スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレイクアウト・キング 第8話 戻れない過去

Breakout Kings
#8 Steaks


カユガ刑務所。マッキャン(マシュー・ジョン・アームストロング)は、
マカロニチーズに毒を盛り、囚人の一人を殺害する。葬式をすることになり、
巨体の囚人の墓穴を掘るため、何人かの借り出される。遺体を隠し、
棺の中に隠れたデイ(ジョナサン・ケルツ)とともにマッキャンは、
刑務官を人質にとり、脱獄するのだが…。

以前もチャーリーの心臓の話しが出てきたことがあったけど、
この危ないシーンでこういうことが起こってしまうと本当に怖いよね。
たまたま今回はレイやシェイやエリカがそばにいたから、
バックアップが得られて足を撃たれるだけですんだからよかったけど、
ミッションの途中で、必ずしも助けられない場合もあるし、
そうなると本当に危険だ。チャーリーはそのことにイラついているのか、
ぴりぴりしてるし、そうするとチームにも影響が出るからなぁ。

チャーリーとレイだと、レイのほうがやさしいですよね。
口は悪いけど、レイって意外と面倒見がいいし、親切なところがある。
チャーリーがいらいらしているのも受け止めつつ、責めないでいてあげる。
ジュリアンが彼のことを好きなのも、その辺なのかもしれないですね。
前回エリカがレイのことを気になっているといっていたのは、
ジュリアンの背中を押すためなのかと思っていたけど、意外と本気なのかも?
このエピソードの最後のほうを見ていて、そんな気もしてきました。
どうなるかわかりませんが。

今回はロイドは暗号解読がメインで、フィールドワークではなくて、
バックオフィスでのデスクワークで居残り。ジュリアンとは、
結構いいコンビなのではないかと思う。この囚人3人の中では、
一番普通の人に見えるロイド。ジュリアンがここにいないときは、
どこにいるのかを忘れていたといったけど、犯罪者っぽくないですものね。
この二人ももう少しこれから仲良くなっていくのかな。

今回の逃亡犯、デイとマッキャンはそこまで悪い人には見えなかった。
でも、反動のように人間を殺すデイは、ちょっと怖かったけど。
そんなつもりはなかったのに、ちょっとしたつもりでやったことが、
自分の人生を変えてしまった。自分でやったことである以上、
誰のせいにもできないと思うけど、罪と罰が割に合わないことがあるのも事実。
気の毒だけどすべては自分がしたことが始まりだったと受け止めるしかないですね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。