スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロジェクト・ランウェイ8 第7話 あなたと私のリゾートウェア

Project Runway 8 
#7 What's Mine Is Yours


本当にピーチがいなくなっちゃった。仲がよかったエイプリルは、
部屋を移ることになって、寂しいようでした。
ピーチはあったかい人だったから、その気持ちがわかります。

今回のテーマは、デザイナーとしての視点を表わすリゾートウェアを作ること。
マイケル・コースに招待されて、デザイナーたちはヨットでクルーズすることに。
今回は突然のペア作業。しかもただ二人でやるわけではなくて、
パートナーのデザインを自分が縫製する。これは血を見ますね。

今回のゲスト審査員は、女優のクリスティン・ベル。
ヴェロニカ・マーズ大好きだったので、うれしいです!
やっぱりかわいいですね~。

以下、ハイジ⇒ハ、ニーナ⇒ニ、マイケル⇒マ、クリスティン⇒ク。

エイプリル・ジョンストン 21歳
仕立てはクリストファー。
黒のシースルーを使ったミニワンピース。
なんでしょう、ベビードールのナイティみたいに見えるんですけど。
また肩のひもが脱げかけてるみたいに見える気がする。
モデルは拘束された人という裏設定があったらしい。
マ:この服にはきみらしさがあふれている
ク:自分でもこの服着てみたい
マ:パンクなベビードールだ

アンディ・サウス 23歳
仕立てはヴァレリー。
ラベンダーの生地に紫でアクセントをつけた半キモノ風デザイン?
バスローブにも見えるかも。中は水着か! 超セクシーだ。
ハ:ホットな女性たちがみんなほしがるわ
ニ:生地のチョイスが大当たりだったわね
マ:ドラマティックで実に彼らしいものを作り上げたな

マイケル・ドラモンド 31歳
仕立てはアイヴィー。
黒のアシンメトリーのロングカクテルドレス。
ずいぶんとセクシーな感じの服ですね。ウェストを紐でしばってますが、
そこだけがちょっともたついてる感じがする。
マ:結果としてすばらしい服が出来上がっている
ク:見れば見るほどとりこになっちゃいそう
ク:明確なアイデアを打ち出してたわよね

マイケル・コステロ 27歳
仕立てはモンド。
玉虫色のプリントワンピースパンツ。トップス部分は深いVホルターネック。
色もデザインもラグジュアリーで素敵。

クリストファー・コリンズ 30歳
仕立てはエイプリル。
グレーのプリント生地のワンショルダートップスにベージュのショートパンツ。
トップスは好きですが、パンツとあわせたのがもったいない感じ。
マイクロミニとか、深いスリットのスカートとあわせたり、
プリントでワンピースにしたほうが楽しかったのに。

グレッチェン・ジョーンズ 28歳
仕立てはカサノヴァ。
茶色のインにベージュを重ねたジャンプスーツか?
これは確かにリゾートですね。でももうちょっと色で遊んでもいい気はします。

ヴァレリー・マイエン 28歳
仕立てはアンディ。
ヘリンボーン?のパンツにベージュのトップス。
ヴァレリーの服だなってわかるデザインですね。

モンド・グエラ 32歳
仕立てはマイケル・コステロ。
グリーンのプリント生地のショートジャケットとそろいのサンバイザー、
それにピンクのパイピングのついたストライプのビキニ。
色がいかにもリゾートですね。
ニ:まるでジュニアの服よ
マ:ただのよくあるカラフルな服だ
ク:アイデアは悪くないと思うな。カラフルで楽しくって
ニ:あれじゃ雑誌には使えない

アイヴィー・ヒーガ 30歳
仕立てはマイケル・ドラモンド。
またまたアイヴィーはつまんない服を作ってきましたね。
グレーのトップスにヘアバンド、白のロングスカート。
ニ:本物のファッションデザイナーとしてやっていくためのアイデアを持ってるかしら
ハ:この服がイマイチなのは、彼がへたくそだからですって、彼を悪者にしてたでしょ
ハ:アイヴィーの今回の服もひどかったわね。デザインってものがひとつもなかった
マ:お針子としての腕はいい
ニ:でもデザインはできない
ハ:あなたからたくさんの言い訳と悪口を聞きました。でもあのさえない服を選んだのはほかならぬあなたよ。デザインをつまらなくしたのもあなた

×カサノヴァ 33歳
仕立てはグレッチェン。
生成りのトップスにベージュのワイドパンツ。
デザイン自体はキライではないですが、これってリゾートじゃないよね。
有閑マダムのランチに着ていく服って感じがする。
ハ:残念な服に見えるのよね~、これ
ハ:バカンスっぽさが感じられない
ニ:彼はしっちゃかめっちゃかね
マ:娼婦かおばあちゃんの二択だ

前回に引き続き、和み系キャラの退場で寂しい。
たまにうっとうしがられたりはしていたけど、カサノヴァ好きだったので、
残念です。

今回のペアワークは、今までと違って、相手のデザインを自分で作る。
アイヴィーは案の定、全部マイケル・ドラモンドのせいに。
よほどそれが腹に据えかねたのか、ハイジのきっつーい一言。
私も毎回つまんない服作ってるってコメントしてたような気がしますが、
ハイジやニーナからもお灸が。

逆にほっこりしたのがモンドとマイケル・コステロのペアリング。
マイケルの理解者が現れてよかったですよね。
お互いにお互いのいいところを引き出すことができて、認め合うことができて、
こういうのは見ていてよかったなと思います。
エイプリルとクリストファーのペアもよかったですよね。

優勝はアンディかなと思っていたら、エイプリルでした。おめでとう。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。