スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロジェクト・ランウェイ8 第5話 波乱の団体戦

Project Runway 8 
#5 There IS an "I" in Team


このシーズン初の団体戦。それも2チームに分かれてのガチ勝負。
負けたほうのチームから脱落者は選ばれるとのことで、
どちらにチームに入るかがかなり運命の分かれ目。
かなり厳しい闘いになるので、マイケル・コステロの言うとおり、
今回審査免除はかなり大きな特典だ。

今回のテーマは、6着からなる秋コレクションのデザインをすること。
コレクションのテーマは与えられた中から選ぶこと。

今回のゲスト審査員は、デザイナーでマルケッサの共同設立者、
ジョルジーナ・チャップマン。

以下、ハイジ⇒ハ、ニーナ⇒ニ、マイケル⇒マ、ジョルジーナ⇒ジ。

☆チーム・ミリタリー&レース
テーマ:ミリタリー
素材:レース
メンバー:エイプリル、ヴァレリー、マイケル・ドラモンド、
カサノヴァ、モンド、ピーチ

モンド・グエラ 32歳
黒の深いVネックのトップスににショートパンツ。
肩につけたゴールドのひもとからし色のタイツがアクセント
モンドのデザインっていつもちょっとおもしろいですよね。
嫌味じゃない程度にセクシーで素敵だと思います。

ピーチ・カー 50歳
赤のレースのノースリーブのトップスにブルーのタイトスカート。
ゴールドのチェーンがアクセント。
それ以前にこれはミリタリーなのか?
マ:ブラウスがエッジィで天晴れだよ
マ:ピーチが現代にやってきた

エイプリル・ジョンストン 21歳
黒のエナメルちっくな肩飾りのついたノースリーブジャケットに黒のパンツ。
ハードな感じが出ていてちょっとセクシー。
でもパンツの後ろのファスナーがゴールドで悪目立ちしてる気がする。

ヴァレリー・マイエン 28歳
白のジャケットとスカートのセットスーツに青のインナー。
タイツも青でそろえている。
彼女は本当にファスナーを目立たせた服を作るのが好きだなぁ。
ヴァレリーのドレスは割りと素敵なのが多いですが、これはそんなに好きじゃないかも。
ていうか、これミリタリー?

カサノヴァ 33歳
黒のシースルーのトップスに白のパンツ。
ティムに年取って見えるって言われてたけど、私はこれ、嫌いじゃないです。
マ:君の持ってるクチュール気質が今回功を奏した

マイケル・ドラモンド 31歳
黒のシースルーレースのトップスに黒のタイトスカート。
これ、つなげて見ると、カサノヴァのトップスと似て見えちゃいますね。

チーム全体として、結構セクシーな雰囲気なものが多かったですね。


チーム・リュクス
テーマ:女性のメンズウェア
素材:キャメル
メンバー:免マイケル・コステロ、グレッチェン、アイヴィー、アンディ、
AJ、クリストファー

ルック1
白のシャツドレスに赤のタイとパンツでアクセント。
あとは紐のベルト。
乗馬ズボンふうにしたのはこれなんだと思うのですが、
赤のパンツなのに、肌色のあてはどうなんでしょうか。
あっ、あれがキャメルか!
ハ:安っぽい客室乗務員みたい
ハ:これ、おもしろい?
マ:退屈だろう
ハ:セクシー? おしゃれ? なんなの?

ルック2
ベージュのジャケットに白のプリントブラウス、キャメルのパンツ。
きれいな服だし、フィットしてたと思うけど、ジャケットを脱がないと普通の服。

ルック3
白のジャケットに赤のインナー、グレーのミニスカート。
これはベルトがキャメルなのかな。
スカートとジャケットがイマイチなぁ。
ニーナがものすごい顔してにらんでましたね。

ルック4
からし色のベスト、ルック2の生地の長袖ブラウスにグレーのショートパンツ。
赤のタイツにキャメルのブーツ。
色の組み合わせとかは好きだけど、パンツのデザインがイマイチ。
マ:おばあちゃんの着るベストだ
ニ:さらにパンツもおばあちゃんぽいし
マ:不幸だよ。不幸な時代だ…

ルック5
キャメルのジャケット、白のインナーにグレーのパンツ。
パンツのふくらはぎのファスナーが左足だけ斜めになってるのが気になる。
あとジャケットの背中の不思議なぱっくりと開いたのはなんだろう?

ルック6
キャメルのジャケットに赤の胸元が涙型に開いたワンピース。
ジャケットはまあまあなんだけどワンピースはどうかな?

ニ:正直、リュクス感からは程遠いコレクションだったわね。寒気がした
マ:3分後にはこれはゴミです
ハ:アイヴィーの作った服にはもうひたすら目を疑ったわよね
ニ:不細工だわ~。あのベストにパンツ
マ:橋から身を投げるようなもんだ。ハイ、みんなでおぼれましょう

優勝はカサノヴァ。そして脱落者はAJ。

いやー、相変わらずグレッチェンとアイヴィーはいやな女だ。
えらそうなことを言う割りに、デザインは…ねぇ。
本当にマイケル・コステロがかわいそうでした。
そして、珍しくティムがランウェイがはけたあとでみんなにアドバイス。
よほど腹に据えかねたんでしょうね。確かに見ていて、
気分のいいものではなかったです。

それにしても今回は、ハイジとニーナが相当マジギレしてましたね。
マイケルは相変わらずうまいこといってやろう感がでてましたが。
そしてゲスト、ジョルジーナはほとんどしゃべってなかったような。

さて、次回からはいつも通り。まだまだ闘いは厳しそうです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。