スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローザー7 第12話 サンタが市警にやってきた

The Closer 7 #12 You Have the Right to Remain Jolly



クリスマス休暇を利用して、バズは妹のケイシー(クリスティン・ウッズ)と、
サンタの北極村に遊びに来ていた。バズのカメラを使ってイベントを映していると、
屋根からサンタが滑車を使って降りてくるというショーが始まるが、
滑車のブレーキが壊れていたため、スピードが止まらず、そのままサンタは
向かいの建物の煙突に激突し、死んでしまう。事故であると思われた事件だが、
使うはずだった滑車のブレーキが壊されていたということがわかり、
殺人事件扱いになる。もともと滑車を使うはずだったもう一人のサンタ、
ジャック(フレッド・ウィラード)に尋問をするのだが…。

ジャック、鈍すぎ。
食中毒はまだともかくとして、ミニバンの事故で気づきましょうよ!
気が付かないのは、ジャックが善良だからなのか、
あるいはただ単にジャックがバカだからなのか、非常に微妙なのだが、
彼のクリスマススピリットを立てて、善良だからということにしておく。

この姪っ子も大概、抜けているから毎回失敗するんでしょうけど、
まあ彼女はプロの犯罪者ではないので、その辺詰めが甘いんだろう。
ジャックにとっては運のいいことでしたが、それにしてもお金目当てとはいえ、
ここまでやるのか。失敗したからよかったとは思いますが、
家族でこういうのって、悲しいですよね。最後のののしりあいは、
なんだかギャグの色が強くなっちゃってたけども。

いつもはそれなりにアクの強いブレンダのチームのおじさんたちだが、
ジャックが一人入っただけで、かすむかすむ。
フリンとプロベンザのゴールデンコンビですら、ジャックの醜態の前では、
居場所なく、うろつくおじいちゃんとオッサンになってました。
ジャックのいちいちの動きがおもしろすぎて、このエピソード、
もうそれだけでご飯3杯いけます、みたいな。
最後のオチが結局北極サンタ村を売っちゃったってとこも含めて、
なかなかにおもしろい回でした。

ゴールドマンにガツンと以前脅されたブレンダ。
その続きがどのくらい出てくるのかなと思ったのだが、あっさりとしていて、
ギャヴィンのフォローアップくらいでした。お金をカバーしたのが、
ポープじゃなくて、旦那のフリッツだってことがわかったけど、
そのくらいのものだった。まあ、たぶんこれからですよね。
次回はなにやら、パパの病気がわかるようで、つらい回となりそうです。

関連記事
スポンサーサイト

tag : クローザー

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。