スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレイズ・アナトミー9 第18話 イタズラな時間

Grey's Anatomy 9 
#18 Idle Hands


 

GSMHのERが再開することに。そのために13秒で全身X線写真が撮れる装置、
ロドックスを導入し、医師たちは早くその装置を使いたくて仕方がない。
病院にはバイクの事故で怪我をした少女が運ばれてくるのだが、
父親のジム(トッド・スタッシュウィック)の怒りが激しく、オペ途中、
状況を報告しに行ったシェーンは、怒鳴られて縮み上がってしまう。
一方、メレディスは腹痛を訴えるマデリン(アネット・オトゥール)を担当。
胆石だと思われ、オペに入ったメレディスは、胆のうがんであると気づくが、
すでに摘出不能の状態であるとわかり…。

喜びと悲しみ。
お互いの感情を強く揺さぶる、反対の軸にある感情。
今回も切ないエピソードがありました。

女性教師のマデリンのストーリーは、本当に見ていてつらくて。
あまりにも突然現れた死への扉に、彼女の対応は素晴らしかったと思います。
もし自分だったらと、いつでもやはり考えてしまうのですが、
私は涙を流さずに、ああいった話を子供たちにできないと思うし、
冷静でいることは、すごく困難であるように思います。
でも、マデリンが落ち着いて穏やかだったせいか、子供たちも、
事実を悟ったあとも、パニックをせずに受け入れがたい事実と、
向き合おうとしていた姿が印象的でした。あの子たちはこの経験を通して、
またひとつ、大人になっていくのでしょう。

反対に明るいストーリーとしては、やはりメレディスのこと。
「攻撃的な子宮」を持つといわれていた彼女ですが、
赤ちゃんは無事すくすくと育っている様子。おなかも目立つようになりましたね。
男の子かー。もうタックはだいぶ大きくなっちゃったけど、
ミランダの子供と遊ばせたりするときも来るのかな。
あとはゾラもソフィアも女の子ですからね。早く元気に生まれてくるといいですね。

そしてアリゾナとカリーも、このシーズンが始まってからずっと、
抱えてきた問題を少しずつ解決するために歩んできている。
失った脚に対してのわだかまりは解けてきてはいるけれど、
それでもまだ、気持ちと心が完全にはならなくて、
やっとそこまでたどり着いたというところだろうか。
大きな事故だったから、ここまでこれただけでもすごいこと。
カリーのやさしさがあふれていたなと思います。

胸板王子とアレックスの攻防はどうするんでしょうね。
あまり興味がないので、まあどうでもいいや。
そして遊園地のことで気もそぞろなエイプリル。
こちらはおかしかったです。待った甲斐があったというロドックスの話を聞いて、
目が輝いたエイプリル。どうやらそのことに納得したみたいだけど、
本当にジャクソンとはよりを戻さないのかな。
この二人はいいカップリングだったと思うのですが。

いよいよシーズンも終盤。来週も大きな事故があるようなので、
これからフィナーレに向かって、少しずつ盛り上がっていくのかな。

関連記事
スポンサーサイト

tag : グレイズ・アナトミー

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。