スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お仕事 6

ついに3月も最終週。
仕事が終了してから、実に3週間がたちました。

現在の状況としては、今も就職活動継続中で、いくつかの案件が進行中です。
前まで働いていたクライアント会社のお仕事(1)、シニアリクルーターの仕事(2)、
そしてリクルーティングマネージャーの仕事(3)の3つです。
ほかにも書類を出している案件はありますが、1週間以上返事がないものは、
ダメだったと思うので、現在イキなのはこの3件かなと思います。

1の仕事については、とりあえず宙に浮いている状態、
2は明日4次面接、3はたぶん今週か来週頭に2次面接です。
まだオファーはどこからも出ていませんので、どうなるかわかりません。

就職活動中の皆さんはどうやって受ける会社を決めていますでしょうか。
中には1件しか受けなくてもオファーがもらえて、就職が決まってしまう人もいますが、
私はそんなに器用ではないので、大抵それなりの数を受けます。
今回は強制終了で職探しをしなければならない状態になったにもかかわらず、
受けていないほうだと思います。

ただ、今回の職探しで改めて思ったのは、自分のやりたいことをやりたいということ。
給与の案件も受けましたが、まったく興味が持てませんでした。
結局熱意が伝わらず(熱意なんてないので)、お互いにお断りということになっています。
面接って体力も気力も使うものなので、もし興味がない案件であれば、
エージェントになんといわれても、受ける必要はないと思います。

そもそも受かっても受ける気のない仕事を受けるだけ、時間の無駄です。
やる気を出せず落とされれば、たとえやる気のない仕事だとしても、
いい気分ではないですし、「面接に落ちた」というネガティブな気持ちが残り、
さらに面接が憂鬱になるという悪循環。

もちろん面接に行ってみたら、興味がわくこともありますが、
「会社」にそこまで興味がないなら、そこで気分が変わることはあれど、
「仕事内容」に興味がない場合、会社がよかったとしても、
毎日やりたくない仕事をやることになり、結局長く続かない可能性があります。

私が今思うのは、自分が本気で取り組めることを探すこと。
私の中で一番の本命は、明日面接のあるシニアリクルーターの仕事です。
こちらは契約社員ですが、それでも社員としてやりたくない仕事をやるよりは、
やりがいもあるし、自分の力が発揮できると思っています。

人それぞれ、大切だと思うことは違うので、自分にとって一番大切なのは何か、
ぜひ問いかけてみてください。そしてそれが、あなたにとっての答えになると思います。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。