スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナース・ジャッキー3 第4話 ミトンの中身

Nurse Jackie 3 #4 Mitten

ジャッキーは地価の洗濯室で、薬をいろいろな場所に隠してから出勤する。
オハラとのランチではいじめられたウェイトレスをかばうことに。
ランチの席でアカライタスからERの主任の職をオファーされたことを
オハラはジャッキーに話す。クーパーはサムからER主任の話を聞き、
アカライタスに自分も主任となるだけの資格があるからと立候補する。
ケヴィンはエディーの就職祝いに、バーベキューパーティーを開くのだが…。

もうなんか、アカライタスが出てるだけでおかしい。
彼女、最初にドラマが始まったころは、いろいろと細かくてうるさい、
どちらかといえば、敵とまではいわないまでも、
ジャッキー側ではない人だったのに、どんどんと役が膨らんできて、
ドラマのコメディサイドを支える人に成長してきた気がする。
今日の寄付温度計とか。彼女の出番が増えるとうれしい。

今回は特にコメディシーンがうまかったなと思う。
奥さんが出産間近だという男性、イーサン(マッキャレブ・バーネット)とか。
あんなに不安そうにしていたのに、ジャッキーが処方した薬でハイになり、
今度は立ち会いたくないと言い出し、ジャッキーに無理やり連れて行かれた
エレベーターの中のこともおもしろかった。どうにか彼を送り出した後、
幸せそうだった新生児を連れた夫婦が一瞬にして冷める様とかね。
この辺のタイミングとか、秀逸ですよね。

やっとオハラとの関係が戻ってきたジャッキー。
まだまだジャッキーが自分のことを認められていない以上、
これからも問題は起こるだろうと思うけど、彼女にとって友達は、
正直オハラ以外いないので、これから自分と向き合っていくためにも、
彼女の助けは必要ですよね。オハラだってジャッキー以外に友達はない。
お互いにお互いを支えないといけないし、ジャッキーが早く、
自分のことを受け入れられるといいけど。

チュニーはこれからドラマの中核に関係してきそうですね。
ケヴィンの思惑通り、彼女はエディーのことを気に入っているし、
エディーもまんざらではないみたい。ジャッキーは複雑そうで、
でも表立って反対はできないし、どうなっていくのかな。
最後に小さなミトンをなでるジャッキーの切ない表情が胸に残りました。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。