スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレイクアウト・キング 第6話 親子の陰謀

Breakout Kings
#6 Like Father, Like Son


ボーモント(ザック・ウォード)が刑務所で手に入れた小麦粉を使い、
爆弾を作って脱獄する。ボーモントのバックグラウンドを調べたチームは、
父親のエリス(ライアン・カトロナ)の農場を訪れ話を聞く。
だが、ボーモントたちは人種差別者で、取り上げられそうになった農場のことで、
いまだに政府をうらみに思っていた。ボーモントたちはチームの情報をハッキングし、
チャーリーの妻の下へ爆弾を送るのだが…。

この前から少しずつチームがチームとして機能し始めていたけれど、
今回もチームワークが感じられた。お互いに相手の足りないところを補い、
助け合えるのはいいことですよね。

それにしてもエリカは本当に足が速いんですね~。
あの遠くからの映像は別の人なのかもしれないけど、
まるで忍者みたいだった(笑)。
これから彼女がこうやって走るシーンが増えるかな。
あのタックルも見事だった。ロイドがぜんぜんこういうフィジカルなこと、
ダメだから、これからは彼女がこういう肉体労働担当になるのかも。

それにしても、ボーモントたちは本当にサイアクの犯罪者たちだった。
人種差別とか言うことを別にしても、なんの罪のない人たちに、
危害を加えても何も感じてないみたいだし、やり方が汚い。
こういうやつらについては、思う存分痛めつけてよし。

マリソルの襲撃を受けて、家にまっすぐに向かったレイ。
娘のことを大切に思っての行動なのに、彼の元妻と、
今のだんなのばかげた反論にいらいらしてしまいました。
正直に自分のパートナーの奥さんが爆弾で襲われたんだって言えばよかったのに。
そんなときに先に電話しろとか、あまりにばかばかしい。
とにかく無事でよかったけど。

ロイドは大丈夫かな。
お父さんのことがかなりショックだったみたい。
この話はまだ出てくるかもしれないですね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。