スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラザーズ&シスターズ5 第11話 年の差スキャンダル

Brothers & Sisters 5 #11 Scandalized

学長の息子、セスとの関係が深まるキティだが、そのことがどこからかもれ、
You Tubeに二人が密会する様子が上がってしまい、大騒ぎになる。
もと上院議員候補だったこともあり、パパラッチにまで追いかけられることに。
ジャスティンは看護師のアニーと少しずつ愛情を深め合うが、
当番が忙しくてなかなか会う時間を作ることができない。
ノラはカールとの夕食の約束をしていたのだが、キティが困っていると知り、
セスと二人を勝手に夕飯に招いてしまい…。

ノラとカールがダメになってしまったのが残念でした。
何度か素敵な人と出会っては、うまくいかないことを繰り返しているので、
最終シーズンこそ、このドラマとこの家族の核であるノラに、
ハッピーな結末が訪れてほしかったのだけど、なかなかそうもいかないようで。
ただ、彼女にとって家族はやはり生命なので、そこが受け入れてもらえないと、
やっぱり難しいのかもしれない。ノラの表情は辛そうではあったけど、
もう「わかってしまった」顔をしていましたよね。
これからもう一度なんてことがないかなと期待しているけど、どうなるでしょうか。

ケヴィンが割り込んできたことで、なんだかディナーは混乱してしまった。
もしこれが、キティとセスだけだったなら、もしかしたらもうちょっと、
カールがおびえることはなかったのかもしれない。ただ、ファミリーイベントがあれば、
必ずこういうことが起こるウォーカー家なので、早めに洗礼を受けて、
ダメならダメとわかったほうが、よかったのかなとも思う。
ちょっと複雑な心境。

キティとセスは、一応幸せなようですね。
彼女はロバートを見送ってから、短期間の間にもう二人目なんだけど、
彼女の役柄は自己本位の権化だから、仕方ないのかな。
離婚したとかじゃなくて、死で見送ったという設定を考えると、
あまりに軽いなぁと思う気持ちは否めないんですけどね。
死別したら一生パートナーを探すなというわけではなく、
もう少し喪に服す期間があってもいいんじゃないのっていう気がしてしまうので。
彼女の場合は、彼が長い間人工呼吸器で生かされているのを見ていたので、
あの交通事故から数えろってことなのかなぁ。それにしても1年半くらいだから、
やっぱり長くないとは思うけど。

ジャスティンもレベッカがいってしまってからそんなにたってないことを思うと、
やっぱり早いなって言う気もします。嫌いになって別れたわけではなく、
一緒にいるとつらいからという理由で、愛情があるのに別れたことを思うと特に。
ただ、そばにいることがむしろ相手を傷つける、ヤマアラシのジレンマだったから、
こちらはお互いに前へ進むために必要なことなのかなという気がします。

このウォーカーの人たちを見ていて思うのは、彼らは常に全力ですよね。
それってすごいこと。自分の幸せのために貪欲であるというのは、
すごく大切だと思う。ここまで感情的にぶつかり合うのは、
必ずしもいいことばかりではないけれど、いつでも真剣って言うのは、
やっぱりすばらしいなと思います。自分にも見習わなくてはと思うことが多いです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。