にでも化けそうな雰囲気が好きです。クリスティーナもかわいくて好き。
ただブリタニーの良さは良く分かりません。
モデルのバトルという感じはしないですよね。
毎回モデルチェンジしなくちゃ、デザイナー任せじゃつまらない!

びちさんへ

こんにちは。
びちさんもですか!? エミリオの服、ドレスは素敵だったのに、
プリントはいまいちでしたよね。しかも実際読めなかったし。
セスはいつもセスを主張してる感じで、でもそれがうるさくないので、
うまくまとまってるなと感心します。まだ今週の見てないですが、
アンソニーのいないランウェイは寂しそう。
ジョナサンの服、そんなにひどかったですかね。確かに
どちらかというと、意地悪な感じがしてしまいました。

モデルは本当に好みですよね。アレクシスがいなくなって、
みんななごんでるし。私のお気に入りは、モニークかな。
ホリーが落ちてしまったので。そろそろ全員強制モデルチェンジが
あってもいいころかなって思います。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。