スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミディアム7 第2話 運命のマーク



Medium 7 #2 The Match Game

アリソンは運命の恋人同士の額に同じマークが現れている夢を見る。
翌朝センテニアル公園での連続殺人事件の捜査に参加したアリソンは、
夢の中に現れた男性、ギル(トニー・ヘイル)が現場にいるのに気づく。
公園のそばのレストランのオーナーシェフだというギルの話を聞いたアリソンは、
病院に腫瘍の検査を受けに行き、担当医のジュディ(ジェシカ・ヘット)と会う。
夢の中同様、ギルとジュディに運命のマークが現れているのに気づき、
アリソンは二人を出会わせようとするのだが…。

なんだか今回の夢は、かなり込み入っていたような。

運命の相手とのマークがわかったらもちろんいいけれど、
もし本当に見えたら、その相手が見つからなくて焦って落ち込んだりする気がします。
実際に見えてしまったら、世の中のカップルのほとんどは、
運命じゃない相手とくっついていそうな気がするし。
ところが今回のマークというのが、いわゆる「運命の相手」というわけではなく、
良くも悪くも出会ってしまう運命の相手についていたというオチが、
結構皮肉っぽかったかなぁ。あのロジックでいくと、親子にもついてそうだし、
犯罪者とか、悪い組み合わせの人にもついてそうですよね。

いつもは悪いことばかり夢で見るアリソンなので、運命のお相手同士を
引き合わせられると、妙にうきうきしているのがかわいかった。
夢は例によってねじれた形で表に出てきてアリソンを裏切ったわけだが、
血なまぐさい事件にばかり振り回されるいつもの生活なので、
ハッピーな方面の夢だと喜ぶアリソンの気持ちもわかりますよね。

このドラマでは人が必ず死ぬので、そこにいやな気持ちはつき物なのですが、
今回出てきた人たちについては、誰もが本当に身勝手で、
こんなにいやな人もいるのかとため息をつきたくなってしまった。

自分のミスで患者の治療が手遅れになったのに、自分のミスを省みもせず、
なんの罪悪感にもさいなまれることもなく患者に手をかける医者。
お金を会社から奪い取るために、ありもしないセクハラ訴訟をでっち上げ、
平気で嘘をつくカップル。なんか間違ってるよね。

特にジョーの部下のリディア(レイナ・パリラ)については、
最初からこんなことでぐちゃぐちゃ騒ぐなんておかしいと思ったのですが、
ジョーに腕を強く掴まれたと言い出したときは、寒気がしました。
実際に手の大きさを見れば、ジョーがやったわけじゃないとすぐわかることですが、
こういうことをしてもなんとも思わないってことが怖いです。
なんか現代って、こういう人が増えているのかなと…。

だけど、そこにつながっていた、マリーの見た夢はちょっとおかしかった。
アリエルがお姉さんらしく、怖い夢を見たというマリーをなぐさめようとしたのが、
すごくやさしくてよかったし、そのあと、実は違う夢だったとわかり、
ジョー、アリエル、ブリジットの3人の顔に浮かんだ微妙な表情がおかしくて。
その辺の間合いがうまくてよかったなと思います。

関連記事
スポンサーサイト

tag : ミディアム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。