スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

項羽と劉邦 第15話 沛公となる、第16話 鹿を指して馬と為す

楚漢傳奇

沛公となる
県令が殺されたため、沛県では誰を次の県令にするかの話し合いがもたれる。
長老たちは蕭何がなるべきというのだが、蕭何自身はそれを受け入れず、
統率力があり、人望を持っている劉邦こそがその人物だと推す。
図らずもその任につくことになった劉邦は、みんなに自分が責任者になる旨、
仲間たちに話をする。一方宮殿では、完全な権力を手に入れるため、
趙高は李斯を陥れる画策をしていた…。

鹿を指して馬と為す
趙高は大勢の家臣たちを集めて、皇帝を目の前にして、檻に入れた鹿を見せ、
ここにいるのは白馬だと告げる。趙高の言葉に同意して、
鹿を馬だといった家臣たちを残し、鹿は鹿だといった家臣を牢に入れてしまう。
一方、項梁は項羽と季布が争っているのを知り、次の戦で功を立てたものが、
もう一人を従えるようにといい含める。そんな中、項羽が友人であった、
虞子期を訪れると、何者かに襲われて虞子期の父親が殺されていた。
復讐を誓う虞姫に、項羽は自分に任せろと告げる…。

ついに劉邦が沛公に。しかし、2本ずつ一緒に見ているせいもあるが、
どうやら結構な時間が経っていた様子。登場人物たちが変わらないので、
あんまりその実感がなかったが、曹氏がつれてきた子供が、
すでにかなり大きくなっているのでわかったという。
しかしあの子供は、ちょっと劉邦に変な顔されたくらいで泣くとは、
将来大丈夫なのか。もうちょっと男の子は強く育たないとだめよ。

李斯は気の毒でした。
彼もたぶん、実は相当に腹黒いことをしてたと思うんだけど、
このドラマの中では、まあまともな人でしたよね。
もう本当にこのバカ将軍とどうしようもない宦官は…。
どうするんですかね。実は今わたしの職場でも、ちょっと似たようなケースが。
ナンバー2にあたる人間が(本当にナンバー2なわけではなく、勝手に本人がそう思い込んでるだけだけど)
好き勝手なことをしていて、一番上にいる人が、そばにいないがために全然それがわかっていなくて、
非常にみんなが迷惑してるんですけど、どうにもならなくて。
こういう人がいるだけで、本当にやる気がなくなります。
でも、こういうアホな宦官に従う人たちがいるから、余計調子に乗るんだよね。
彼らが早く破滅してくれるのを祈るばかりです。

中国にも徴兵逃れってあったんですね。まあ、どこの国にもあるか。
行ったら死ぬとわかっていたら、どうにかほかの手はないかと、
考えるのは人間の常だから。しかし、久しぶりに韓信が出てきた。
何をする間もなく、出てきたと思ったら、またしばらく退場の予感だけど。
彼が張良に出会うまでには、まだ少し時間がかかりそうでしょうか。
そういえば、その張良もずいぶんと顔を見ていないな。
そろそろ彼らが出てきてもいいと思いますね。

項羽もついに彼の力を世の中に見せるときが近づいてきている感じ。
必ずしも彼の望んだ形ではないようですが、虞姫も手に入れたし、
次の戦は項羽の名がはせるときでしょうか。
項羽と季布の功争いも、劉邦軍の雍歯と盧綰ののいさかいも、
次回の戦で見えてくるでしょうか。

李斯の最後も次回のようなので、まだしばらくダメ皇帝とバカ宦官にお付き合い。
早く話が進んでくれるといいのになぁ…。

関連記事
スポンサーサイト
コメント

お久しぶりの韓信。彼は志は高いけどとても能力があるとは思えない。いつ頭角を現すか楽しみにしています。
私も張良のその後が気になっています。
役者は揃ったけど、まだバラバラなので、どうやって集結していくのか想像するのが楽しみです。
なにせ、宮廷の画はねぇ…キツイばかりですから。
虞姫はいいなぁと項羽のプロポーズにうっとり。素敵だったなぁ~と必死に思い出して趙高と皇帝のシーンを払拭しようとしています。爆

びちさんへ

こんにちは。
韓信、本当に久しぶりに出てきた気がしますよね。いつも出てきても、そこまで出番が多くないので、まだまだ印象が薄いですが、早く彼の活躍シーンも見たいです。(ていうか、活躍できるのか、このままで?)
張良は2回くらい出てきただけで、その後まったく音沙汰がないし、まだまだふがいない劉邦軍を早く支えてあげてほしいです。

虞姫と趙高のシーンは、美男美女で麗しかったです。あの辺の傲慢で強引なあたりも、項羽の魅力なんでしょうね。これから彼がどう変わっていくかも、英雄たちの運命を分けていくことになるので、その変化も楽しみに見ていきたいと思います。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

項羽と劉邦 King's War #15,16

#15「沛公となる」  蕭何の取り計らいで、劉季は県令になる。蕭何は劉季を沛公と呼ぼうと提案する。劉季たちは挙兵すると仲間を呼んで酒盛りをする。そんな中、雍歯は城攻め
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。