スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続ハリーズ・ロー 第17話 セックス・アンド・シンシナティ

Harry's Law 2 #17 The Contest

サムは相変わらずハリーにタバコ訴訟の和解金を返すように執拗に迫る。
ハリーは何を言われようが折れる気はなく、チャリティーパーティーのロコバーで、
サムの事務所よりもいい成績を収めたら、和解金を返さない代わりに、
もし負けた場合には支払うという賭けをしてしまう。一方オリーは、
事後避妊薬を16歳以下の少女に売ったということで訴えられた、
ジェシカ(ハリー・チャールトン)を弁護するのだが…。

ロコバーってすごいですね。
こんなはじけたコンテストがあるのか。しかも法律家たちが。
まあ弁護士を山ほど乗せた船を沈めると平和になるといわれている職業だから、
せめてチャリティーでもって、そういうことなんでしょうか。
ともあれ、半分ストリップみたいな人たちもいましたが、
なんでもありって感じで、見てる分には面白かったです。

オリーとフィービーのケース。
これ、よく勝てましたね。相手がまたまたあの父っつぁん坊やだったので、
本当に勝ててよかったとは思いましたが、オリーの言うとおり、
あいつは気持ち悪いし、癇に障るのだが、意外と腕はいいんですよね。
もしかしたらダメかなぁと思ってみていたので、意外な結末でした。

実際無罪になった理由はとすれば、イェールに合格するほどの頭のいい子の将来を、
これで壊したくなかったという陪審員全体の相違だったのだろうか。
(あるいはあの父っつぁん坊やがみんな嫌いだったってのもありうるが)
ジェシカのやったことが正しいとは思わないが、刑務所に入るほど、
悪いかって言ったら、それも違うと思うんですよね。
確かに子供らしい短絡さで動いてはいますが、そこに悪意はないですし、
密売というのはね…。

ただ、これはたまたまラッキーな結果が出ただけのこと。
これで彼女がしっかりして、こんなことにまた手を出さなければいいなと思います。

オリーとキャシーはついにカップル認定か。
あんなに嫌がっていたハリーだが、ロコバーのこともあって容認?
しかし、あそこまで激しく反発していたのに、どうやってキャシーを落としたのか。
気分がいいときにお酒が手伝ってって流れみたいでしたが、
ちょっとキャシーらしくなかったような。でもこの二人がカップル認定されると、
チュンホアがまた荒れたりしないのかなぁ。この辺も微妙だが。

しかし、このロコバーでも、ハリーのアダムの扱いはちょっとひどいかも。
確かにセクシーではないし、そういうキャラでもないので、
彼をあのコンテストに出す意味はないと思うのだが、そうだとしても、
あんなふうに事前NGっていうのは、結構ショックだったりすると思う。
いよいよフィービーのほうにいっちゃうんじゃないのかなぁ。
ハリー、大丈夫か?

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。