スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレイズ・アナトミー9 第14話 変化のシンボル

Grey's Anatomy 9 
#14 The Face of Change


 

ペガサス・ホライズンの要請で、SGMWのブランドアンバサダーを選ぶため、
アレックスとジャクソンに広報担当がついて、一日の仕事を見ることに。
それにくっついているジョーとステファニーがお互いにアレックス、
ジャクソンを推薦しようと躍起になる。ERが閉鎖したため、
外傷の仕事がなくなったエイプリルは、救命士のマシューとのデートで、
現場に同行する。そこにはひき逃げにあった少年が倒れており、
ERのある病院まで運んでは、命が危ないと判断したエイプリルは、
ジャクソンに電話をかける…。

ERの閉鎖って、本当に正しい判断だったんでしょうか。
確かにERってそんなにお金にならないのかもしれないし、
難しい症例の手術を成功させて病院の名を売るのに比べて、
ブランドイメージにもならないのかもしれない。
でも、病院ってそれだけなのかな? 人の命を救うこと。
そこに貴賎はない。そういうものではないのでしょうか?

閉鎖されたERを使って、病院の方針を無視して、
勝手に患者を運び込んで、オペをしたことを正しいとは思わない。
でも、彼らがしようとしたことは、医者の本分に適ったことで、
ただひとつの命を救ったのだ。それってそんなに悪いこと?
これが眠れる医師たちを呼び覚ましてくれるといいなと思います。

イジーが消えて、メレディスが落ち着いて、エイプリルがはじけたあと、
かなり長い間、うっとうしいキャラがいなかったGAなのですが、
ここにきてジョーが急浮上。アパートで雄たけびを上げる姿も、
かなりうざかったのですが、アンバサダー騒ぎで、
きゃんきゃんやりあう二人のインターンに、久しぶりにげんなりした。
アレックスってなんでこういつもいつも、女の趣味が悪いのか。
ほんと不思議。メレディスとクリスティーナも、
もう少しましな友達の紹介でもしてあげればいいのに。
いや、二人とも女友達がいないから仕方ないのか。

久々に恋の訪れとなったエイプリル。このマシューはいい人そう。
でも、それだけに、なんだか複雑な気分。
なんだかんだいいながら、まだエイプリルもジャクソンも、
お互いのことを完璧には吹っ切ってないから、この二人がよりを戻す可能性は、
十分にあると思うんですよね。ていうか、そうなってほしい。
そうなったときに、マシューは傷つくんだろうなぁ。
メレディスにぼろぼろにされたフィンのこととか思い出してしまうな。
早くさくっとこのふたりが戻ればいいのだが、どうなることやら。

やっと病院救済に立ち上がることにしたカリーたち。
いや、今までなんでこれをしないのか不思議だったので、
いまさら感ありありですが、思いついてくれてよかったです。
実際的にどうやって進んでいくのかはまだわかりませんが、
うまくいくといいですね。それは次回からの展開、かな。

関連記事
スポンサーサイト

tag : グレイズ・アナトミー

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。