スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラザーズ&シスターズ5 第21話 運命を分けたあの日

Brothers & Sisters 5 
#21 For Better or for Worse


サラはブロディが本当の父親だったと知り、ノラを傷つけたことも含めて、
もう二度と自分たち家族に近づかないでほしいとブロディに告げにいく。
だが、その話を聞いたブロディはいてもたってもいられなくなり、
ノラに電話をかけるが、つながらないため直接訪ねてきてしまう。
ケヴィンとスコッティはダニエルに夢中になり、オリヴィアのことがおざなりに。
オリヴィアは問題行動を起こし、注意を引こうとするのだが…。

前回、そもそもノラのほうが先に浮気をしていたのかと思ったんだけど、
この回想を見るに、二人がそうなったのは、ウィリアムのプロポーズを受けて、
止めてほしくて訪れたあのとき一回だけのような感じですね。
ここで素直に一緒になっていれば、もっといろいろ簡単だったんだろうけど…。

ウィリアムはS1ですぐにいなくなって、ほかの残された家族たちの、
それぞれの道のりをずっと一緒に見てきて、その途中において、
ウィリアムの浮気の問題が何度も出てきていたけど、
結局のところ、ウィリアムは結構無理やりノラを自分の妻としていて、
彼女の気持ちがその後もブロディにあるような気がして、
不安でならなかったから、安らぎをほかの女性に求めてしまったのだろうか。
浮気に言い訳も何もないけど、そういうことなのかなという気がしてしまいました。

サラは大人だから、ある程度冷静に今回の事を受け止めたと思っていたけど、
やっぱりショックであることに違いはないよね。
前回はむしろ突然のこと過ぎて、ショックが染みてきてなかっただけなのかも。
なぜこの二人が引き離されてしまったのかをこうして見せられると、
どうにかできないかと思ってしまうけど、喜んで受け入れろとは、
サラにいうのは難しいのも事実。話を聞かずに出て行ってしまったので、
そこだけが心配だけど、次回は最終回とのことなので、大丈夫でしょう。

オリヴィアも少し引き取られてきたときと同じような不安定さを見せたけど、
スコッティとケヴィンのオリヴィアを大切に思う気持ちが通じたようで、
やっと笑顔を見せてくれた。オリヴィアはたぶん、ダニエルがいやというより、
また自分が家を失ってしまうのではという不安が強かったのだろう。
誰が新しく入ってくるかは問題ではなく、みんな家族なのだということ。
オリヴィアはその大切な一員で、これからも一緒にいたい。
一番大切なことを伝えることが大切、ですよね。

ただなんか、このダニエルの騒動については、すごく急だったように思う。
もはや1話しか残っていないので、どうにもできなかったんでしょうけど、
こうやって捨てるかのようにダニエルを置いてって、それでOKとは、
ちょっと話として適当というか、投げつけられた感が否めない。
オリヴィアも来たのだし、ダニエルの話はなくてもよかったような気はします。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。