スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスパレートな妻たち7 第18話 許されざる者

Desperate Housewives 7
#18 Moments in the Woods


アルコール依存症から立ち直るため、12のステップに取り組むアンドリュー。
自分が傷つけたという人たちに謝る過程の中で、一番に名前があがったのが、
以前自分が車で轢いてしまったホワニータの息子であるカルロスだった。
スーザンは術後の経過も順調で、透析仲間のところによるのだが、
その数日後、彼は亡くなってしまい、ショックを受ける。
トムは昇進してから仕事が忙しくなり、リネットとの時間を全然取れなくなり…。

あなた住まわせてるんだから、居住条件ゆるそう
…確かに。でも、ポールとフェリシアだったら、
ポールのほうがよっぽどいいよね。いや、ポールも微妙だが、
フェリシアのクレイジーぶりに比べたら、まだ人間らしいし、
まだ理解できる。ウィステリア通りはますます危険地帯だな。

スーザンの透析友達だったもと大統領(24)、なくなってしまいました。
また出てきたんだと思っていたら、あっという間の退場。
でも、結構このエピソードはしんみりじっくりしててよかったです。
カジノで勝っても喜びを感じられないスーザン。
でも、生きていくってそういうことだと思うので、乗り越えるしかない。
彼のためにも、長生きしてほしいですよね。

トムは急にすごく忙しくなりましたね。
そしてそれをちゃんとエンジョイできてるみたい。勧めたほうのリネットが、
逆にどこまで持つかな。そっちのほうが心配だったりして。
カルロスは結局、ほとんど問題なかったってことなんですかね。
ま、ブリーとアンドリューのほうの話のほうがでかかったので、
そっちにかかりきりってこともあったのかもしれないけど。

アンドリューが本当に変わったと思う。
あの悪魔みたいだった子供が、少しずつ成長して、
きちんと周りのことも見れるようになって、反省できるようになった。
それはブリーじゃないけど、本当に誇らしいことだよね。
でも、それがこんなことにつながってしまうとは。

彼がしようとしてることはすばらしいと思うし、大切なんだけど、
やっぱりタイミングもあるような気がします。
もう眠らせておいたほうがいいことってあるよね。
警察や司法関係の人には怒られてしまいそうではあるけれど、
現実の世界にはそういうこともあるから。ブリーとガブリエルの仲を裂いて、
次回はどういう展開になるのかな。

関連記事
スポンサーサイト

tag : デスパレートな妻たち

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。