スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロジェクト・ランウェイ8 第13話 ファイナルランウェイ 前編

Project Runway 8 
#13 Finale, Part 1


ついにベスト4。そして最後の3人が決まる。
それぞれにファッションウィークに向けてコレクションの制作。
これまでよりも、ぎりぎりの審査のような気がしますね。

最終審査はコレクションの2着に加えて、新しい1着を制作、
合計3着を披露すること。

例によってティムがみんなのお宅訪問をしていましたが、
彼のスーツに長靴姿を見れたのは、なかなかお宝ショットだったかも。

今回は最後なのでゲスト審査員はなし。
以下、ハイジ⇒ハ、ニーナ⇒ニ、マイケル⇒マ。

モンド・グエラ 32歳
茶色地の柄シフォンのブラウスに花柄のパンツ。ピンクのベルトでアクセント。
水色のボートネックシャツに柄物のスカート。こちらもピンクと黄色でアクセント。
黒に白い水玉のロングドレス。脇を黒にしてるから細身に見える。
これは本人も言っていたけど、どれもモンド印がついてますね。
彼の作品だってすぐわかる。普通の人が作ったらいやらしくなるだろうに、
色で遊ぶのが彼は本当にうまい。
マ:個々のアイテムに魅力がある
ニ:彼のショーマンシップはすごいわ。有り余るほどよ

グレッチェン・ジョーンズ 28歳
カーキのミニスリップドレス。
キリン柄のシャツに茶色ベースのプリント七分丈パンツ。
グリーンにからし色のアクセントをつけた皮のコート(?)に下着。
彼女の服はやっぱりちょっとヒッピーっぽいんだな。
最後のコートみたいなのは結構好きですが、ちゃんとしたスカートがほしかった。
だってあのカッコだと娼婦みたいに見えるんだもん。
ニ:シリアルのグラノーラみたいに小粒ね
ハ:自分の路線をわかってる

アンディ・サウス 23歳
シルバーのワンピースキュロットに宇宙人みたいなヘアアクセサリ。
ブロンズ(?)のブラ&ショーツに薄いスリップ?
メタリックな抹茶色のプリーツをいっぱいつけたトップスにミニスカート。
今回新規で作った服は、本当にゴージャスですね。
生地も美しいし、そしてプリーツがとてもこってる。
マ:シャープなのにロマンチックだし、色がさえてる
ハ:なんとなく彼は危なっかしい

×マイケル・コステロ 27歳
メタリックスモーキーピンクの深いスリット入りのワンショルダーロングドレス。
同じくスモーキーピンクのVラインのトップスに茶色のフェイクファー(?)スカート。
茶色のベストにメタリックコッパーのパンツ。
1着目のロングドレスが好きですね。色もきれいだし、歩いたときの
生地の流れ方とかが美しかった。
ハ:まるでドレスコードじゃなくカラーコードがあるパーティーに行く人たちみたい

ここまでがんばってきたのに落ちるのって、一番悔しいですよね。
懸けてきたものがあるから、それだけ苦しくなる。
彼は今までずっとダメだダメだといわれ続けてきていたけど、
八つ当たりもせずにがんばってきていましたよね。
自分を攻撃してくる人たちに負けず、真っ直ぐに進んできたのは、
本当に勇気がある証拠。ここまできて落ちてしまったのは残念だと思うけど、
残してきたものは本物だから、胸を張ってほしいなと思います。

正直、今回は誰が落ちるかわからなかったです。
モンドだけはぶっちぎりだったので、通るとわかっていたけれど、
あとの3人は審査員のコメントからも、微妙だったから。
それでもそれぞれが素敵なショーを次回できるといいですね。
期待しています。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。