スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボディ・オブ・プルーフ 第4話 消された足跡

Body of Proof
#4 All In the Family




自宅で家具職人として仕事をしているエドが視察される事件が起きる。
ミーガンが現場に駆けつけると、そこには血の足跡をぬぐった痕跡が。
ミーガンはエドの妻のジェン(モリー・プライス)がそれをぬぐったと推測し、
息子のマイク(ジェイク・オコナー)の犯行を疑う。一方件支局には、
ミーガンの元夫のトッドが。彼は自分が担当しているプロボノケースの依頼人、
マニー(カルロス・アポストル)の年齢鑑定を頼むのだが…。

ヨーカス(モリー・プライス)のご登場。
なんか彼女は有名なので、勝手に犯人かなって疑ってしまいました。
すんません。

事件については、犯人がマイクじゃなくて本当によかったです。
ミーガンじゃないけど、それってあまりにも気持ちが救われない。
マイクの話を聞いていても、あくまでも親子のいさかいの範囲でしかないし、
これで息子が逆上して、父親を手にかけたとしたら、
なんとも気が滅入る話だなと思っていたんです。しかも、ぎすぎすした今の時代、
実際にある話だし。でもそうじゃなくてよかった。

ジェンがほぼ反射的にあの血の足跡をぬぐってしまったのは、仕方ないのかな。
あれが正しかったとはまったく思わないし、それをしたというのは、
逆に息子が犯人だと疑ったということで、それはそれでつらいのだが、
親の業ってああいうものなんですかね。たとえ間違った方法ではあっても、
何とか子供を守ろうとする。でもまっすぐに体当たりできてたら、
もう少し早く犯人が捕まったのかな。

ミーガンは残念がっていたけれど、レイシーとレイシーのお友達のピックアップで、
少し母娘の距離は縮まったみたい。このくらいの年頃って、
友達にどう思われるかってかなり重要なことなので、
「友達がママをカッコいいって思ってる」っていうのは、結構ポイント高い。
でも確かに、あの車の中でのミーガンは、キャリアウーマンって感じで、
すごくカッコよかったです。ただ、相手が子供だからといっても、
あれは情報漏えいにならないのかっていうのは疑問だったけど。

トッドとケイトはなんだかちょっといい感じですか?
これ、なんか起きそうな感じがしますね。元妻の職場の上司と付き合うって言うのは、
トッドも節操ないっていうか、デリカシーないなって感じですが。
でも、もしそうだとすると、トッドはやっぱりミーガンみたいな、
ああいうタイプの女性が好きってことだよね。でも、人は変わっても、
ケイトも仕事をおざなりにはできない人だから、結末は同じなのでは…。
どうなるかわかんないけど、ここは静観でしょうか。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。