スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスパレートな妻たち8 第2話 手探りの先

Desperate Housewives 8
#2 Making the Connection


ブリーは自分の家のポストに入れられていた脅迫文の内容が、
メアリー・アリスがかつて受け取った脅迫文書と同じだと気づき、
ショックを受け、刑務所のポールの元を訪れる。
スーザンは罪悪感に駆られ、誰かに罰してほしいと思うあまり、
わざと悪いことばかりを繰り返すことに。リネットはノーを言わないトムに、
きちんと親としての勤めを果たしてもらうために、あえて試すようなことをする。
ガブリエルは1ヶ月以上もカルロスとセックスをしていないのにいらだち、
子供たちを預けてカルロスを誘うのだが…。

ブリーのもらった脅迫文、メアリー・アリスと一緒だったのか。
いや、なにしろずいぶん昔のことだから忘れちゃって。
こんな形でしかポールが出てこないのはなんだかかわいそうだが、
でも、ちょっと出てきたのはうれしかったかも。
前シーズンのスーザンとの交流を通して、少し丸くなったのかな?
最後のシーズンだしね。彼の見せ場も少しはほしい。

予告でガブリエルのすごいシーンは見ていたが、あれは痛い。
しかし、外人はなぜポールダンスなんだ。あれってセクシーなのか?
むしろ微妙に下品に見える気がしてならないのだが、
それって日本人感覚なのか、女性としての感覚なのだろうか。
それはともかくとして、夫婦の絆の根幹の危機を感じての、
ガブリエルのアクションはなかなか恐れ入る。
そのままこれ幸いとフェードアウトして、レスになっちゃうカップルも多いのに。
ただ、あの様子だと、カルロスとスーザンが変になっちゃわないか?

リネットとトムはここまできてるのに、戻れないのかな。
まだ完全には愛情が消えたわけではないようなのに、
見ててなんだかもどかしい。まあこのGood Cop Bad Copのやり取りは、
わからないでもないけどね。いい顔をしたいトムの気持ちも、
それに納得できないリネットの気持ちも。
最終的にこの二人には落ち着いてほしいと思うけど、
それもドラマとともに成り行きを待つしかないですね。

レネと新しいお隣さんは、これから何か発展がありそうです。

関連記事
スポンサーサイト

tag : デスパレートな妻たち

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。