スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキャンダル 託された秘密 第1話 スーツを着た剣闘士

Scandal #1 Sweet Baby

クイン・パーキンス(ケイティ・ロウズ)はブラインドデートを断ろうと、
約束の時間にバーを訪れる。だが、そこで待っていた男はデート相手ではなく、
クインが働きたいと思っていたコンサルティングファームで働いている、
ハリソン・ライト(コロンバス・ショート)だった。彼らはスーツを着た剣闘士で、
依頼人を救うために全力を尽くすという話を聞き、クインは二つ返事で仕事を請ける。
早速事務所を訪れたクインは、事務所のメンバーたちに紹介される。
フィンチ(ヘンリー・イアン・キューシック)、ハック(ギレルモ・ディアズ)、
アビー(ダービー・スタンチフィールド)に紹介されたあと、
代表のオリヴィア・ポープ(ケリー・ワシントン)に会う。そこに血まみれの男、
サリー(ウェス・ブラウン)が現れ、恋人殺しの容疑を晴らしてほしいという…。

グレイズ・アナトミー」や「プライベート・プラクティス」のクリエイター、
ションダ・ライムスの新しいドラマということで、期待していました。
初回はなかなかの仕上がりで、いい滑り出しかなと思います。
「GA」でおなじみ(?)のザッチャー(ジェフ・ペリー)が今回は、
大統領補佐官(たぶん)の役で登場。そしてオリヴィアが思いを断ち切れない相手、
フィッツジェラルド・グラント役は「ゴースト ニューヨークの幻」の悪役が印象深い、
トニー・ゴールドウィン、検事補役で、「ザ・ホワイトハウス」のウィルこと、
ジョシュア・マリーナと脇も豪華な顔ぶれ。

なんとなーく、リヴとグラントの仲は読めたのですが、
アビーと婚約したスティーヴンも微妙な仲ですか?
「GA」は病院内ぐちゃぐちゃのラブ多角形が展開されていたので、
こんなのはまだシンプルなほうですよね。とはいえど、
1話本編と予告の映像を見るに、リヴとグラントは全然終わってなくて、
お互いに未練たらたら。初期のメルデルのようなしょうもない恋愛が展開されるのか?

100歩譲って彼がリヴに本気だったとしても、妻は当然いて、
さらに部下にも手を出してって、どうにも好感が持てません。
まさに「GA」S2がこんな感じだったと思うのですが、
大統領夫人のメリー(ベラミー・ヤング)がどう絡んでくるかによって、
このうっとうしさの度合いが変わってくるかと思います。
そこらへんは加減してほしいところですね。

話の中身は適度に硬派で、でもがちがち過ぎなくて見やすかったです。
サリーの事件とアマンダ(リザ・ウェイル)の事件、両方扱うには、
ちょっと1時間、窮屈だった感はありますが、イントロダクションだったので、
それは仕方なかったかなと思います。とりあえずメインの登場人物たちを、
軽く紹介した上で、リヴたちの事務所がやっていることを見せる。
うまい展開でした。

しかし、刑事でもないのに、こんなのもありなんだ。
実在の人物がモデルということで、あんまり無茶な設定はないはずなので、
アメリカではこういうのも認められているんですね。
こういった裏のシーンも楽しみにしたいと思っています。

ちなみに日本語のテーマソングは、正直言っていらないと思います。
また、冷たいようですが、彼女たちの番組後のコメントも、
ドラマに対する思いいれもない、ただのおしゃべりなら必要ないです。
むしろほかのドラマみたいに、この作品のバックステージなどに、
ちょっと時間を割いてほしいなというのが希望です。
WOWOWさん、よろしくお願いします。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。