スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースルーム 第4話 噂の真相

The Newsroom #4 I'll Try to Fix You

2010年ニューイヤーズ・イヴ。ACNでは恒例のパーティーが開かれていたが、
ウィルは加わる気になれず、自分のオフィスで一人過ごしていたが、
マケンジーに頼まれ、彼女の恋人、ウェイド(ジョン・テニー)と話すことに。
パーティーに出てきたウィルは、スローンに勧められて、一人でいた女性、
ニーナ(ホープ・デイヴィス)に話しかけることにするのだが、
彼女がゴシップコラムニストで、リアリティショーに出ているある主婦を、
つぶすための記事を書いているといわれ、下劣だと説教を始めてしまう。
ニーナを怒らせたウィルは、シャンパンをひっかけられた挙句に、
ゴシップ誌の記事に載ってしまうのだが…。

ニール、どうした?
あんなにしつこくビッグフットにこだわっていたのはなぜ?
何か彼に火をつけるようなことがあったんだろうけど、それはなんなんだろう。
あそこまでこのエピソード中、ずーっと引っ張っていたってことは、
これがどこかで拾われることがあるんだろうか?
マックとウィルが今目指しているのは、真実を伝えることである以上、
もしビッグフットが真実なら、番組で扱っても問題はないと思うけど、
なんかイロモノっぽくなっちゃう気がするんですよね。どうなのかな。
それとも放置? それも十分にありうる話だけど。

ジムとマギーとドンの微妙な三角関係に進展?
マギーのルームメイトのリサ(ケレン・コールマン)が出てきたのは初めてですね。
電話相手としては前も出てきたけど、顔が出てきたのは初だ。
全然マギーとは違うタイプなので、意外な気はしましたが、
まるで違うからこそ、逆に気があったのかも?

でも、ジムもドンもリサも、全員がマギーが言葉にできない気持ちを、
ジムに対して抱き始めているのを理解しているのに、本人だけがわかってない。
たとえ言葉にして直接言われても、マギーは認めなさそうだしなぁ。
リサとジムが一旦関係を結んでしまったことによって、
なんだか余計ややこしいことになりそうですが、どうなることやら。

しかし、今まで嫌なやつ判定だったドンですが、今回はぐっと株が上がりました。
ウィルとの関係とか、ジムに対する複雑な気持ちが入り混じるせいで、
今までわざと反対体制をとっていたところはあると思うんだけど、
でもあの場でリースに言ってやった台詞には、こぶしを握り締めました。
"It's a person. A doctor pronounces her dead, not the news."
人の死を告げるのは医師で、ニュースじゃない。

当たり前のことなのに、視聴率とかが絡んでくるとそれが当たり前じゃなくなる。
その言葉を聞いて、ウィルが発奮したのはよくわかる。
(それを冷静に受け流すドンにはちょっと笑えたが)

ウィルの女性スキャンダル。
これはしょうがないんだろうなぁ。人気のニュースアンカーで有名人。
しかも、わざとひどい記事を作るために送られたとなれば、
こうならないのがおかしい。ウィルのことをよく知っている人が、
うまーくやったって感じですよね。でもこれが起きているのも、
彼らが正しい方に向かっているってことだと思う。
TWWのS2で、「誰かに銃を向けられるということは、
それはきみが正しいことをやっているということだ」という台詞があった
が、
革命を起こすということは、そういうことなのだろう。

いいチームがいる。
困難に直面しても、きっと乗り越えていける。
そう思えるというのは、幸せなことですね。

ところでフリッツ(クローザー)はやっぱりこういうちょっと変わった女性が好みなのか。
ブレンダのあとはマック。どちらも魅力はあるけれど、癖のほうが強い気がする。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。