スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレイクアウト・キング2 第8話 運命のゲーム

Breakout Kings 2
#8 SEALd Fate


元SEALのジョナ(ダッシュ・ミオク)が脱獄する。特殊技能を持つ彼は、
以前アラストルという会社で働いていたことがわかる。警備会社だというのだが、
実は政府からの任務を請け負う、特殊部隊を抱える会社だった。
アラストルからのイエメンでの特殊任務にかかわったことのあるジョナは、
当時の仲間が秘密裏に消されているのに気づき、会社の秘密を暴こうとしていた。
一方ロイドは、ダミアンからの新しい絵葉書が届けられたことで、
そこに書かれている暗号を読み解こうとするのだが…。

これでロイドが脱落?
あと2話しかないので、たぶん復活するんじゃないかと思っていますが、
それだけでダミアンとのことは決着がつくんだろうか。
ダミアンは見た目は普通だし、ソフトでソフィスティケートされた話し方もできるので、
ああいうふうに女性を捕まえるのは簡単なんでしょうね。
あの捕まっていた女性も、まさかこんなことになるなんて、
思わなかっただろうに…。

でも、こんなにおかしなダミアンなのに、なぜロイドを眠らせたのかが不明。
もし本当に彼を苦しませたかったのなら、目の前であの女性を殺害したほうが、
よほどショックを与えられただろうに、一体どういう意図があったんだろう。
ロイドに自分が殺されると思わせたかったのか、
視聴者にロイドが殺されると思わせたかったのか。
どっちにしても、このダミアンという役を考えると、ちょっと変な感じでした。

ジョナのほうは、国を信じて使命に身を投じたのに、なんとも気の毒な話。
いつだって兵士たちは、命令を信じて、ただ闘うだけなので、
こういうことって、私たちはわからないけど、結構あるのかもしれない。
あの様子だと、国に拷問をされて、殺されてしまいそうな感じでしたが、
この続きはわからないので、どうしようもないですね。
保険のためといっていたけど、彼らがビデオを撮っていたというのは、
なんだか納得できない話でしたが、そのせいでこんなことに。

シェイを信じてそのデータを預けたジョナでしたが、
あの最後のほう、落として踏んづけて壊したあれ、もらったデータでしたよね?
シェイが何かできたかっていったら、できることはほとんどなかったでしょうけど、
それでもなんだかジョナが無駄死にになってしまいそうで、いやな感じでした。
関係ないですが、あの女重役は何者? SEALの男相手に、
あんなふうに闘えるって、どんな設定なんだ。

エリカと隣の部屋の男の関係もこれで終わり。
でも、てことはエリカたちが何者か最初からわかった上で、
あそこに事務所を借りて、時期を狙ってたってことですよね。
なんかその辺もつじつまが合わないような。
情報をもらしたのはエリカ(チーム)だというのはばれるだろうし、
チームの解体は、ロイドのことを別にしても近いのかもしれません。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。