スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスパレートな妻たち8 第1話 崖っぷちの友情

Desperate Housewives 8
#1 Secrets That I Never Want to Know


カルロスが殺してしまったガブリエルの継父の遺体を前にして、
スーザン、ブリー、リネットはガブリエルとカルロスに協力して、
ディナーパーティーが終わったあと、死体をこっそり埋めてしまう。
それから1ヶ月以上が経ち、元の日常に戻ったかのように思えたが、
その罪悪感がひそかに心を蝕み始める。刑事であるチャックと
付き合い始めたブリーは、ブリーの友達に自分が好かれなくなったのは、
ディナーパーティーの夜からだといわれ、ぎくりとするのだが…。

今回はちゃんとシーズンプレミアから忘れずに視聴できました。
そのせいで「アメトーーク」は半年見れませんがしょうがない。

前回のフィナーレのときも思ったのですが、これ、隠す必要があったのか。
刑務所にカルロスを入れられないっていっても、
ガブリエルを襲おうとしていたところを、助けるために殴った結果、
死んでしまったわけですよね。本人の正当防衛ではないけれど、
十分に情状酌量の余地があるんじゃないでしょうか。
確かにカルロスには前科があるけれど、あれって確か脱税だったはずだし、
まったく違うタイプの犯罪なので、そのことで検察は責められないと思うんですよね。
目の前に死体があって、混乱したのはわかるけど、
果たしてこれは、正しい選択だったのか。ま、考えるとこだよね。

ブリーはついに刑事さんとお付き合いを。
刑事だから、ある程度洞察力は持っているのに、
ブリーに気持ちがいっているせいか、あの車のこととか、
よくあれで通すと思うよね。1ヶ月、2ヶ月のうちは、
気持ちが熱いからごまかし通せるけど、これが日常になって、
気持ちが落ち着いてきたときに、どこまでだませるのかが問題だ。
そして一度ばれたら、すべてが信じられなくなりますよね。
そうなったときにどうなるのか?

トムとリネットはどうするのかな。
リネットはまだ別れたくないのかなと思いきや、いざナニがあったとしても、
だからって戻りたいわけではない。
子供たちがまだ小さいから、いろいろ大変だと思うけど、
もうそこまできてしまったら、どうしようもないのかもしれない。
このふたりは問題は抱えていても、これまでずっと支えあってきたから、
どうにかもとに戻れたらと思うけど、難しそうですよね。

レネと新しいご近所さん。
毎回新しいシーズンごとに越してくる人は問題があることが多いけど、
この人はどんな人なんだろう。今の時点ではまだ見えてないけど、
まあ間違いなく何かやばいことに多少は関係してるはずなので、
どんなことかは期待したいです。

スーザンは早くも良心の呵責に耐えかねて脱落しそうですが、
マイクだってすねに傷がない身ではないので、彼がどう反応するのか。
でも、あいまいになってしまったので、それも白紙?

最終シーズンということで、ある程度すっきり終わりたいところですが、
このドラマの性格を考えるに、それは難しいのかも。
でも、あまりに悲惨なエンディングにだけはならないといいなと思います。

関連記事
スポンサーサイト

tag : デスパレートな妻たち

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。