スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Major Crimes 重大犯罪課 第1話 新リーダーの新手法

Major Crimes #1 Reloaded



ブレンダが去ったあとの重犯罪課は、スーパー強盗事件を担当することに。
事件は連続強盗犯の犯行とわかっており、マークされていたのだが、
結局警官と撃ち合いになり、犯人のうちの数名が死亡したため、
重犯罪課が呼ばれることになったのだ。レイダー警部が現場に来ると、
チームは彼女に反発するのだが、彼女が新しいチーフに任命される。
もともと潜入捜査官として、犯人を追っていたサイクス(キーラン・ジョヴァンニ)も
重犯罪課に加わり、強盗事件を追うことに。一方、署に現れたのは、
ブレンダが保護することを約束した重要参考人の少年、
ラスティ(グレアム・パトリック・マーティン)。母親探しを頼まれ、
レイダー警部はそれに加えて、彼の保護をすることになるのだが…。

シーズンの放映が終わってから、いまさらレビューなんですが。
「クローザー」の最後2話をいつ見れるか、よくわからなくなったので、
気にしないでこっちをレビューしちゃうことにしました。
このドラマはほぼリアルタイムで見ていたのですが、いい作品だったと思います。
「クローザー」のメインキャストを引き継ぎ、新しい主役を迎え、
今までの作品の世界を壊さずに、でも新しい世界を構築するという、
難しい芸当を見事にやりきったと思う。スピンオフとかはよくありますが、
ここまで丸ごとキャストが引き継がれるのって、そんなにないですし、
大変だったんじゃないかなと思いますが、素晴らしい出来だったと思います。

最終話まで見て感じたことは、「クローザー」も大好きだったけど、
こちらのほうが私は好きかなと感じました。
その大きな理由は、シャロンとラスティのあり方でしょうか。
最初に「クローザー」に彼女が登場したときは、非常にいやな感じだったのですが、
シーズンが進むとともに、彼女の抱えるミッションと葛藤が見えてきて、
その奥にある彼女のやさしさと、人間としてのあたたかさがわかり、
好きなキャラクターになりました。そして、そんな彼女の魅力が、
存分に発揮されているのが、この「Major Crimes」という作品だと思います。

ブレンダがいなくなって、チームをまとめているのはわれらがプロちゃん。
今まではフリンとふたりで、どちらかというのなら、
にぎやかし担当だったと思うのですが、しっかり刑事もできるんだ!
この1話でのシャロンとチームとのがたがた道でのスタートは、
ブレンダがS1の頃に苦労していた様子を思い出す。
でも、そういう中から築いていくからこそ、信頼には価値がある。

シャロンがこれから歩んでいく道を、そして傷ついているラスティを、
一緒に見守っていきたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。