スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボディ・オブ・プルーフ2 第7話 ねじれた絆

Body of Proof 2
#7 Lazarus Man


 

検死局にある遺体が運ばれてくる。イーサンは救命士がいなくなったあとで、
遺体に銃で撃たれた後があるのに気づき、ミーガンのところに報告に来る。
ところが、ミーガンと遺体を見に戻ってきたところ、遺体が消えていた。
一瞬パニックするみんなだったが、ロビーにある椅子に見知らぬ男がおり、
それが死んだと思われていた遺体、アレックス(ジェームス・ジョーダン)とわかる。
アレックスのルームメイトのポールに撃たれたという証言を元にポールを探すと、
彼はゴミ収集車の中で殺されているのが見つかる。ポールの服についていた、
黒い物質を調べ、ポールの殺害現場が学校だったとわかるのだが、
現場を調べたところ、残っていた血痕にアレックスのDNAがあるとわかり…。

今回は「ザ・ホワイトハウス」のアンディことキャスリーン・ヨークがゲスト。
しかも、またこちらでも政治家の役だ。彼女が汚い政治家じゃなくて、
本当によかった。向こうのドラマでも、アンディはかなり潔癖な役だったから、
イメージが崩れなくてよかったです。

死体がなくなったってところで、あの美人の救命士(ナタリー・ケリー)が、
実は何かに関係しているのかと疑ってしまった。
この前の双子の美人といい、意外とイーサンは女性にもてるのか?
あまり本人には自覚がないようだし、全然そこ、うまくいってないようだけど。

それはともあれ。
死んでると思ってたら生きていた。こういうことって実際あるらしいが、
薬物過剰摂取と思われたら射殺だった。射殺されてたと思ったら、
実は生きてた。なんかいくらなんでもこの救命士、ふざけすぎ。
適当に仕事をしてるとしか思えない。いくら美人でもなあ。
もうちょっとちゃんと仕事しましょうよといいたいが、
今後もどうやら彼女は出てくるようだ。

今回の見所はといえば、めちゃめちゃミーガンが食いついてた、
ピートの私生活。お姉ちゃん3人で訪れてきたのは、
なかなかに壮観で面白かった。ああいう押しの強いお姉ちゃんたちに、
小さい頃からかわいがられてきたから、女性の扱いがうまいのか。
でも、気分的にちょっと厄介だなとは思いつつも、
お姉ちゃんたちをやっぱり大切に思ってて、邪険にできないのが、
ピーターのいいところですよね。彼のプライベート、
ミーガンじゃないけど、もうちょっと見てみたいなと思います。

主犯のエミリー(ジャスティナ・マチャド)については、どうなのか。
ものすごく自分のやってることを正当化してましたが、図々しいにもほどがある。
5000万ドルつぎ込んだからって、議員と自分のキャリアがかかってるって、
方や人間の命がかかっているのに。こういう人って本当に感覚が違うというか、
自分の目的のためなら、ほかの人のことなんてなんとも思わないんでしょうね。
怖いなと思います。これからじっくり刑務所で反省していただきたく。

そんな中、アレックスの存在は一服の清涼剤でした。
本人は悔いていたけれど、根はすごくいい子で、すごく好感が持てた。
ポールの分の命も背負うのは重いかもしれないけれど、
きっと真っ直ぐに進んでくれるのではと、最後はやさしい気持ちで終わってよかったです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。