スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスパレートな妻たち8 第10話 出来すぎた偶然

Desperate Housewives 8
#10 What's to Discuss, Old Friend


友人たちからも遠ざかり、チャックの言葉に傷ついたブリーは、
どうしていいかわからなくなり、自殺をしようとしていた。
ところがそこにベンに手を出したと、腹を立てたレネが訪れ、
辛くも自殺をまぬかれる。チャックがひき逃げされて死んだと知り、
リネットたちはほっと一安心するも、犯人が誰なのか、
心は穏やかでいられない。偶然だと無理やり自分たちに言い聞かせるが、
それぞれに考えるところがあった…。

レネは昔のイーディのような役どころに収まってる感じかな。
それまで狂ったようにブリーに怒りまくっていたレネだけど、
ブリーが心に問題を抱えていると知ったら、ほうっておけない。
もちろんベンのことは勘違いだったとわかったのもあるだろうけど、
お母さんのことが今でも癒えない傷として残っているのね。
一体どうやったら助けることができるのか。
損得もなく、ただひたすらブリーのそばにいようとするその姿は、
彼女のいつもは表に出さないやさしさやあったかさが感じられて、
よかったなと思います。

トムとリネットは、一瞬これで元鞘に戻る可能性もあるかと思ったけど、
やっぱり難しいのかな。でも、リネットがピザのことで言ったクレームに、
彼女の本当の気持ちを聞かされ、はっとしている様子でした。
お互いにその言葉の裏に隠されている言葉がなんなのか、
いわないとわからないってことですよね。なんか難しいな。
ジェーンは本当にいい人みたいで、リネットはある種、
覚悟を決めたようですが、どういう結果を迎えるのだろうか。

カルロスは本当に歯止めが利かなくなっているようで、
今回のことで多少は持ち直せるのだろうか。
彼が話そうとしていたろうそく立ての相手って誰だったんだ?
なんかこの夫婦、どうにかお互いをカバーしているけど、
カルロスの心のショックをガブリエルが理解しきれてないせいで、
微妙に危なっかしくて、大丈夫なのかなと心配になります。

スーザンがアレハンドロの家族に会いに行くというのは、
あまりにも危なすぎて、さらなる騒動を招きそうな予感。
善良さもほどほどにしないと、ドツボにはまるのでは…。
次回はここにも何か進展がありそうです。

関連記事
スポンサーサイト

tag : デスパレートな妻たち

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。