スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリーズ・ロー 第2話 26ドルの奇跡

Harry's Law #2 Heat of Passion

デミアンの顧客のひとり、クリーニング店をファン(ケイディ・クナ)から、
店を解雇した女性に訴えられたため、アダムは弁護を依頼される。
ファンの店では子供は一人までしかもってはいけないという就業規則があり、
その女性は2人目の子供を妊娠したため、解雇することになったのだった。
ハリーの店にはアンナ・ニコルソン(イルマ・ホール)という老女が訪れる。
お金がなく、食べるものがなくなったため、強盗をしたのだという。
87歳の彼女は刑務所には入りたくないというのだが…。

アダムが対決したトミー(クリストファー・マクドナルド)はデイビッドのドラマに
割とよく出てくるタイプの、ちょっとイっちゃった感のあるタイプのキャラだった。
それでも少し抑え目にしてあったので、気持ちがそれることがなくてよかった。
極限もいいんですけど、むしろ抑えるほうがおもしろさがじわっと効いてくる気がする。
このドラマはこのくらいで進んでほしいですね。

87歳の強盗おばあちゃん、アンナの結末はよかったと思う。
もちろん彼女のやったことは推奨できないし、本来払うべき代価はあると思うけど、
87年間、真っ当に生きてきた人が強盗をしなければ暮らせないなんて、
やっぱりどこか間違ってしまったのかなという気持ちがぬぐえない。
だから彼女は逃げなかったんでしょうね。刑務所に入るのはいやだけど、
だからって逃げ出すのも卑怯な気がしたのではないだろうか。
まさにタイトルの通り、神様がくれた奇跡のように思える。

法律だけを見たら、アンナが有罪になるのは当たり前。
システムである以上、法律に感情が入るべきではないと私も思う。
だけど、その対象が人間である以上、機械的にすべてを白と黒で、
二つに分けるのはどう考えても不可能ですよね。だから情状酌量があるし、
正当防衛というものがあるわけで。人間味を法律に加えるには、
やっぱり人間の力が必要なんだなって思う。
彼女にその後、みんなからの助けがあったならいいのだけど。

アダムのほうの裁判、プロボノだったんですね。
デミエン同様、彼が守っているお店も全部プロボノ対象になっちゃうのかな。
だとすると結構厳しくなってしまうと思うけど、この界隈で事務所を開く以上、
ある程度はハリーもそれは覚悟してたのかもしれないね。

アダムは立ち居振る舞いがあんなんだから腕がいいようには見えないんだけど、
心に熱いものを持っているし、依頼人のために真剣になれるところとか、
それだけで弁護士としての資質が高いと思う。それに加えての弁舌と、
頭の良さを示す切り返し。こちらの裁判はすごく分が悪かったと思うんだけど、
よく高等裁判所まで持っていけたよね。次の対決がどうなるのかが楽しみ。

チュンホワにアダムが言った言葉は、ちょっとぐっと来ました。
クオーターバックになれなかった彼にとって、今日の裁判は華だった。
憧れのきれいな女の子が自分の後ろで応援をしてくれる。
確かにこれって、男の子にとっては、夢のシナリオなのかもしれない。
彼女との仲がこれからどうなるのかはわからないけれど、
少なくともレイチェルとよりはお似合いですよね。
次回の裁判も含め、うまくいくといいなと思います。

アンナのようこその言葉のように、やっと彼女たちも根を下ろしはじめた。
これからの事件にも期待です。

関連記事
スポンサーサイト
コメント

厳しい言葉の中にあるのは

辛らつな言葉をバシバシ浴びせるアンナが最後にハリーたちを歓迎したのに感動しました。
ハリーも意地悪そうにしてるけど、ジェナに慕われているのを見ると、やっぱり優しいイイ人なんだなと思います。
ハリーが弁護したら、結構凶悪犯罪でも(アンナみたいに)無罪にして!って思えちゃう。普段は私はルール遵守なんだけど。汗
アダムも変人だけどイイ人。
トミーとのやり取りが面白かったです。
しかしレイチェルとよくお付き合いできたなぁ~笑

びちさんへ

こんばんは。
最初は文句を言っていたアンナですが、それも彼女のやり方だったんでしょうね。
最後に笑顔を見せてウェルカムというのを聞いたとき、
本当によかったなと思いました。
ハリーも口は悪いけど、心はやさしい人ですよね。ジェナはまだ、
そんなにフィーチャーされていないので、これから彼女のことも、
少しずつわかってくるかな。
アダムはおもしろいですよね。結構神経質だけど、
だから適当なハリーといると、むしろいいのかもしれません。
レイチェルとアダムはぜんぜん違いますよね。これからも彼女は、
また出てきたりするんでしょうか。トミーは出てきてほしいです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハリーズ・ロー #2「26ドルの奇跡」

 ハリーの向いのクリーニング店のラオがわめきながらやってくる。ラオの美しい娘チュンホワにクビにした従業員に訴えられていて助けて欲しいと言われたアダムは喜んで弁護を受けてしまう。一人っ子政策を取り...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。