スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はラブ・リーガル3 第4話 涙のウェディング・ベル

Drop Dead Diva 3 #4 The Wedding



グレイソンの結婚式が迫り、ジェーンは結婚指輪を受け取りに店に行くのだが、
そこでキース(ザック・ウォード)という男に強盗されてしまう。
証拠品として結婚指輪を押収されてしまったジェーンは、
成り行きでキースの弁護をすることになる。一方のグレイソンは、
パーカーの友人、コール(ハワード・ヘッセマン)の弁護をすることに。
ペットのらくだを連れて行かれ、コールは逮捕されるのだが…。

ヴァネッサとグレイソンはどうでもいいカップルとずっと言い続けてきたが、
前回の予告を見て、もう結婚式か、早いなと思っていたら…。
まさかこんな結末? さすがにアンチ・グレイソンの私でも、
今回はちょっとかわいそうでした。ヴァネッサひどすぎるだろ、いくらなんでも。
いざそのときが迫るまで、自分の本当の気持ちに気づかなかったんだろうけど、
結婚式のその場でドタキャンていうのは、最悪のやり方ですよね。

あのダンスを見て、もやもやしてたんなら、せめてその前夜にいうとか、
そうでなくても、もうちょっと先にヒントを与えるべきだったのでは。
しかし、これでさすがにヴァネッサも出てこなくなるだろうな。
まったく惜しくないのでいいですけど。あと気がかりはといえば、
これによって、せっかくビルとうまく行きはじめたジェーンが、
グレイソンに引っ張られてダメになってしまうのではないかということ。
ありそうな展開で、本当にやめてほしいけど。

キースの件は、解決できて本当によかった。
ジェーンの言葉じゃないけど、彼はあの時あそこにいたのがジェーンで、
すごく運がよかったですよね。奥さんを苦しめたくないからといって、
罪を犯して刑務所にまで入ろうとするキース。きちんと無罪になって、
かつちゃんと治療費も慰謝料も出ることになってよかったです。
このキースの中の人は悪い役のイメージが強くて、「ブレイクアウト・キング」とか、
その典型だったかなと思います。でも今回の役は「コールドケース」で演じた、
エドの役に近かったですね。よかったです。

グレイソンのほうのケースも無事解決。
らくだかー。すごいね。それにしてもおかしかったのは、
らくだのミルクをパーカーがグレイソンに飲ませたこと。
自分は飲みたくなかったのよね。色も微妙に薄くておいしくなさそうだったし。
でも、自分で飲めよ!とつっこんだ人は多かったはず。
ま、これこそがパーカーって感じかな。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。