スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

項羽と劉邦 第25話 偽りの敗戦、第26話 襄城での虐殺

楚漢傳奇

偽りの敗戦
項羽軍の食料を奪おうとしたが、紀信は失敗して捕まってしまう。
曹参につれられて劉邦のもとへいくことになるのだが、
劉邦は民から奪ってはいないからということで、不問にすることに。
項梁に気に入られている張良は、自軍へと引っ張られそうになり、
韓の復興を手伝ってほしいと項梁に申し出て、その王族である成を、
自分は知っているため、説得のために力を尽くすということで、
項羽陣営から辞するのだが…。

襄城での虐殺
趙高は晨曦が章邯との間で連絡を取り合っている様子が気に入らない。
晨曦につけた見張りに、より厳しく監視をするようにと命じる。
劉邦たちの軍の失態を知った范増は、ますます劉邦を油断ならないと、
警戒心を強くする。劉邦たちが汚名返上のために次の襄城攻撃を、
范増は冷ややかな目で見ていた。蕭何はそれをあやしみ、
何か范増は企んでいるというのだが…。

ほくろの人(ちべん)の声と演技が趙高に微妙に似ていてイヤ(笑)。
もう趙高が出てくるだけでも結構イヤなので、
それに似てる人が出てくるのは勘弁してほしいです。
いつになったら、この人いなくなるのかなぁ。
胡亥はそんなに出てこないのに、趙高ばっかりたくさん出てくるんだけど。

燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや。
有名な故事ですが、これを言ったのは確か陳勝のはずなのですが、
ろくに出てこないでもう死んじゃったので、かわりに蕭何がいってました。
まあ、歴史が証明するまでは、無名の人間の大きな夢は、
みんなこういうものなのだと思います。でも彼の名は残り、
この言葉も残った。たとえ滅びても、ただの燕雀ではなかった。

范増が初めて、外の人で燕雀と思われていた劉邦の才を認めましたね。
さすが范増。さすがじじい。
さすがこの前、ものっそい目でにらみつけてただけある。


劉邦はただのずるい男だという項羽は、まだまだ若いですね。
「ずるい」というのは、いくさ人にとって、ほめ言葉であれこそすれ、
けして悪い資質ではありません。だって昔の一流の武将なんて、
みんなそろってずっこいじゃないですか。家康なんてどれだけずっこかったことか。
表面上は恭順を装いつつ、一瞬の機を見てしかける。
それこそいくさ人の真骨頂です。項羽、まだまだ甘いなー。

襄城の秦軍の大虐殺は、まさに項羽という感じですね。
項羽と織田信長って、こういうところがすごく似てるなと思います。
楚軍を恐れるものがいなくなるといいますが、
闘っても死、投降しても死となれば、相手方の兵士たちは、
どちらにしても死ぬのなら、投降することなんて考えもしないで、
みんな死兵となって闘ってくる。生きた兵士たちが死兵にかなうはずもないので、
たとえ勝てたとしても、夥しい味方の犠牲が出ることになるのに、
それがわからないというところが、どれだけいくさがうまくても、
項羽という人の将としての限界だったのかなと思います。

裏切り者をいたずらに許すべきというわけではないですが、
みんなを殺す必要はないですよね。
士は己を知る者の為に死すといいますが、相手を殺すだけでは、
自分のために死んでもいいと思ってくれるような志士は育たない。
そしてそこが、劉邦との一番大きな違いだったと思う。
こんな項羽を見た劉邦は、これからどのように動くのか。
彼らの違いは、少しずつその運命を分かつことになる。

関連記事
スポンサーサイト
コメント

ズルい男

なるほどですねぇ、私は未だにまだ劉邦はただのこず賢い男にしか見えません。
劉邦の今の立場では、こんな立ち回りしか出来ないのは当然なんですけどね。
真っ向でぶつかったら、あっという間に項羽に飲み込まれちゃう。
この処世術が、後々の彼らの運命を裏付けているんですねぇ。

宦官=オネエというのはちょっと問題ありですね。
去勢したからってオネエなわけじゃないので、みんあが趙高みたいじゃなくてもいいのに。
ただあぁ宦官なんだ~と分かりやすいんですけど。
陳勝、とうとう出てきませんでしたね。
あの名言は陳勝のものだけど、今回はすごく効果的に使われてましたね。

びちさんへ

こんばんは。

劉邦、ずるい男、時代に必要な要素でした(笑)。彼について言えば、何一つそろったものがないので、パーだけでじゃんけんを勝とうとしているようなものなので、ずるさ上等です。項羽ももう少し人の話に耳を傾けられればよかったんですけどね。。。

確かに宦官はオネエ言葉の方式が成り立ってますね。趙高はそれ以外にも勘弁してほしい要素満載なので、早く退場してほしいのですが、いつになることやら。陳勝、結構重要人物なのに、あっさりと片付けられてました。でも格言は偉大なり。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。