スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボディ・オブ・プルーフ3 第12話 漆黒のフィラデルフィア

Body of Proof 3
#12 Dark City


ミーガンがスタッフォードとディナーデートをしていたときに、
フィラデルフィア上空を飛んでいた飛行機が街中に墜落する。
事故に気づいた二人は、急いで墜落現場へ向かい、すでにそこにいた、
トミーたちから状況を確認する。生存している乗客たちに話を聞くと、
機内にいたある男性が突然うわごとのように独り言を言い始めて、
発砲をした際の銃弾が窓を打ち砕き、それが原因で墜落したのだという。
トミーは折れた尾翼を探しに別行動を取るのだが…。

なんともタイミングの悪い二人。
ミーガンとトミーは、明らかに惹かれあっているのに、
どうにもタイミングが合いませんね。トミーが認めているのに、
意地を張っているミーガンが認めなかったせいでこうなったわけだが、
こういうのって悔まれますよね。いつもは勇気を持って前に進むのが、
ミーガンの流儀だと思うのですが、ことトミーに関してだけは、
なぜここまで頑なに拒んできたのか。それほど昔のことが、
痛みとして残っているのかもしれないのだけれど…。

スタッフォードの誘いに乗るのなんて、遊びの一環だったと思うので、
こっちはどうだっていいんですが、あと1話でどうやって巻き返すんだろう。
(たぶん最終的にはうまくいくのではないかと思うんだけど)
全然関係ないが、今回のミーガンの赤いミニワンピにヒョウ柄のジャケットも、
トミーがよく似合うといっていた、巡査の着ていた変なバラのジャケットも、
両方とも非常にダサく見えた。ケイトのシルクブラウスは素敵でしたけどね。

事件の話に戻ると、CAが密輸に絡んでいるとなると、
結構大掛かりな話になってきますよね。今回助けたCAと、
そのだんなの両方を逮捕したわけですが、そのうしろに隠れている、
組織をどうにかしないことには、意味がないような気がします。

来週はシーズンフィナーレ(日本放映順では)となりますが、
やっとミーガンのお父さんの自殺の秘密がわかるのかな。
となると、今回の組織の壊滅などは絡まないでしょうし、
結構中途半端な感じがしますね。せめていい終わり方をするといいのですが、
どうなることでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。