スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナース・ジャッキー4 第2話 リハビリ万歳!

Nurse Jackie 4 #2 Disneyland Sucks

ジャッキーのリハビリが始まる。施設に移ってからは動きもせず、
ただひたすら眠り続けるジャッキーだが、5日目になってやっと、
施設の患者たちと話をすることに。ジャッキーとは同じ部屋の老女、
ドリス(メアリー・ルイーズ・ウィルソン)はジャッキーの荷物をあさるが、
みんなの前ではジャッキーが彼女の荷物を盗むと主張する。
そんな中でジャッキーは17歳の少年チャーリー(ジェイク・カナヴェイル)と、
少しずつ絆を育んでいく。一方の病院では、アカライタスがナース復帰する。
オールセインツを医療センターにしようとする計画をクルスに打ち明けられ、
オハラは自分は妊婦でそんなことには反対だというのだが…。

ついにリハビリか。
リハビリはきついというけれど、あまりそこには焦点を当てていなくて、
このドラマらしく、ちょっと俯瞰したところから見せていますね。
でも、この施設に集まる患者は、みんな結構あくが強くて、
その辺はおもしろいなと思います。

今回、かなりジャッキーの今まで語られなかった過去が出てきた。
グレースが生まれたときのことや、ジャッキーの誕生日のこと。
生まれたときからグレースは神経質な子だったんだね。
苦労はしてるけど、そのぶんやっぱり思い入れが強いのかな。
ルールを破ってでも子供に会いたかったジャッキー。
禁断症状の危なさはほとんど画面に映してないけれど、
そういった精神的な部分はやはりあるのかなと思います。

このエピソード、よかったなと思うのは、ジャッキーがオハラに電話をしたシーン。
対決することも多かったアカライタスだけど、ここでジャッキー、
オハラ、アカライタスの3人の友情が見えて、思わず微笑んでしまった。
確かに全員、オールセインツの生き字引みたいな人たちだもんねぇ。
ジャッキーが「ディズニーランド」に行ったことによって、
より絆が強まったのかなと。

最後に同室のドリスを救ったことでハッピーかと聞かれ、ハッピーだと答えたジャッキー。
やっぱり人の命を救うことで、自分の心を満たしていたのかしら。
ナースにはなるべくしてなったって事なんでしょうね。
でもカウンセラーのローラ(ローラ・シルバーマン)が言うとおり、
今に限って言うならば、本当に救うべきはジャッキー自身。
どういうふうにこれから自分と向かい合っていくかが、課題となりそうですね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。