スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーナチュラル7 第10話 死の扉

Supernatural 7 #10 Death's Door

←DVD  ←Blu-ray

ボビーはディック・ローマンの銃弾に倒れ、こん睡状態に陥っていた。
サムとディーンはボビーを病院に運ぶが、状態は芳しくない。
銃弾が脳に入ったままの状態で、摘出手術をするには、
脳の腫れがおさまってからでなければできないと医師がいう。
そんな中、ボビーはこん睡状態で昔の思い出の中にいた…。

ボビーの過去をのぞくことができるという意味ではありがたいエピソードだが、
この結末、どうなるのか。やっぱりボビーは死んじゃうんだろうか。
S1の頃からずっと、兄弟の叔父さんもしくは父親代わりとして、
彼らが本当につらいときを支えてくれたボビー。ジョンが死んだときも、
いなかったときも、ボビーが果たした役割というのは本当に大きくて、
彼がいなかったら、サムもディーンも今の姿にはなってなかったと思う。

ボビーの昔の結婚や、彼が子供を望まなかった理由。
そして彼が子供だった頃のつらい体験。
人が今の姿になるためには、過去体験してきたすべての経験が、
その人の血となり、肉となる。

ボビーが自分でも言ったように、彼自身の血を分けた子供はいなくても、
サムやディーンが本当の息子と同じだったのだと思う。
彼らが立ち上がれないときには杖となり、彼らが落ち込んでいるときは毛布となり、
常にふたりを温かく見守り、叱咤激励してきた。
ボビーが彼ら二人に与えた影響は、きっと誰が思うよりも大きい。

ボビーのファンとしては、どんな形であっても彼に戻ってきてほしいけど、
もし彼が幽霊となり、いつか兄弟に討たれるようなことがあったら、
それはたまらなく悲しい。そんなことには絶対になってほしくない。
ボビーに選択を迫る形で終わってしまったエピソードだが、
予告で見る限り、次のエピソードは全然別の内容?
どういう展開になるのか気になるのだが、まだシーズン引っ張るのだろうか。
あまりにつらい結末だけは、起きないでほしいと願うばかりです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。