スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUITS/スーツ 第8話 模擬裁判

Suits #8 Play the Man



事務所でアソシエイトたちが原告、被告側に分かれての模擬裁判を行うことに。
社長の物まねをして、そのビデオがネットに流れた翌朝クビになったという設定で、
マイクは被告側の弁護人として選ばれる。原告側弁護人はカイルで、
お互いのために和解をするようマイクは求めるが、カイルにだまされて、
直前で裏切られてしまう。マイクはみんなの前で恥をかかされるも、
原告を名誉毀損で逆訴するのだが…。

トレーニングの一環のはずの模擬裁判も、こういう大手事務所においては、
人事評価の一部になるんでしょうね。弁護士って言うのはやっぱり、
みんなで仲間と協力してって言うよりは、スタンドプレイをしてでも、
事務所に利益をという商売なのだろうか。カイルの裏切りなんて見えていたのに、
そこにのせられてしまったのは、マイクのいいところでもあるけれど、
ジェシカの言うとおり、そのナイーブさは弱みでもある。

個人的には、マイクの言うように、人間性を持った人のほうが好きだし、
そういう人に(その必要ができたときには)弁護してほしいと思う。
自分の無罪を信じてほしいし、そのために闘ってほしい。
みんながみんな、同じ血も涙もない弁護士である必要はないよね。
勝つためには違うやり方だってあるはず。

いろいろあったけど、うまくレイチェルと仲直りができたようでよかったです。
ジェニーと結ばれたけれど、本当はレイチェルとのほうが似合ってる気がします。
この二人、実は結構似たもの同士のところもあるし、
性格もあうように思えるので。今回ジェニーと接したことにより、
レイチェルの中でマイクへの気持ちを再認識した部分があるんじゃないのかな。
ちょっとこの二人の今後には期待したいです。

ハーヴィーのほうのケースは危ないところで勝ちをさらった。
これはもう弁護士としての強い嗅覚ですよね。
ハーバード時代のライバル、スコッティ(アビゲイル・スペンサー)は、
どうしたかったんでしょうね。ハーヴィーに止めてもらいたかったのかな。
でも、止めるわけはないとわかっていたように思う。それでも会いたかった。
そういうことなんでしょうね。大人の恋はめんどくさいね。
最後に彼女をやさしくハグしたハーヴィーにやさしさを感じました。
お互いにそういう相手にはなれないとわかっていても、大切だったんでしょうね。
なんとも複雑です。

関連記事
スポンサーサイト
コメント

優しさ。

こんばんは。
初めてお邪魔いたします。
私もSUITSが好きで見ています。
優しい見方をされますね。

アキさんへ

こんにちは。はじめまして。
遊びに来ていただき、ありがとうございます。
SUITS、回を重ねるごとに、キャラクターの内面が見えてきて、
毎回楽しみになってきています。最初はハーヴィーはどうも、
苦手だったんですが、彼のいいところも見えてきたし、
ルイスもいないと寂しいですよね。
また一緒におしゃべりさせてくださいね!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。