スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はラブ・リーガル3 第9話 カジノの誘惑

Drop Dead Diva 3 #9 You Bet Your Life



大学のソロリティの寮長、クリスティン(レスリー・グロスマン)が、
ステイシーを通じてジェーンに弁護を依頼。カジノでギャンブルをして、
全財産をなくしたから、カジノを訴えたいというのがクリスティンの主張。
パーカーはキムと共同で、フォリー博士(カリ・ロチャ)がかわいがる植物、
ルイ15世を博物館に帰したくないという訴えにかかわることに。
グレイソンが落ち込んでいるから、励ましてほしいとジェーンに頼まれ、
フレッドはグレイソンを連れ出すことにするのだが…。

クリスティンとの誤解が解けて、本当によかったなと思います。
昔のことって、もちろん昔のことではあるんですけど、
やっぱり心に刺さった棘は、今でも思い出すと痛むものなので、
それが実は違う側面を持っていたとわかるのは、本当に救いだと思います。
特に私みたいに、いつまでもマイナスな事柄に心を引きずられる人にとっては、
これって大きなこと。ジェーンも意外とそういうところがあるので、
二人が真っ直ぐ向かい合ったシーンはほろりと来ました。

そのクリスティンの事件は、かなり悪質ですよね。
自分が今、こういう薬と関係しているところで働いているのもあり、
余計にひどい話だなと思います。最初はジェーンの言うとおり、
ギャンブルでカジノを訴えるなんて、無理でしょうと思ったけれど、
その裏のからくりが見えてくれば、これは本当に汚い話。
ほかにも見えなかった被害者も救われそうで、よかったなと思いました。

ルイ15世の件はですねぇ…。
このフォリー博士がGAのシドニー・ヘロン(カリ・ロチャ)なわけですよ。
だからなんか、悪い人だって言う感覚が全然なくって、びっくりしちゃいました。
正直にこの人なら、植物を愛してるとか言ってもおかしくない気がしちゃって。
…でも、まさかまさかの最後の展開。痛い結末にはなってしまいましたが、
パーカーとキムがよりを戻せたのはよかったんじゃないのかな。
この二人はホットなカップルだったと思うので、歓迎です。

グレイソンとキャシー(ケイトリン・ダブルデイ)については、
どうなんでしょうね。グレイソン、いいのか、それで。
なんか誰よりも彼が、自分がほしいものをわかってない気がします。
いや、ジェーンが彼のほしいものなのかはわからないですけど、
結構行き当たりばったりにデートしてるよね。
私がイマイチ気に入らないのは、デビーと違って、キャシーはそこまで純かな。
ジェーンは似てるって言ってたけど、でも…。
ま、これも様子見ですかね。

次回はジェーンがパーカーの事務所をクビ? どうなることでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。