スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーン・ノーティス4 第18話 スパイの結末

Burn Notice 4 #18 Last Stand

リストを手に入れたマイケルたちだが、ヴォーンを止めるものがなくなり、
チームには危険が迫る。マイケルたちはどうするのが一番いいかを考え、
以前脅したことのある下院議員、カウリーの手にリストを渡すことを考える。
ついにヴォーンに最後通告をされたマイケルたちは、リストの隠し場所について、
核施設を考えるのだが…。

このシーズン、結構マデリンが巻き込まれていますよね。
息子の危機となれば、もちろん放っておけるはずもないけれど、
ジェシーやフィオナ、サムと違って、本当の素人なので、
見ていて心配になってしまいます。それがわかっているからこそ、
マイケルたちも必死になって守るんでしょうけど、
今回ばかりはさすがに危なくて、かなりきわどいところでした。

マイケルたちはいつも少数での戦いだったけど、
今回はサムもいないし、ジェシーが大怪我をしてしまったのが痛い。
一度フィオナに失恋した彼だけど、今回そんな状態で塩を送る、
ジェシーがなんだか切なかった。フィオナは結構トラブルだし、
このほうがいいとは思うけど、気持ちはどうしようもないよね。

フィオナがマイケルを大切に思っているのはわかるし、
マイケルもそうなのはわかるけど、どうも最近は、
彼女がこのドラマに残っている必要性をあまり感じない。
どちらかっていうと面倒を起こすことのほうが多いから。
マイケルが変われないように、フィオナも変われないからなぁ。
視聴者は彼女の暴走を我慢するしかないのかな。

しかし、今回の戦闘はかなりきつかった。
主人公だし、大丈夫だとわかってはいても、ちょっとはらはらしました。
最後のシーンでは息が白かったので、ロシアにでも連れて来られたのかと思いきや、
まさかDCとは思いませんでした。マイアミが舞台なので、
基本的に季節感がまったくないから、今が冬だとはわかりませんでした。

次のシーズンもさらに深みにはまっていくことになりそう。
ジェシーやサムも大丈夫なのか。気になるところですね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。