スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はラブ・リーガル2 第13話 時を止めないで

Drop Dead Diva 2 #13 Freeze the Day



ハンティントン病に犯されているという女性、キャシー(グロリア・ルーベン)に、
病で自分の体が動かなくなってしまう前に、冷凍保存をしてほしいという依頼を受ける。
亡くなった後での冷凍保存はあるものの、生きている人間に対しては、
今までなかった依頼のため、ジェーンとグレイソンは死ぬための措置ではなく、
未来をつかむための措置というアプローチで弁護に当たる。
一方キムは、事務所に復帰したいというクレアと一緒にケースを担当する。
だが、クレアがレポートの件で、不正を働こうとしているのに気づき…。

まさか大晦日まで放映してるとは思っていませんでした。
すばらしいわ。

ハンティントン病というと不治の病なので、どうにかしていきたいと、
そう思う気持ちはわからないでもないと思ったけれど、
どうにも切迫感がないと思っていたら、そういうことだったのね。
彼女の気持ちはわからないでもないけど、生きている限りは、
やっぱり前に進むのをやめてはいけないと思う。
つらくても前へ進むことで見えてくることがあると思うから。
彼女ができることが夫を救うかもしれない。
間に合うためには、必死になるしかない。
すごくシンプルだけど、力強いメッセージ。彼女に届いてよかったと思います。

一方のキムの逡巡がなんだか新鮮で初々しかった。
彼女はいつもいい意味で男らしくて、正直グレイソンとかよりも、
心の強さを感じるのだけど、そんな彼女だって迷うことがある。
本人が思う以上に、パーカーに対して本気なんでしょうね。
そして、彼女自身の弁護士としての倫理観。
クレアは思った以上に曲者ですね。

キムがジェーンにアドバイスを求めるというのも意外でした。
彼女の中で、やはりジェーンはまっすぐな存在で、
背中を押してほしかったんだろうなと思います。
クレアにクビだといわれ、頭を高く掲げてもう終わりだというキムは、
その気位の高さが美しかった。彼女のこういうところが好きだなと思います。
でも、彼女が思っている以上に、パーカーは彼女に本気。
次のシーズン、二人の仲がどうなるかが気になります。

ステイシーとフレッドは順調のよう。
なんともかわいいおままごとっぽいカップルで、ゆっくり進む二人が、
見ていてとてもほほえましい。まあここは心配しなくても大丈夫でしょう。

ついにS2も終了、どういう引きで終わるのかなと思っていたら、
ジェーンではなく、グレイソンで引きでした。
これって、フレッドがいうところのルール違反をしようとしたジェーンへの、
天からの戒めなのでしょうか。なんか半分死にかけたせいか、
デビーの姿が見えてる? そのあと、また意識を失ったみたいですが、
どうなるのかな。次のシーズンも放映していただけるようなので、
続きを楽しみに待ちたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。