スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救命医ハンク4 第15話 結婚協奏曲 前編

Royal Pains 4 #15 Off-Season Greetings: Part 1

ペイジとエヴァンの結婚式が迫る中、ハンプトンズには冬がやってきた。
ふたりはそれぞれ、友人たちとのバチェラーパーティーへ向かうことになるが、
どちらも当初の予定とは行き先を変更し、ラスベガスへ行くことに。
エヴァンのパーティーにはハンクとケンのほか、遠い親戚に当たる
オーウェン(チャーリー・クーンツ)が集まり、カジノへと到着。
一方のペイジは、ディヴィヤがラファとのことを乗り越えられてないと知り、
アスペンへ向かうのをやめ、彼がサイン会をしているというベガスへ。
ラファの元へとディヴィヤを連れて行く…。

すみません、するーっと流されてましたけど、ボリスは死んだってこと?
遺言がとかいっていたし、あの長ったらしい苗字はボリスのもの。
あの爆発で、彼は亡くなったってこと…なんですよね。
ハンクの爆発の後遺症だけは引っ張っていましたが、それ以外については、
驚くほど放置されてるんですが。たとえばあの怪しい様子で去って行った、
ディミトリのこととか。これ、このまま放置ですか?
来週はもうシーズンフィナーレみたいなんですけど…。

まったく思いを伝えられないままのジェレマイアをよそに、
ディヴィヤはラファとよりを戻して婚約まで。
なんかこのままで終わりそうにない気がするのは、気のせいかな。
ディヴィヤには絶対に幸せになってほしいので、
本当に彼女を大切にしてくれる男性とうまくいってほしいんだけど、
果たしてその相手がラファなのか、ジェレマイアなのか、
ジェレマイアが全然ディヴィヤと絡めてないせいでわからない。
どうなるんだろう。

初めて出てきた遠いいとこのオーウェン。
彼はいい人そうですね。儲け話で相手を損させておきながら、
覚えていないエヴァンがまったくもって理解できません。
エヴァンは悪い子ではないし、別に好きでも嫌いでもないんですが、
こういうのは結構いやだなぁ。彼の病気も含めて、
最終回にはいいことがおきるといいのですが。

ハンクの過去がわかったのも意外でした。
あの鼻持ちならない婚約者と付き合うために、別の女の子をふったとは、
思ってもいませんでした。まだ一部しか出てきていないのですが、
ほかにもこの二人には、まだ歴史がありそうですね。
ハンクもこっちに来るまでは、ちょっと天狗だったりする部分もあったのかな。
なんかそれって、あんまり彼らしくないので、想像つきにくいけど。

さて。次週の最終回で、少しは前回の放置された謎を回収してほしいんですが、
結婚式であることを考えると、あんまりありえないかなぁ。
それにしても、あまりにも唐突な展開だったので、びっくりです。
このドラマはそんなに嫌なクリフハンガーするドラマではないので、
あんまり心配してはいませんが、どんな終わり方をするのかな?

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。