スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレイズ・アナトミー8 第5話 失うもの、得るもの

Grey's Anatomy 8 
#5 Love, Loss and Legacy


 

ジャクソンの母、キャサリン(デビー・アレン)がSGMHにやってくる。
彼女は陰茎癌でペニスを切除した患者、ライアン(メイソン・マカリー)の
陰茎移植手術を行うというのだ。レジデントたちはこぞって立候補するが、
テストで合格したのはメレディスとジャクソンだった。一方、アレックスの元へは、
ゾラが具合が悪いと連絡が入るのだが…。

ジャクソンのお母さん、いいキャラしてますね。
メレディスのお母さん、アディソンのお母さん、デレクのお母さんと、
結構強烈な母親をこのドラマでは何度も見ていますが、
このジャクソンのママ、キャサリンはおもしろくて結構好きだわ。
ジャクソンはなんでレクシーを逃がしたのかな。負けると思ったのか。
まあレクシーはメレディスの3年後くらいをついてきているので、
まだやりあえないかなぁ。どうなんだろう。

しかし、冒頭からなんだと思ったら、すばらしい演出でしたね。
さすがションダ、掴む掴む。エイプリルとキャサリンのやり取りも、
見ていて面白かった。エイプリルもいい子なんだけどね。
いまひとつ根性が本当に追い詰められないと据わらないので。
キャサリンはエリスとかに比べるとやさしいところがありますよね。
ていうか、人間に対して冷たくない。エイプリルはこれで、
初の彼氏ゲットとなるのか。

それはともあれ、移植手術も無事うまくいって、よかったと思います。
だけど、あれを見ていて、大きな疑問がひとつ。
一体アレは誰のモノだったのかですよね~。
普通の男性はあれを手放すとは思えないので、脳死患者のもの?
死んだ人のもの? それとも性転換手術をした人のもの?
気になりました。

ゾラのほうはかわいそうでした。
あんなに小さいのに、またこんなつらい病気になって。
メレディスとデレクが電話で彼女に子守唄を歌ってあげるシーンは、
やさしい雰囲気で素敵でした。そして、これを見ていて思ったのは、
クリスティーナも意外とお母さんになっても大丈夫なんじゃないのかなってこと。
以前だったら、子供なんて近づくのもイヤだっただろうに、
メレディスのためだからかもしれないけど、対応もばっちりだった。
それを見ていてオーウェンがつらそうでしたけど。

ベンってまだSGMHにいたんですね。なんかふっと出なくなったから。
まあ麻酔医だから、普段ERとかにいないのは仕方ないんだけど。
ミランダはついにイーライと別れることを決意。この二人の関係も、
ほかの人たちの添え物っぽかったので、よくわからなかったんですよね。
あの様子だと、ベンがまた戻ってくるのかな? それもありか。


関連記事
スポンサーサイト

tag : グレイズ・アナトミー

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。