スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

項羽と劉邦 第3話 劉邦、嫁を取る

楚漢傳奇

劉邦は金を取っていないという盧綰にもう一度確かめるのだが、
盧綰は取っていないといったため、それ以上問い詰めるのをやめる。
ところが劉邦が去ろうとしたのを追いかけてきて、盧綰は結局、
蕭何の渡した金をくすねたことを認めるが、劉邦はみんなには絶対に
そのことを言わないようにと盧綰に言い含める。そこへ仲間が飛んできて、
曹氏が店で客と言い争いをしていると告げたため、劉邦は店に行き、
争いを止めようとする。客の名は夏侯嬰といい、役人だというのだが…。

結局盧綰はお金を取ったのか。
素直に前回の最後に信じてしまいましたが、みんなを知る劉邦は、
わかった上で対処をしていたんですね。ま、蕭何がけちるとは思えないし、
これは妥当なところだったんでしょうけど。でもみんなの前で責めず、
彼一人にだけきちんと話をするというのは、部下を掌握する上で、
大切な基礎だと思うので、そのあたりをきちんと劉邦はわかってますよね。

夏侯嬰は劉邦の大事な将軍のひとりですが、出会った経緯については、
あまり知りませんでした。たぶんこのストーリーは、
イメージで作ったものだと思いますが、劉邦の懐の深さを見せて、
夏侯嬰と信頼関係が結ばれていくのを見せるには、いいエピソードだったと思います。
しかし、秦の法律の下では、刃傷沙汰は罪なのか。今では普通ですが、
この頃としては、結構珍しいですよね。ばらして拷問して、それでもお互いに
結局はかなかったことで、より二人の絆が深まったってことでいいのかな。

呂雉との出会いのシーンは少しおもしろかった。
あの劉邦がトイレ代わりに使っていたかめは、なんだったんだろう。
飲み水とか入っていたんじゃないかと、関係ないことが気になっちゃいました。
劉邦のこの家の娘は美人かという質問に答える呂雉。
あのときから本当は、劉邦は彼女が娘だとわかっていたのかもしれないですね。

あの男から呂家を守ることにした劉邦。
確かに義に厚いのは劉邦のいいところ。でも、喧嘩も好きですよね。
それもあったんじゃないかなとちらりと思ったり。
とはいえ、これでついに結婚をすることになった劉邦。
蕭何には取り巻きとは距離を置けといわれたけれど、劉邦にとっては、
彼らも大切な家族。捨てることはできない。

ところで呂雉は仲間由紀恵に、夏侯嬰は次長課長の河本に似てました。
そう思ったのはわたしだけかな?

関連記事
スポンサーサイト
コメント

項羽が出ないので集中して見れました(汗)
蕭何と劉邦の関係がイマイチ分からないのですが、単なる知り合いということでしょうか?
曹参という人は、がっちがちの役人さんといったところでしょうか。
あの人には大目に見るという気持ちは無さそうな。

夏候嬰は私は山崎邦正さんに見えます(笑)
呂雉は、中越典子さんに似てるなぁって。
夏候嬰って重要人物なんですね。
あの俳優さんの前見た役が、もう本当に最低な人だったのでイメージが超悪いんです。
うーむ。イメージ払拭できるかなぁ。

びちさんへ

こんにちは。
そういえばこの2回、項羽が出てきてませんでしたね。てことは今後、劉邦が出てこない回もあるのかな?

蕭何は劉邦陣営をこれから支える有能な人ですね。両方とも同じ沛の役人同士なので、知り合いなんだと思います。小説にはあまり詳しいことは書いてなかったように記憶しているのですが、ドラマで見るに、蕭何のほうが劉邦より上の地位の役人のようですね。項羽と劉邦の物語の中での一番の盛り上がりどころ、鴻門の会で蕭何の真価が見られるのではないかと思います。

曹参は蕭何の部下ですよね。彼も劉邦にはついてくるのですが、蕭何ほど印象がありません。劉邦というよりは、たぶん蕭何についてきたって感じだったんじゃないかと思います。

夏侯嬰、山崎邦正さんですか。次回、そう思ってみてみます。どちらにしても芸人顔ってことですね(笑)。そして呂雉は女優顔ってことでしょうか。
夏侯嬰は劉邦陣営の大事な人なので、イメージ払拭できるといいですが、疑いながら見るのもありかと。その辺、役者さんについてくるものは仕方ないですよね。私もアメドラではよくそういうのがあります。役者さんが素晴らしい演技をしたってことでいいんじゃないでしょうか。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。