スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロジェクト・ランウェイ2 第9話 ライバルに似合うスタイル

Project Runway 2 
#9 Makeover


ついにベスト5。後2回でファイナリストが決まります。
このテーマでは前回優勝のダニエルが審査免除。
この時点での審査免除はかなり大きいアドバンテージですね。

今回のテーマは、仲間のデザイナーに似合う新しいファッションを作ること。
お互いにお互いのデザインとは、好みもあるし、結構大変そう。

今回のゲスト審査員は、デザイナーのフレディ・リーバ。

以下、ハイジ⇒ハ、ニーナ⇒ニ、マイケル⇒マ、フレディ⇒フ。

クロエ・ダオ 33歳
モデルはニック。
黒のピンストライプのベストとパンツにピンクのシャツ。
こういう人、ウォール街とかにもいそう。でもよく似合っていた。
ベストの後ろがシャツと合わせてピンクなのがおしゃれでよかったと思う。
フ:彼にあってる
マ:きみは非常によくやったといえるよ

カーラ・ジャンクス 29歳
モデルはサンティーノ。
赤のチェックのパンツにベージュのシャツに白いインナー、帽子。
ひげをそって髪を少し短くしたら、ずいぶんすっきりしちゃって。
パンツの丈が微妙な感じはするけど、似合っていたと思います。
フ:彼によく似合ってる。パーフェクトだ
ハ:すっごく新鮮

サンティーノ・ライス 30歳
モデルはカーラ。
ベージュとブラウンを組み合わせたジャンプスーツ。
普通の人にジャンプスーツは似合わないって言うか、
そこまでスタイルよくないから、結構厳しい気がします。
オーソドックスなドレスにしたほうがよかったのに。
ニ:どうかしら。今時ジャンプスーツ着る人っている?
ハ:カーラは恥ずかしそうに見えるわね。ターンしてお尻を見せるのはイヤって
ニ:カーラが心地悪そうなのはそのせいじゃないでしょ。服のせいだと思うわ

ダニエル・ヴォゾヴィック 24歳
モデルはクロエ。
赤の挑発的なワンピースに皮のベスト。
彼女が一番変身したかも。確かにこの格好でバーにいたら、
お酒をご馳走してくれる男性が列に並びそう。正直、商売の人にも見えるけど。
マ:前回優勝してるから、こんなふうに思ったんじゃないのか。まあ今回は仕上げに時間かけることないやってね
ハ:私の知ってるクロエはヒップでキュートな女の子なのに、あなたの服で20歳くらいふけちゃったわ
マ:まるでソープオペラに出てくるような80年代のビッチーな女性って感じ

×ニック・ヴェレオス 38歳
モデルはダニエル。
グレーのスーツに黒のシャツ、つやっとした素材のスカーフ。
フェミニンだといわれていたけど、しわはともかく、私は結構好きでした。
ダニエルには似合っていたと思う。
フ:縫い目にあちこちしわがよってしまっている
マ:きみが選んだ生地は女物に使う生地だ
マ:わからんね、何を考えてたんだか。ボタンもポケットもなし。まるで女物のジャケットだ
マ:太っちょの坊さんがはくズボンじゃあるまいし

アンドレのモデルは、呼ばれたときから泣きっぱなしで、
気持ちはわかるけど、ちょっとプロ意識に欠けるような気がします。
このころはモデルの裏側は映っていないので、
人と人のつながりは見えていないのでわからないですが、
結構みんな仲良くなっていたみたいで、その分つらかったのかもしれないですね。

今回はメンズがまざってきたのもあって、結構苦労してましたね。
そして逆に男性陣がぱっとしなかった。ニックは大好きだったので、
彼が落ちてしまったのは残念。ムードメーカーでもあったし、
彼の作るデザインは割りと好きなものが多かったので。
ただ、今回はもう誰が落ちてもおかしくなったのも事実。

実力的には、カーラがこの5人の中では一番下だと思うのだけど、
この番組はそのときにベストのものを作った人間の勝ち。
そうあるべきだし、その観点で下された結果だから仕方ないですね。
さて。ついに次回、ファイナリストが決まりますね。
S2も大詰めですね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。