スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスパレートな妻たち7 第6話 苦渋の選択

Desperate Housewives 7
#6 Excited and Scared


ハロウィーンが近づき、子供たちは落ち着かない。仮装のことを考え、
楽しむのだが、ホワニータはグレースばかりガブリエルがかわいがるのを、
おもしろくない思いで見ていた。トムの母親の記憶の混乱が激しくなり、
リネットは心配を隠せない。ポールに副業のことを知られたスーザンは、
マイクに打ち明け、ポールの脅迫をかわしたつもりでいたのだが…。

ハロウィーンって日本でもだいぶ市民権を得てきたけど、
まだまだそこまでメジャーではないですよね。
子供たちが人の家のドアを叩くとか、あんまりやってないと思うし。
そして大人までがかなりの仮装をしていて、楽しそうだ。
でもスーザンの仮装はかなり痛かった。チークのせいか?

もしかしてグレースはS6の最後で出てきた、取り違えの子なのか?
ホワニータと年頃も同じくらいだし、二人とも自分の子ってことは、
そういうことかな、たぶん。ホワニータはガブリエルの子にしては、
なんていうか…だし。グレースが娘ならもうちょっと納得かも。
でもセリアもホワニータに似てるから、その辺微妙だけど。
ま、どこかで頭4話を見ればはっきりするんだろう。
問題はいつになるかだけど。

トムのお母さんはいよいよ厳しくなってきてますね。
最初は信じたくないという思いからも、認めるのが難しい。
特にトムにとっては、実のお母さんなわけだし、
そう簡単に、「あ、そうですか」って言える問題じゃないものね。
でも、手遅れになる前にどうにかしないと、本当に本人にとって、
危険なことが起こってしまうこともありうる。
たとえつらいことでも、その前に下した決断は正しいんじゃないのかな。

ブリーはすっかりキースといい感じ。
一瞬危ない雰囲気は感じたものの、まあ大丈夫そうか?
でもなあ、このドラマの中で一番男運が悪いのはブリーだから、
ここで油断はできない。あの同居の女性はどうなのかわからないが、
そのうちまた何か起こりそうな気がしてならない。

スーザンはこれでポールと対決できるのかな?
あのポールの処女の奥さんがどうからんでくるのかも気になるところだが、
この二人の対決は、いつも運のよさでスーザンが切り抜けてきたけど、
そろそろそれにも限界があるだろうし。
そしてマイクはアラスカで漁船にでも乗るのか?
スーザンの無茶を止める人がいないと、息子が大変なことになっちゃうぞ。

関連記事
スポンサーサイト

tag : デスパレートな妻たち

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。