スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーナチュラル7 第18話 日本から来た呪いの酒

Supernatural 7 #18 Party on, Garth

←DVD  ←Blu-ray

キャンプで幽霊の話をしていた若者たちのカップルのうちの一人が、
突然目に見えない化け物に殺される。ハンターのガース(DJ・クオリス)は、
悪霊の正体と思われる遺体を焼却したのだが、事件が終わらなかったため、
サムとディーンにヘルプのコールを送る。二人が合流したあとで、
調査を進めていくうちに、新しい事件が起こるのだが…。

ガース、久しぶり。いや、そうでもないか。
このシーズンの前半、サムが結婚したエピソード(S7-8「驚きの結婚式」)で、
初めて登場した、これまで見てきたハンターたちとは毛色の違うハンター、
ガースが今回のポイント。頼りないところも多いんだけど、
彼は勘働きがいいのか、結構いいところ、ついてきますよね。

タイトルを見て、日本の酒とかいっているのに、殺された子供たちや、
お母さんが殺される瞬間を見てしまったテスちゃんが飲んでた酒は、
思いっきり洋酒だったので、どういうことかと思っていたら、
箱入りの日本酒にくっついてきた幽霊(?)ってことだったんですね。
でも確かに、あんなふうに能面の絵とかが箱に描いてあったら、
何か憑いてそう……。あんなお酒は飲みたくないぞ!

猩猩なんていうと、もっと獣ちっくなイメージがありますが、
この悪霊はどちらかっていうと貞子でしたよね。
日本⇒悪霊⇒リング⇒貞子みたいな連想ゲームで作ったのかわかりませんが、
まああんなのがいきなり出てきたら、そりゃ悲鳴も上げたくなるわ。
しかも何が始末悪いって、酔ってないと見えないとなると、
本当に退治が大変。今回はディーンとサムの共同作戦で、
やや偶然もあわせてうまく始末できてよかったです。

しかしそれよりもこのエピソードはボビーですよ。
やっぱりボビーだよね! もう出てこないのかと思って寂しかったから、
彼がどんな形でも、こうして戻って着てくれるのはうれしいです。
最後にディーンが戻ってきたのを見て、顔をほころばせたボビーが、
言葉を交わすこともできず、「畜生め!」と思わずもらす姿は、
なんともいえず切なくて、見ていて苦しくなりました。
サムが兄弟の父親、ジョンの秘蔵っ子だったなら、
ディーンはボビーの秘蔵っ子だったんですよね。次のエピソードでは、
ディーンとボビーが言葉を交わせるのだろうか?
死してなお、兄弟を思うボビーの気持ちを安らがせてあげたいです。

ところで、先週久しぶりに現れたキャスだが、これからシーズンフィナーレに向けて、
結構出てくるのかなと思いきや、次のエピソードの今回はスルー。
どうなるんだろうか。う~む。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。