スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレイズ・アナトミー8 第24話 傷だらけの翼

Grey's Anatomy 8 
#24 Flight


 

メレディスたちの乗った飛行機が山の中に墜落する。意識を取り戻したメレディスは、
デレクの姿が見えないことにパニックを起こす。残るシアトルグレイスでは、
医師たちはいつも通りの毎日を過ごしていた。オペに診察、病院は止まらない。
レジデントたちの卒業を祝い、リチャードはみんなを夕食に招待するのだが、
就職先のなくなったエイプリルは、まったく楽しむような気分になれない。
オーウェンはテディが陸軍衛生司令部からの仕事のオファーがあったと知り、
はじめは腹を立てるが、彼女のために祝福をする…。

人生は一瞬で変わる。
カリーの言葉が伝える真実の重み。

みんなにとって、つらい、つらい最終回になってしまいましたね。
レクシーが降板するということだけは知っていたので、
どういう形で彼女が退場するのだろうかと気をもんでいたのですが、
まさかこんなとは…。記念すべきパイロット版の映像のせいもあったかもしれないが、
ジョージが亡くなった、S5最終話「永遠の別れ」を思い出した。
あのときもすごくつらいフィナーレでしたよね。

こういうときに何が苦しいかというと、みんな医者だけに、
「わかって」しまうこと。たとえば私だったら、普通の人だから、
あそこで大丈夫だ、がんばれっていわれたら、ダメかもしれないと思いつつも、
その希望にすがって信じようとする。だけど、それが医師だったら、
本当にダメなときはダメなんだってわかってしまうからつらい。
レクシーにとってのせめてもの救いは、自分の気持ちが通じたことだろうか。
マークはもう今の彼女とも戻れないだろうし、こちらも切ない結末だ。

飛行機の墜落を知らない病院の仲間たちは、当然にいつも通りの生活。
アレックスもジャクソンもシアトルを離れることを決断し、
エイプリルは行く場所がない以上、やはりこちらもSGMWを離れることになる。
そして思わぬ形でテディも病院を出て行くことに。
(テディの欠員で、エイプリルが雇われなおされたりするんだろうか?)
物事は変わっていくものだけど、なんだか物悲しさを感じます。

ベンとミランダは、すったもんだの末に、結婚することにしたみたい。
これがこのエピソードの中で、唯一の明るい話題だ。
別居でやっていくのはすごく大変なことだろうと思うけれど、
一度別れても戻ることにした二人だから、がんばってほしいなと思います。

WOWOWさんはいつも通り、次のシーズンの放映も約束してくれましたが、
今回はいけずだったのは、来シーズンの映像というのを、
いつもはちらりと見せてくれるのだが、今回は全然見せてくれなかったこと。
基本的にネタバレは好きじゃないので、そんなに見たいわけじゃないんだけど、
レクシー以外の人たちがどうなるのかは気になるところですよね。
こんな終わり方をしたからには、次のシーズンもまたみんなPTSDで、
暗いシーズンになってしまいそうだ。GAは何シーズンかごとに、
こういう展開を繰り返すよなぁ。次は明るいシーズンになってほしいです。


関連記事
スポンサーサイト

tag : グレイズ・アナトミー

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。