スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーナチュラル7 第21話 神の言葉

Supernatural 7 #21 Reading is Fundamental

←DVD  ←Blu-ray

ミシガン州。少年ケヴィン(オスリク・チャウ)はチェロの練習をしていた。
大学の入試のために勉学に励む彼だったが、何か異変を感知する。
イリノイ州でディックから奪った不思議な石をハンマーで壊そうとしていた
サムとディーンが、石を砕いたのと同時に、何かがケヴィンの中に入り込む。
一方、病院に収監されていたカスティエルが嵐の中で目を覚ます。
サムとディーンはメグに誘われて、カスティエルを訪れるのだが…。

キャス、やっと復活?
前、久しぶりに出てきたと思ったら、それからまた登場がなくなり、
どうするんだろうと思っていたら、フィナーレ直前、やっと再登場。
これでやっとちゃんとエピソードに復活するのだろうか。
ボビーも死んでしまったし、キャスにはがんばってほしいところです。

このケヴィンという子は、これからどういう役割を担うのかな。
今まで、悪魔が取り憑いた場合は、悪魔にはちゃんと意識があって、
目的意識もあり、自分たちの一族のために動いていたと思うのですが、
ケヴィンはそれとはちょっと違うケースのよう。
意識はないけど、何をしなければいけないのかは、体がわかってるというか、
オートドライブみたいな感じになっていますね。どこまでわかってるんだろう。

あの普通の人は読めない石版は、どんな未来を導くのだろうか。
リヴァイアサンのアセベダが戻ってきちゃったけれど、
ケヴィンとの組み合わせは、不吉なような気がします。
キャスがなんだかぼやけちゃっているので、彼がちゃんと
自分の役割を理解するまでは、分が悪そうです。
あなた、隊長だったとは思えない落ちぶれようねとか言われてるからなー。

あと2話で今シーズンも終わりですが、どういう終わり方になるのかな。
リヴァイアサンはきっと来シーズンにも持越しですよね。
キャスもボビーも活躍できるといいのですが。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。